2022年06月18日

6月7日 総合関関戦団結式

 関西学院大学と関西大学の両校体育会による第45回総合関関戦が6月11日〜19日の日程で行われています。新型コロナウィルス感染拡大により過去2年中止となっていましたので、3年ぶりの開催です。
 6月7日には上ケ原キャンパスの中央芝生にて総合関関戦に向けた団結式が行われました。この団結式では、42団体49パートの全体育会員を一致団結させること、さらには体育会の全クラブが集まることで他部との横の繋がりを実感し、関学全体としての士気を高めることを掲げています。また、団結式の模様を一人でも多くの学生に見ていただくことで、総合関関戦の存在を知っていただく機会にもなっていたと思います。
 体育会学生本部長の挨拶、ラクロス部女子主将による決意表明があり、応援団総部による激励は式を大いに盛り上げました。4年生は2回目となりますが、下級生にとっては初めての総合関関戦です。2019年の総合関関戦は総合成績が引き分けに終わってしまったこともあり、今年は総合優勝に貢献すべくFIGHTERSも1勝を目指して先日の前哨戦を戦いましたが、引き分けという不甲斐ない結果に終わってしまいました。今はこの悔しさをバネに、秋には勝ち切ることができるよう、日々練習に邁進しています。
 コロナの影響で思うような活動ができなかった2年間ではありましたが、各競技活動ともにおおおそ元に近い形に戻ってきています。この総合関関戦を機に、更に体育会全体でお互いに高め合う1年にしていきたいと思います。

マネージャー 4年 北澤 愛

20220618_01.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 13:03| Comment(0) | 2022Season

2022年05月26日

5月22日 上ケ原ブルーナイツ・シニアファイターズ 第3フィールドでの活動再開

 2022年5月22日、約2年ぶりに第3フィールドに上ケ原ブルーナイツの子供たちやシニアファイターズの方たちの姿が戻ってきました。新型コロナウイルス感染症の影響で活動内容が制限されていた3フィールドですが、少しずつ緩和されています。検温、アルコール消毒などの対策を徹底した上で活動を再開することができました。

====================
 上ケ原ブルーナイツ、シニアファイターズを担当しているマネージャーの横尾です。子どもたちとのフットボールを毎週の楽しみにしていた私はこの2年間練習にも参加できずもどかしい思いをしていましたので、約2年ぶりに一緒にフットボールができた嬉しさはひとしおです。練習に参加できなかった2年間で卒業してしまった部員がいたり、小さかった子が高学年チームに入っていたりコロナに奪われてしまった交流の場や時の流れを感じて寂しさも感じましたが、同時に朝一番に親御さんと一緒に元気いっぱいニコニコフィールドに来て、
「おはようございます!」
「誰と来たの?」
「お母さんとお父さんと来ました!」
という挨拶を検温とアルコール消毒をしながら交わして、足早にフィールドに降りて一生懸命上手になりたいと思ってコーチの話を聞いている子どもたちを見て、残りの1年間またブルーナイツ担当のマネージャーとして活動できることに胸が躍りました。子どもたちが笑顔で楽しくフットボールを学んで、このままずっと好きでいてくれたら嬉しいなと思いながら、人の話はちゃんと聞きなさいとコーチに怒られている低学年の子供たちを微笑ましく見ていました。
 まだまだ競技人口が高校生以上に偏っているスポーツだからこそ、ブルーナイツの存在は貴重だと考えています。小学生がフットボールに触れ合う機会が少ないのが日本の現状です。ブルーナイツの存在がフットボールの面白さを多くの人に知ってもらうきっかけになることを切に願っています。そして、今の小学生が中学、高校、大学とそれぞれの場所でフットボールを続けて、将来活躍する姿を見ることが私の夢です。大好きなブルーナイツが私のホームでもある第3フィールドに戻ってきてくれて本当に嬉しいです!
 シニアファイターズも、オリジナルのTシャツを用意してくださったり、ぜひ最初に挨拶してほしいとおっしゃってくださったり、皆さんがフットボールに触れている嬉々とした練習風景を見ることができて、こんなに多くの人が第3フィールドでの活動再開を楽しみにしてくださっていたということを実感し、改めて時代がアフターコロナの方向に動いていることを嬉しく思いました。
 コロナ禍でオンラインが主流になってしまいましたが、実際にオフラインで交流することの大切さにも気づく機会となりました。まだまだ油断は許されない状況ですので、感染対策を徹底しながら活動し、子供たちの元気な様子をこれからもずっと見守っていきたいです。

