2020年08月21日

練習再開について

 春合宿から上ヶ原通信を更新できておらず、ファンの皆様へ活動報告ができておりませんでした。新型コロナウィルス感染症の影響で、4月から課外活動が自粛となり、キャンパスへの登校もできない期間が続きました。6月後半から部としてガイドラインを定めて、グラウンドで少人数での活動を始めています。例年にはない「ウィルスとの闘い」をしながらの状況ではありますが、フットボールができることに感謝し、全力で取り組んでいます。今回の上ヶ原通信は練習再開についての思いを4年生がレポートします。

====================
 新型コロナウイルスの影響により4月から長く続いていた活動自粛期間が解け、6月後半から部分的にではありますが練習が再開できるようになりました。7月後半には感染が再び拡大傾向に入ったことを受けてガイドラインの見直しを行い、8月から気持ちも新たに再びチームとして前に踏み出しています。
 4月初めに緊急事態宣言が発令されたことにより、部の活動が自粛となって学校の施設も使用不可となり、かなりの行動を制限されてきました。その中で、家でできる自重トレーニングのメニューを油谷コーチから設定していただき、そのメニューを中心にトレーニングを行っていました。
 そして、ようやく感染対策に細心の注意を払いながら、パートごとの少人数で練習を再開しました。春の期間で行うことが出来なかった、スキル要素を含んだトレーニングを中心に練習を行なっています。
 秋シーズンが従来の方式から変更され、試合数も少なくなってしまいましたが、10月のシーズン開幕を万全の状態で迎えられるようパート、チーム一丸となって励んでいきたいと思います。今シーズンは試合会場で皆様にお会いできるかわかりませんが、真摯にフットボールと向き合い、全力で戦い抜きますので、ご声援のほどよろしくお願いいたします。
 新型コロナウイルスに加え、猛暑が続き、大変な時期ですが、皆様も体調にお気をつけて一緒に乗り越えていきましょう。

OL 4年 阿部 光葵

20200820_01.JPG

20200820_02.JPG

20200820_03.JPG

20200820_04.JPG
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 21:49| Comment(0) | 2020Season

2020年03月04日

2月17〜21日/25〜29日 春季合宿(3)

 千刈での合宿は2月25日から29日にかけて2次合宿を行いました。1次合宿ではトレーニングがメインでしたが、2次合宿ではそれに加えて防具をつけたパート別の練習にも取り組みました。その2次合宿のレポートを新副将の高木慶太が行います。

===================
 新チームになり2回の合宿を経てチームもまとまってきていると思います。4年生の一人一人が自分自身を変えるべくに取り組んでいます。
 合宿序盤はまとまりに欠けていましたが、4年生が中心となって目の前のトレーニングに全力に取り組んでいった結果、選手、スタッフがそれぞれ少しずつ意識が変わってきたように思います。選手は自分の限界を決めずにチャレンジし続け、スタッフは選手がもうひとつ上のレベルにチャレンジできるように求めて、選手を追い込まんでいます。
 また、この合宿からフットボールのスキルの練習にも取り組んでいます。トレーニングで得た成果をいかにフットボールに取り込んでいけるかが重要です。
 この合宿はゴールではなくあくまで通過点です。現状に満足することなく成長し続けていかなければなりません。この合宿で得たことを糧にして上ケ原でも取り組んでいきたいと思います。

副将 OL #65 新4年 高木 慶太

20200303_01.jpg

20200303_02.jpg

20200303_03.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 22:50| Comment(0) | 2020Season

2020年02月23日

2月17〜21日/25〜29日 春季合宿(2)

 春季1次合宿は、日中は学年、ポジション混ざって班ごとにトレーニングを行なっています。そして、夜はスタッフも含めた部員全員でまた別のグループを組み、ミーティングを行なっています。その中で気づいたことをレポートします。

