2017年06月13日

6月10日 JV戦・北海道大学戦

 6月10日、今春最後の試合、北海道大学戦が第3フィールドで行われました。前回のJV戦と比べて、下級生さらに1年生が多く出場しました。今回のレポートはランで2TDを決めた1年生RB鶴留にレポートしてもらいます。

====================
 春シーズンの最後の試合である北海道大学とのJV戦は、自分のことをアピールする最後の試合だったので、思い切りプレーし絶対にタッチダウンを取るという気持ちで試合に挑みました。
 今回の試合を振り返ると勝つことができたのはよかったと思います。しかし、反則が多く試合のテンポが悪くなる場面がありました。個人としてはタッチダウンを決めることができ思い切りプレーすることができましたが、一方でミスをする場面もあり、チームに迷惑かけた部分もありました。
 これからは日頃の練習で今回の試合でのミスを克服するため1つ1つの練習で細かいことまでこだわります。また、先輩から多くのことを吸収したいです。そして秋シーズンの試合に出場できるだけの実力を身につけ、チームに貢献できる選手になりたいです。
 最後になりましたがこれからもご指導ご声援よろしくお願いいたします。

RB 1年 鶴留 輝斗(啓明学院高等学校出身)

20170613_01.JPG
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 20:44| Comment(0) | 2017Season

2017年06月08日

6月4日 パナソニック戦

 6月4日、Varsity Teamの今春最後のゲームとなる神戸ボウルが王子スタジアムで行われました。相手は2年前のライスボウルの覇者・パナソニックインパルス。前半は3-3の同点で折り返しましたが、後半は社会人の個人能力の高さを見せつけられ、最終スコアは10−24と突き放されました。今回のレポートは3年DL松田直樹です。

====================
 打倒社会人を掲げている今シーズン、冬から春にかけて私たちが取り組んできたことが、社会人相手にどれだけ通用するか、春シーズンの集大成といえる試合であり、私個人としては、少ないチャンスの中でも社会人相手に自分がこだわってきたことを全て出し切ろうという気持ちでこの試合に臨みました。結果は10–24という点差以上に、フィジカル面、スキル面共に社会人との差を感じる試合内容でした。DLを簡単に押し上げるOL、タックルされてもゴリゴリと進み続けるRB、WRのスピードとキャッチ力に私たちディフェンスメンバーは失点を重ねました。私個人も目の前の外国人OLのフィジカルに圧倒されてしまいました。 
 今回社会人と対戦して、私たちが目指している打倒社会人という目標がいかに険しいことかを改めて痛感しました。この試合で出た反省を一つ一つ潰していき、秋シーズンに臨みたいと思います。

DL #66 3年 松田 直樹

20170608_01.JPG
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 22:56| Comment(1) | 2017Season

2017年06月01日

5月28日 春季関西学生大会・関西大学戦

 5月28日(日)は春季の関西学生大会として関西大学との試合が王子スタジアムで行われました。今年で40回目となる総合関関戦(体育会全体の関西学院大学と関西大学の対抗戦)の前哨戦として絶対に負けられない相手でしたが、20−7のスコアで勝利し、母校に1勝をもたらすことが出来ました。今回のレポートは3年生K小川拓光です。

==================
 今回は関西のライバル校である関西大学との試合でした。今年の秋リーグも終盤で間違いなく厳しい戦いとなる強い相手です。私自身今回の試合ではミスなく安定したプレーをしてチームの勝利に貢献するという目標をもって臨みましたが、結果は4本あったFGのうち2本をはずしてしまい、そのうちの1本はその後の相手のシリーズでタッチダウンを奪われてしまうなど、チームに悪い流れを引き起こしてしまいました。今回の試合では改めて1プレーの重みを感じさせられました。
 今年のチーム目標は日本一。その目標を達成する上で戦う関西大学や立命館大学などの強豪校や実力で勝られている社会人チームとの試合では、1つのミスが命取りになってしまいます。ましてや他大学では他のポジションと兼任している選手が多いキッカー、パンターを私たちのチームでは専任でしています。そうである以上私たちにミスは許されません。今回の試合で感じた1プレーの重みを忘れず、日々の練習を試合さながらの緊張感をもって取り組んでいきます。
 今後ともかわらず皆様のご指導、ご声援のほどよろしくお願いいたします。

K/P #31 3年 小川 拓光

20170601_01.JPG
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 12:55| Comment(0) | 2017Season

2017年05月25日

5月20日 JV戦・京都産業大学戦

 5月20日土曜日は第3フィールドにて今春最初のJV戦が行われました。Div.2の雄・京都産業大学を相手に77-0のスコアで勝利しました。今回の試合はこれまで出場機会の少なかった下級生が多く出場し、また今春入部した1年生の選手も出場した者がいました。アピールに成功した選手もいましたが、基本的な反則が目立つ場面もあり、各々に課題が出た試合でもあったと思います。今回のレポートはTDパスをキャッチした2年WRの山下喜史です。

