2016年11月23日

11月20日 リーグ最終節・立命館大学戦

 リーグ最終節、立命館大学との全勝対決の大一番。今年の舞台は関西学生リーグ26年ぶりの開催となった万博記念競技場。去年の悔しい思いを胸に、雪辱を果たすべく試合に臨みました。最初のシリーズで先制することができて流れをつかみつつ、一方で相手のミスにも助けられた結果、22-6で勝利して2年ぶり55回目の関西リーグ優勝。甲子園ボウルの西日本代表校トーナメントしては何とか関西1位の権利を勝ち取ることができました。今回はディフェンスでナイスタックルやサックなどの活躍で勝利に貢献した3年生LB松本和樹にレポートしてもらいます。

====================
 昨年立命館大学に敗れた試合は、オフェンス、ディフェンス、キッキング全ての部分で相手との差がはっきり出た試合でした。その悔しさを胸に今年こそ絶対に勝つという気持ちで試合に臨みました。
 ディフェンスの今年の目標は相手のエースRBをとめる事だったので、この試合ではそれが出来たことは嬉しかったです。しかし全てがうまくいったとは限らず課題も多く残った試合でした。一発のタックルでは仕留められず走られたり、インターセプト出来るボールを捕られなかったり、2枚目メンバーが出場すると相手オフェンスを止められずタッチダウンを奪われました。
 ミスはディフェンスだけではなくオフェンス、キッキングでも多くありました。たまたまミスが大きな綻びにならなかったのですが、2週間後に同じ展開になるほど甘くはありません。これからの2週間で再度それらのミスを克服してレベルアップしていかなければ、西日本決定戦でさらに強くなっている立命館大学に負けてしまいます。2週間後の決戦に勝つために、これまでの2週間よりも更に気を引き締めてこの2週間取り組んでいきたいと思います。

LB #44 3年 松本 和樹

20161123_01.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 18:12| Comment(0) | 2016Season

2016年11月11日

11月6日 リーグ第6節・京都大学戦

 今年は第6節での対戦となった京都大学との伝統の一戦。試合開始早々、最初のシリーズで京大に先制タッチダウンを許しましたが、その後は徐々にペースを取り戻し、最終的には34-7のスコアで勝利しました。この結果、次の最終節で王者・立命館大学と全勝同士で対戦することになりました。今回は大きくロスを強いるQBサックを決めてディフェンスで貢献した2年生DL三笠大輔にレポートしてもらいます。

====================
 1970年代から最大のライバルであった京都大学、近年の対決ではファイターズが勝利しているものの、毎年危ない試合が続いています。
 チームとしてはオフェンス、ディフェンス、キッキングの全てで圧倒して勝つ、と言う思いで臨みました。個人的には、高校時代のコーチが京大が全盛期の時代の監督であった水野彌一先生であり、フットボールを1から教えてくださった恩師です。そのために京都大学との試合は複雑で特別な思いもありましたが、絶対に倒したい相手でした。
 ディフェンスは立ち上がりに京大オフェンスにズルズルと進められ、タッチダウンを取られてしまいました。京大オフェンスの流れを止めるようなプレーができませんでした。しかしそこからは冷静に切り替えることができ、ターンオーバーやQBサックなどのビッグプレーからファイターズ全体に良い流れを作ることができたように思います。
 最終節の立命館大学戦は一つの反則や一つのミスが勝敗につながります。完璧な準備と強い気持ちが必要です。立ち上がりから良い流れを掴んで、絶対に勝利します。

DL 2年 三笠 大輔

20161110_01.JPG
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 16:04| Comment(0) | 2016Season

2016年11月04日

10月30日 ドーピング対策説明会

 10月30日は部員全員を集めてドーピング対策のための説明会が行われました。今年はオリンピックイヤーであったこともあり、ドーピングの問題がメディアでよく取り上げられていました。今回の説明会を担当した学生トレーナーからのレポートです。

====================
 10月30日にドーピングに関する全体ミーティングを行いました。
 この全体ミーティングではドーピングはなぜしてはいけないのか、違反するとどうなるか、チームでのルールを確認し、選手自身にしっかりとドーピングに意識を持って取り組んでもらうことを目的としています。
 これから勝ち進んでいくことができれば、ボウルゲームではドーピング検査が実施されます。そこで禁止物質が検出されドーピング違反になってしまうと、「不注意で薬を飲んでしまった」「ルールを知らなった」という理由は一切通りません。一人のドーピングに対する、安易な考えや、軽率な行動でチームの勝敗に影響を与えるということを選手自身には十分理解してほしいと思っています。
 トレーナーからも徹底した管理を行い、「不注意で飲んでしまった」「ルールを知らなかった」というドーピング違反者が出ないよう全力で取り組んでいきます。

トレーナー 4年 足立 喬

20161104_01.jpg

20161104_02.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 12:52| Comment(0) | 2016Season