====================
 千刈合宿も第一次が後半になり、合宿開始当初と比べるとチームにまとまりが出てき始めています。
 この合宿では自分たちの限界を決めずに挑戦し続けることを特に意識しています。昨年は下級生という立場に甘えて自分のことだけを考えていました。しかし今年は3年生になるので、周りを見ることも意識しなければいけないと感じながら取り組んでいます。その日の100%の練習は明日には80%で常に100%のレベルを上げていくことが大切だという先輩の話を聞き、現状に満足していた自分の甘さを感じました。
 普段の練習環境とは全く違う環境に身を置き、人として大きく変わるチャンスがこの合宿にはあります。ただ、乗り切るための合宿にするのではなく、一人一人が大きくステップアップして上ヶ原に帰れるようにこれからの合宿に取り組んでいきたいと思います。

DB #25 新3年 竹原 虎ノ助

20200223_01.jpg

20200223_02.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 08:30| Comment(0) | 2020Season

2020年02月21日

2月17〜21日/25〜29日 春季合宿(1)

 2020FIGHTERSの練習は定期試験を終えた1月末からスタートしました。トレーニングとファンダメンタルの練習を中心に取り組んでいます。
 そして2月17日からは春季合宿で関西学院千刈キャンプ場に来ています。今年も環境を変えて昼はフィールドやクロスカントリーでのトレーニング、夜はミーティングを行っています。今年も上ケ原通信で合宿のレポートをしていきます。

====================
 私はこの千刈合宿で「弱い自分から変わる」という目標を決めて臨みました。
 今まではここぞというときに声が出ず、先輩方の後ろについて行くばかりでした。そんな自分から脱却しようと決めて初日を迎えたものの、初日はトレーニングの辛さに負け、なかなか周りを見ることが出来ませんでした。このままではこの合宿に来た意味が無いと反省し、もっと周りに声をかけて行こうと思いました。2日目以降は、トレーニングの時間も内容も初日に比べ厳しかった中で、前日の反省を生かし周りに声をかけるようにしました。自分から声をかけると、それに相手も答えてくれ、チームも活気付きました。この合宿で改めて周りを見て声をかけることの大切さを気付かされました。
 残りの期間も、「弱い自分から変わる」という目標を達成すべく、日々全力で取り組んでいきたいと思います。

WR 新2年 林 篤志

20200221_01.jpg

20200221_02.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 16:26| Comment(0) | 2020Season

2020年02月19日

2月11日 甲子園ボウル優勝祝賀会/新チームスタート

 2月11日(火)は大阪梅田のホテル阪急インターナショナルにて甲子園ボウル優勝祝賀会が行われました。多くの来賓の方、OB会、後援会、ファンクラブの方々などにお越しいただき、改めてたくさんのご支援のもとに活動ができていることを部員一同実感する会となりました。たくさんの方からお祝いの言葉を頂きました。
 この日をもって正式に2019FIGHTERSは終わり、2020FIGHTERSの新たな出発の日ともなりました。新主将に就任したRB鶴留輝斗から新チームをスタートするにあたっての抱負です。

===================
 本年度、FIGHTERSの主将を務めることになりました鶴留輝斗と申します。
 今年の4年生は例年に比べると人数が少なく、一人一人にかかる責任が大きなものとなります。しかし、その分コミュニケーションの面では一人一人が互いに意見を言い合いやすい環境です。そのため、個人個人が目標である日本一を達成するという強い意志を持つことが大切だと考えます。目標を成し遂げるために、ただ勝つだけでなく一つ一つの試合でチームが成長する必要があります。「勝つべくして勝つチーム」に見合う行動をできているかを互いに求め合い、技術的・人間的に成長するためにも細かいところにこだわってチーム全員で取り組んでいきます。我々は、自分の役割を果たし、日本一になるため日々精進していきます。
 最後になりましたが、今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いします。

2020年度主将 RB#39 新4年 鶴留 輝斗

20200219_01.jpg

20200219_02.jpg

20200219_03.jpg

20200219_04.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 06:45| Comment(0) | 2020Season