====================
 慶應戦、日大戦、明治戦と、出場する機会がほとんどなく、私にとって今回が初めての試合で、不安や緊張もありましたが、この春やってきたファンダメンタルの部分をしっかり出して活躍して自分をアピールする、という気持ちで京都産業大学戦に挑みました。 
 今回の試合を振り返ってみると、タッチダウンを取ったという点は良かったと思います。ただ、試合全体を通してみると、基本的なキャッチミス、ブロックミスなど、練習で出てしまっているミスがそのまま試合に出てしまい、たくさん反省点がありました。この課題をしっかり潰して自分自身大きく成長していかなければ、これからの試合に出場し活躍することは難しいと思うので、日々の練習から細かい点にこだわり日々精進していきます。 
 関大戦やパナソニック戦に少しでも出場できるように練習を重ねていきたいと思いますので、これからもご声援のほどよろしくお願いいたします。

2年 WR 山下 喜史

20170525_01.JPG
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 12:26| Comment(0) | 2017Season

2017年05月24日

5月19日 古武術の指導

 先週金曜日の5月19日、古武術の甲野善紀先生に第3フィールドにお越しいただき、練習前に古武術の指導をしていただきました。古武術におけるフットボールのブロックにつながる動きや、身体・筋力の使い方など細かく指導していただきました。

====================
 先日、古武術の達人である甲野先生が第3フィールドに来られ、身体の使い方や力の発揮を教えていただきました。
 先生によるレクチャーは圧巻のものばかりでした。例えばボクシングの長谷川穂積選手に「最も気配のないパンチ」と言わせたパンチは、止めようといくら思っていても全く防ぎようがありませんでした。さらには力自慢のライン陣が57kgの先生に押される姿は、計り知れない技術だと痛感させられました。
 先生の本当にすごいところは今もなお技術を追い求めているところです。68歳になられた先生が、「4日前に習得したばかりの技でまだ完璧ではない」と、武術を追い求めている姿が印象的でした。
 実際に動きながらのレクチャーがはじまると、部員はフットボールに応用しようと先生に積極的に聞きに行き、自分の技術にしようと必死でした。
 今回学んだ技術をフットボールの様々な場面で活かし、個人的にはタイトエンドのスターターというポジションを掴み取ります。そしてチームとしては社会人を倒して日本一という目標を達成できるよう尽力していきます。
 これからも春シーズン、秋シーズンと応援よろしくお願いします。

TE #96 3年 荒木 将太

20170524_01.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 22:45| Comment(0) | 2017Season

2017年05月17日

5月14日 硬式野球部「関関戦」応援

 5月14日、東京で明治大学との定期戦が行われている中、選抜されなかったメンバーで大学硬式野球部の関関戦に応援に行きました。今回は高校時代に野球部出身だった4年生LB岡本がレポートします。

====================
 明治大学戦の当日、関西居残り組は、朝からファンダメンタルの練習を行った後、甲子園球場で行われた硬式野球部の関関戦の応援に足を運びました。
 個人的に小学校から高校まで、野球に打ち込んできた私として、小学校時代に地元でバッテリーを組んでいた友達、中学校時代に選抜メンバーとして一緒に闘った友達、高校時代の相手選手など、知り合いが多くプレーしている姿を見るのはとても懐かしく、嬉しい気持ちになりました。競技は違えど、それぞれの場所で努力し、活躍し、自分を高めていくことへの良い刺激となりました。
 普段なかなか他の体育会のクラブの応援に行くことができていませんが、今回もらった刺激を励みにこれからも頑張り、逆に彼らに刺激を与えられるような存在に個人としてもチームとしても成長してきたいです。そして勝利の歓喜を共に分かち合えるよう、全力でシーズンを闘っていきます。
 これからも、変わらぬご声援よろしくお願い致します。

LB #60 4年 岡本 拓海

20170517_01.jpg 20170517_02.jpg

20170517_03.jpg 20170517_04.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 20:40| Comment(0) | 2017Season

2017年05月16日

5月14日 関東遠征・明治大学戦

 5月14日は関東へ遠征し、東京・アミノバイタルフィールドで明治大学との定期戦を行いました。オフェンスはなかなかリズムが作れず、ディフェンスも何度かドライブを許す場面がありました。結果的には22-7と勝利しましたが、まだまだ課題が残っています。今回の試合は多くの下級生が出場しましたが、その中から2年DBの畑中がレポートします。

===================
 今回の明治大学戦でディフェンスはタッチダウン0で6点以内、課題であるショートヤードを止めるという目標を掲げて試合に臨みました。ですが結果としてタッチダウン1本を奪われ、相手の力強いランでショートヤードを取られ何回も1st.Downを更新されました。また、個人としてはインターセプトを出来たことは良かったのですが、タックルミスや判断ミスが多々あり、改善すべき反省点がたくさん出た試合になりました。まだまだ自分は練習での取り組みが足りないという実感がありました。
 秋に立命、社会人に勝つ為には今回のような試合内容では絶対に勝てません。この試合の反省を活かし、まずは2週間後の関西大学戦に最善の準備をして臨みたいと思います。