2016年11月02日

11月1日 ランチパック FIGHTERSバージョン 発売

 いつも上ヶ原通信をご覧いただきありがとうございます。
 このたび、ヤマザキ製パン様の「ランチパック」のFIGHTERSバージョンが11月1日より販売開始となりました。先日の関西大学戦の会場で購入された方もいらっしゃるかと思います。今回は関学・立命・関大の三校のアメリカンフットボールとのコラボレーション企画となっています。
 関西学院の校章である三日月をイメージしたカスタード味です。関学生協はじめ、関西の主要スーパーでも販売されるとのことですので、是非ご賞味ください。

2016lunchpack01.JPG

2016lunchpack02.JPG 2016lunchpack03.JPG
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 09:12| Comment(0) | 2016Season

2016年10月28日

10月23日 リーグ第5節・関西大学戦

 リーグも後半戦に入った10月23日の第5節。関西大学との全勝対決は多くのファンで埋め尽くされた王子スタジアムで行われました。オフェンスは各クォーターに得点をあげ、ディフェンスもタッチダウンを許さず、37-2というスコアで第一関門を突破しました。今回のレポートは4年生WR水野良祐です。

====================
 今回の試合は、負ければ終わりということが目の前に突き付けられた中で、2週間という準備期間のなかでどうすれば関西大学を倒せるのかを日々考え取り組み、試合を迎えました。
 試合結果として勝てたことは良かったのですが、オフェンスは得点チャンスで得点することができないなど、ディフェンス、キッキングも含めてすべてが立命館大学に勝つためのレベルにはまだ到底達しておらず、これからより一層努力し、突き詰めていかなければならないと感じました。
 これまで以上に1日1日部員全員がどこの誰よりも上手くなるという気持ちで取り組み、チームとしてのレベルを数段階上げて、次の試合に臨み、対戦相手を圧倒したいと思います。練習においても常に立命館大学を意識しつつ、練習から気を引き締めていきます。
 いつも応援ありがとうございます。これからもご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いします。

WR #81 4年 水野 良祐

20161027_01.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 00:32| Comment(0) | 2016Season

2016年10月22日

10月21日 関西大学戦告知活動

 今週日曜日の23日は関西大学との全勝対決を迎えます。春シーズンの関関戦では17-13と互角のスコアでした。大きな山場となるこの試合は、これまでの練習の成果が試合の勝敗を大きく左右します。是非、王子スタジアムに足を運んで、ご声援のほどよろしくお願い致します。
 毎週火曜日から金曜日の昼休みにスタッフは試合告知やビラ配りを行っています。今週はスタッフだけでなく、選手によるビラ配りが行われました。

===================
 こんにちは。
 今週の日曜日に王子スタジアムにてこれまで全勝できている関西大学との試合が行われます。全勝しているのが残り3校ということで、この試合の結果が全日本大学選手権への出場に大きく影響を及ぼします。今年から関西から2校が全日本大学選手権に出場できることもあり、ますます今週の試合は激しくなると予想されます。これまでの練習の成果を十分に発揮し、気持ちをもって試合に臨みます。
私たちはより多くの方に応援してもらうためのひとつの活動として、昼休みの時間を利用してビラを配らせていただいてます。皆さんにアメリカンフットボールの魅力を知っていただき、試合会場に足を運んでもらいたいと思っています。
 応援は選手たちの力になります。ぜひ皆さんの力強いご声援を選手たちに届けていただけたらと思っています。
今後とも応援よろしくお願い致します。

OL 1年 飛田 祐之介

20161021_01.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 13:31| Comment(0) | 2016Season

2016年10月13日

10月9日 リーグ第4節・神戸大学戦

 10月9日の第4節・神戸大学戦は優勝戦線に向かう前の最後の試合でしたが、結果は31-6と目標としていた点差には至らず、内容も不安を解消できないものでした。この現状をどのようにとらえて、ライバルたちを乗り越えるためにどこまでできるか。今年の真価が問われる次戦までの2週間です。今回は4年WRの池永からのレポートです。

====================
 神戸大学戦は、今までの3節とは違う、変わったオフェンスの姿をみせることを目標に準備してきました。私個人としても、しっかりと結果を残し、その上で自分自身がチームを勝たせるという、今までよりも強い気持ちで今回の試合に挑みました。
 しかし、結果として自分たちのしたいことがまだまだできず、精度の低いものを作ってしまったというのが事実です。オフェンス全体でつまらないミスが多すぎる。これからのゲームではそのようなミスをしてしまうと間違いなく負けにつながります。
 次からは「負ければ引退」となる試合が続きます。4年生全員がもっとチームのレベルを上げて行かなければ先はありません。私自身しっかり自分と向き合い、今の自分の課題やポジションの課題を克服していきます。2週間という短い準備期間ですが本当にすべてをかけていいものを作り上げます。
 いつも応援ありがとうございます。これからもご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いします。