2020年02月18日

1月30〜31日 体育会フレッシャーズキャンプ

 先月の30日から31日まで1泊2日で関西学院大学の体育会42部の1年生が一堂に会する関西学院大学体育会フレッシャーズキャンプが淡路島で行われました。他部の部員と交流したり、真剣に討議を行ったりしました。キャンプに参加した1年生山本大地からレポートします。

====================
 私は今回、フレッシャーズキャンプに参加して改めて、人としてやチームについて考えなおすことができました。
 他のクラブの人たちと討議をしていく中で、私は人としてもっと成長しないといけないと強く感じさせました。より高いレベルで練習することはもちろんですが、人としてもより高いレベルで行動していきたいと強く思いました。いつも監督やコーチ達がおっしゃっている、「勝つべくして勝つチーム」を目指すということはとても難しく、私たちはまだまだそこまでに到達していません。体育会員としての自覚を持ち、品位ある行動をすることが関西学院大学体育会のモットーである「Noble Stubborness」であり、勝つべくして勝つチームになる道なのだと思い直すことができました。
 そしてこの機会に、今フットボールができている環境や支えてくれている両親、コーチの方々、スタッフ、先輩や同期、友人達に改めて感謝をすることができました。この気持ちを忘れずに、これからも頑張りたいと思います。

DL 新2年 山本 大地

20200218_01.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 06:40| Comment(0) | 2020Season

2020年02月17日

1月25日 ファイターズファミリー壮行会

 2020年のシーズンがスタートしました。引き続きこの「上ヶ原通信」もよろしくお願いいたします。
 少し前の話題になりますが、1月25日に行われた「ファイターズファミリー壮行会」のレポートからスタートします。この壮行会では、関西学院初等部、中学部、高等部、大学、啓明学院中学校・高校のフットボール部が一堂に会して、それぞれの2019年度卒業生を送り出し、2020年度のチームの互いの健闘を誓いあいました。

====================
 いつも応援していただき、ありがとうございます。新4年の亀井です。
 先日、ファイターズファミリー壮行会が行われましたので、参加した際の思いを綴らせていただきます。
 私はオフェンスのラインナップに属していますが、そこでお世話になった村田さんが表彰されていました。昨年、村田さんは誰よりも早くフィールドに出て、誰よりもひたむきに練習に取り組んでいたことをよく覚えています。受賞理由の一つとして、ひとつのことをやり続けていたというものがありました。また、下級生へ求める事を誰よりもされていた、ということも強く印象に残っています。何かひとつのことをやり続けることは簡単に思えますが、いざ実行してみると難しいものだと思います。私自身まだ未熟です。下級生を導くことができる存在とは、何よりも先に自分がやり続ける事を欠かさないことが大切だと私は考えます。
 2020年度ファイターズが先日より始動し、私達新4年生も、目標を達成するべく、自分にはチームにとってどういう役割があり、どう貢献することができるのか日々考えながら生活しています。来年の壮行会で、胸を張ってやり切ったと言うことができるように毎日を過ごしていきます。
 今後ともファイターズの応援の程、よろしくお願い致します。

TE #98 新4年 亀井 優大

20200217_01.JPG

20200217_02.JPG
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 06:29| Comment(0) | 2020Season

2019年12月31日

12月26日 チアリーダー部ウィンターフェスタ

 12月26日に応援団総部チアリーダー部のウィンターフェスタが行われ、ファイターズの部員も尼崎のあましんアルカイックホールまで観に行ってきました。毎年部員全員で観に行っており、一部の部員がゲスト出演の形で協力もしています。