DB #45 2年 畑中 皓貴

20170516_01.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 23:08| Comment(1) | 2017Season

2017年05月04日

4月30日 フラワーボウル・日本大学戦

 春シーズン第2戦は日本大学との50回目の定期戦。伝統の青と赤の対戦はフラワーボウルとして王子スタジアムで行われました。多くのファンにご来場いただいた中で行われた試合は、30-6で勝利を収め、定期戦での対戦成績を関学の30勝17敗3分としましたが、オフェンスは日本大学のパワーに跳ね返される場面が何度もありました。今回はタッチダウン1本に抑えたディフェンスから3年生DB坂本にレポートしてもらいます。

====================
 前回の慶應義塾大学戦、私の出場機会はありませんでした。そのため今回の日本大学との試合は、少ない時間でもインパクトのあるプレーをするという気持ちで臨みました。結果としてチームは30-6で勝利することができ、私自身も出場機会を得ましたが、4th Downでの不必要なインターセプトやタックルミスなど準備不足を感じざるを得ない結果でした。チーム全体としても、オフェンス・ディフェンス・キッキング共にミスがまだまだ見られ、練習でできないことは試合でもできないということをわからされた試合だったのではないかと思います。
 今年の目標である日本一を達成するために、自分たちの現状で立命や社会人と勝負できるのか、それを全員が見据えて最善の準備をしなければなりません。次戦の東京遠征に向けて、2週間で今回の反省を改善できるよう全力で取り組んでいきます。
 最後になりましたが、今後とも変わらぬご声援のほどよろしくお願いします。

DB #37 3年 坂本 耕太

20170504_01.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 21:03| Comment(1) | 2017Season

2017年04月26日

4月22日 追手門学院大学との合同スクリメージ

 4月22日の土曜日、第3フィールドに追手門学院大学を迎えて合同練習が行われました。各校それぞれで練習を行ったあと、ポジションごとに勝負もののメニューをし、最後は試合形式のスクリメージが行われ、ファイターズは下級生中心の選手が出場しました。今回は3年生OL山科和也にレポートしてもらいます。

====================
 冬から春にかけて取り組んできたファンダメンタルを出し切り、思いきりぶつけて、OLのこだわりであるスタート・フィニッシュを徹底的にやろうと思って挑みました。
 しかし練習で出ているミスや自分の癖がそのまま出てしまいました。OLユニットとしても2回もフォルススタートがあり、スタートに一人一人がまだまだこだわれていない事が分かりました。オフェンスでは6本タッチダウンを取りましたが、Skillポジションの個人技でとれた部分が多かったように思います。OLとして自分の役割は果たし切れていません。
 これから春シーズンの試合が続きますが、今の自分の実力、OLユニットとしての実力では最終目標である立命大学や社会人チームにはまだまだ敵いません。今の時期に日々の練習で出ている反省を潰し、個人としてもユニットとしても成長して、夏、秋へと向かっていきます。そしてOLの上級生としてユニットを引っ張っていけるような存在になることが目標です。

OL #76 3年 山科 和也

20170426_01.jpg

20170426_02.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 22:53| Comment(0) | 2017Season

2017年04月22日

4月15日 KGボウル・慶應義塾大学戦

 新チームの初戦となったKGボウル・慶應義塾大学戦が王子スタジアムで行われました。前半は慶應ペースで試合が進み、14-17と慶應リードで折り返し。後半はよいフィールドポジションから始められたオフェンスで得点をあげ、31-17での勝利でした。しかし、オフェンス・ディフェンス・キッキングそれぞれにミスが目立ち、課題が残りました。今回のレポートはランでタッチダウンをあげた3年RB山口です。

====================
 今年のFIGHTERSを示す試合。スローガンである“Change”をフィールドで体現しようと、チーム全員で勝利を掴みにいきました。去年の4年生が卒業して、チームの主力選手の多くがいなくなり、大半が試合経験の少ない選手。私自身今回の試合は自分がチームを引っ張ってやると強い気持ちで試合に臨みました。しかし、結果として31対17で勝利することができましたが、細かいミスが目立ち、まだまだ反省点が多く出てきました。
 今年、社会人を倒し日本一を目指す上でチーム力の向上は必要不可欠です。今回の試合の内容を反省し、チーム全員互いに高いレベルで求め続け日々貪欲に練習に臨みます。また、常に練習一つ一つのプレーを立命、そして社会人を見据え全力でプレーしていきます。
 最後になりましたが、これからもご指導ご声援よろしくお願いします。

RB #34 3年 山口 祐介

20170421_01.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 11:49| Comment(0) | 2017Season