WR #24 4年 池永 拓矢

20161013_01.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 08:36| Comment(1) | 2016Season

2016年09月29日

9月25日リーグ戦第3節・龍谷大学戦

 9月25日リーグ戦第3節の龍谷大学戦は31-3というスコアでの勝利でしたが、オフェンスは立ち上がりでのファンブルやパスのキャッチミスなどがあって得点を伸ばせず、特に3Qは0点に終わりました。ディフェンスも何度かドライブを許す場面があり、更に課題が浮き出た試合となりました。今回はインターセプトをあげたDB・4年の杉本紘一からのレポートです。

====================
 龍谷大学は、RBやWRなどのスキルポジションに能力の高い選手がいるというのが大きな特徴でした。ディフェンスとして「無失点・3ターンオーバー」という目標を持つとともに、能力の高い相手に対して自分の「個の力」がどれだけ通用するのかが試される試合だと思い臨みました。
 試合を振り返えると、ディフェンスのフロントメンバーがランのゲインを抑え、サックを量産するなど良いプレーが多かったのに対し、ディフェンスバックはSet位置やPlay判断といった初歩的なミスが目立ち、結果として「個の力」を発揮するに至りませんでした。
 龍谷戦で起こったミスが、関西大学戦や立命館大学戦で起きてしまうと試合の勝敗を左右しかねません。次節以降に向けて、対戦校の傾向と自らのアサイメントや責任を照らし合わせ、考えてプレーすることでミスを減らし、より思い切って動くことでビッグプレーを生み出せるように取り組んでいきたいと思います。
 最後になりましたが、これからも応援の程よろしくお願いいたします。

DB #42 4年 杉本 紘一

20160929_01.JPG
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 22:37| Comment(0) | 2016Season

2016年09月13日

9月10日 リーグ第2節・甲南大学戦

 関西学生リーグ第2節、甲南大学戦を迎えました。結果は41-0での勝利でしたが、前節の同志社大学戦のように反則が目立つなど、満足のできる内容ではありませんでした。しかし、この試合では下級生が多く試合に出場し、経験を積むことができました。今回のレポートは3年生DL大岡友貴です。

==================
 前節の同志社大学戦では、オフェンス・ディフェンス・キッキングいずれも設定した目標を達成することができず、多くの課題が残りました。甲南大学戦までの2週間はそれらの課題を解消しようと取り組んできました。
 しかし試合を振り返って見ると、オフェンスは4-Turnoverを許し、ディフェンスもゴール前まで迫られ、キッキングでも危ない場面が多くありました。前節と同様にフォルススタートやホールディングの反則もあり、満足できるような結果には至りませんでした。DLパートとしても、1枚目と2,3枚目の差が大きく、立命や社会人のOLとまだまだ戦える状況ではありません。私自身もまだまだスキルの欠点を克服できなかったです。
 今後の試合は厳しい戦いになっていきます。もっと練習でレベルアップできるよう全力で取り組んでいきます。次節やこれから続く秋リーグに向けて、ステップや腕の使い方などの細かい点にこだわり、多くの試合に出れるよう努力します。
 最後になりましたが、これまからも応援の程よろしくお願いします。

DL #65 3年 大岡 友貴

20160913_01.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 22:40| Comment(0) | 2016Season

2016年08月31日

8月28日 リーグ第1節・同志社大学戦

 いよいよ2016年度秋シーズン本番が開幕しました。開幕戦の同志社大学との試合は35-7で勝利しましたが、オフェンス、ディフェンスでそれぞれミスが目立ち、キッキングでは得点を許したりフェイクプレーを止められなかったりと、多くの課題を突き付けられる結果となりました。2タッチダウンをあげた4年生RB野々垣亮佑からのレポートです。

====================
 私たち4年生にとっては、大学最後の秋シーズンが開幕しました。開幕戦の相手は同志社大学。私自身は1対1のシチュエーションで確実に勝ち、自分の足でチームの勝利に貢献しようという気持ちで臨みました。
 試合内容を振り返ってみると、オフェンスはミスを繰り返し、勝負所で取りきることができませんでした。ディフェンスはズルズルと進まれる展開になり、キックチームにおいてはリターンタッチダウンを許してしまいました。また、私を含めRBパートとして1対1で勝てなかったという大きな課題が残りました。
 この結果を踏まえ、これからチームとしては細かいところに意識を集中し、そこに気持ちを乗せ、練習をしていく必要があると感じました。RBパートでは練習前・後の時間を使い1対1の練習をしっかりして、次節以降の試合では独走タッチダウンを常に狙っていきたいと思います。
 最後になりましたが、これからも応援のほどよろしくお願いします。

RB #33 4年 野々垣 亮佑

20160830_01.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 22:40| Comment(0) | 2016Season