====================
 スポーツにおいて周りからの応援はアスリートにとって大きな力・励みに繋がります。私は中学生の時から試合がある度にチアリーディング部に応援に来てもらっていました。大学へ入学し、体育会という大きな組織になると、チアリーダーだけではなく、応援団総部の指導部や吹奏楽部からも大きく熱い声援を受けるようになって、とても勇気づけられました。
 私は、どんな時でも素晴らしい応援でいつも励ましてくれるチアリーダー部や応援団総部に対する今までの感謝の気持ちを込め、ウィンターフェスタに参加させて頂きました。チアリーダー部の方々と最高のステージで共演出来たことが本当に嬉しいです。本当に一年間ありがとうございました。そして、これからもよろしくお願いします。
 私たちにはライスボウルという社会人との日本一をかけた最後の戦いがあります。応援よろしくお願いします。

LB 1年 鈴木 颯(啓明学院高校出身)

20191230_11.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 13:25| Comment(0) | 2019Season

2019年12月20日

12月15日 甲子園ボウル優勝

 12月15日の第74回甲子園ボウルで早稲田大学に勝利し、2年連続30回目の学生日本一を達成することができました。皆様の心強いご声援が我々を奮い立たせてくれました。応援ありがとうございました。今回の上ヶ原通信は副将の村田健太からの報告です。

====================
 先日の12月15日の甲子園ボウルにて、早稲田大学との対戦で勝利を収めることができ、学生日本一になることができました。途中、厳しい状況もありましたが、それぞれがやってきたことを焦らずに出し切ったことで良い流れをつかめたと思います。この勝利は私達の力だけでは絶対に達成できなかったことです。今まで支えてくださった皆様に改めて感謝申し上げます。皆様のご声援、お支えの中で私達は学生日本一の座をつかむことができました。
 そして、1月3日に学生代表としてライスボウルに出場致します。私達は学生圧倒という目標を掲げて取り組んできました。それはこれからも変わらず、1月3日のライスボウルでも、学生を代表するチームにふさわしい試合をして社会人に勝つことを目指します。全国の学生チームからFIGHTERSが学生代表にふさわしいと思ってもらえるようなゲームをするために、残された時間の中で最善の準備をしていきます。そしてゲームでは学生らしい攻めたフットボールをする決意です。
 最後になりましたが、ライスボウルでも応援の程宜しくお願い致します。ぜひ、青い服を着て、東京ドームをBLUEOUTしましょう。全員でともに戦い、真の日本一になりましょう。

副将 OL #79 村田 健太

20191219_01.jpg

20191219_02.jpg

20191219_03.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 06:40| Comment(1) | 2019Season

2019年12月14日

12月15日 甲子園ボウルに向けて

 いよいよ今週末は甲子園ボウルです。たくさんの方々のご声援があったからこそ、私たちFIGHTERSは厳しい戦いの中でここまで来ることができました。学生日本一をかけた決戦に向けて意気込みを副将の阿部拓朗が語ります。

====================
 私たちFIGHTERSはリーグ戦で立命館大学に負けたものの、再戦となったWJB(西日本代表校決定戦)でなんとかリベンジを果たすことができました。そして、再び甲子園に戻り、日本一になるチャンスを得ることができました。
 2年前の甲子園ボウル、私たちFIGHTERSは日本大学に敗れました。日本一を目前にして敗れたあの悔しさ。そのような思いを二度としないよう、後輩にもさせないようにする使命と、この甲子園ボウルが私たちの目標である学生圧倒を体現できる最後のチャンスだと考えています。
 その甲子園ボウルでは、挑戦者の気持ちと攻め続ける姿勢で最後に勝利をもぎとれるよう、泥くさく戦い抜きます。そして、今年のチームスローガンでもあるように私たちの青で甲子園球場全体を染め上げ、BLUEOUTしたいと思います。
 最後に、いつもたくさんのご声援ありがとうございます。甲子園ボウルでも変わらぬご声援よろしくお願いいたします。

副将 WR #81 4年 阿部 拓朗

20191214_01.jpg

20191214_02.jpg

20191214_03.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 16:10| Comment(1) | 2019Season