マネージャー 4年 横尾 真由

上ケ原ブルーナイツ http://kgfighters-ob.com/bk/
シニアファイターズ http://seniorfighters.sblo.jp/

2020526_01.jpg

2020526_02.jpg

2020526_03.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 07:57| Comment(1) | 2022Season

2022年04月30日

2022FIGHTERSスローガン「Drive」

 いよいよ5月3日には2022FIGHTERSの春の初戦を迎えます。4月に入って、大学もほぼ全ての授業が対面で行われるようになり、コロナ禍の中でも少しずつ活動の幅が広がってきていることを感じます。
 2022FIGHTERSのスローガンについて主将の占部から決意を込めて報告します。

====================
 2022年度FIGHTERSのスローガンは「Drive」です。
 「Drive」には「押し通す」「貫く」という意味があります。日本一という目標を達成するために決めた自分の決意、覚悟を最後まで徹底的に貫くという意味を込め、このスローガンに決定しました。また個人だけでなく、パート、チームにおいても決めたことを最後までやり通します。日本一になるために必要なことを突き詰め、Driveし続けます。
 FIGHTERSはただ日本一を目指すのではなく「勝つべくして勝つチーム」を目指しています。「勝つべくして勝つチーム」を体現するために、グランド内外問わず全員が目標に向かって「Drive」し続けます。

主将 OL #79 4年 占部 雄軌

20220430_01.jpg

20220430_02.jpg

20220430_03.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 19:26| Comment(0) | 2022Season

2022年04月20日

4月12日 春季シーズン開始に当たっての祈り

 4月12日、春季シーズンを始めるにあたりお祈りをする場をチーム全員で持ちました。副部長の打樋先生の聖書の言葉とお祈りに耳を傾け、今練習ができていることに感謝し、気持ちを新たにしました。副将の山本昌弥から報告します。

====================
 今回打樋先生が選んで読まれたルカによる福音書16章10節の言葉から学んだことは、細部に至るまでこだわれる者は、大きな物事に対してもこだわることができることです。 2022年度のファイターズは日本一を目指し活動しています。先の見えない大きな目標を達成するには、日々の練習をこだわることが必要です。チーム全体として「DRIVE」を掲げ、自分の決意・覚悟を最後まで徹底して貫くことを目指しています。自分で決めたことを、細部までこだわり続け、全員で日本一を成し遂げます。
 1年の約4分の1が過ぎ、各個人の目標設定が明確になってきました。4月からの春シーズンは、各々が立てた目標に向けていかにフットボールの専門的なスキルの向上に繋げられるかが鍵になってきます。そして、9月から始まる秋シーズンは、個人の目標達成ができるかどうかで勝敗の行方が変わってきます。
 今年日本一になるためにチーム全員が一丸となり、「DRIVE」を体現します。学年関係なく、自分の決意を貫き続けることで、小さなことから、大きなことまでこだわれる組織を目指します。
 コロナウイルスの影響は続いていますが、今年も日本一に向けて邁進していきますので、応援よろしくお願い致します。

副将 DB #24 4年 山本 昌弥

20220420_01.jpg

20220420_02.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 20:39| Comment(0) | 2022Season

2022年03月04日

2021年度を振り返って(2022年シーズン開始に当たって)

 2022年が明けて、新チームが2月から正式に動き出してから一ヶ月ほど経ちました。今はトレーニングを中心としたメニューで日々取り組んでいます。
 この上ケ原通信も新たに再開していきます。再開にあたってまず、昨年1年生ながらも多くの試合でスターティングメンバーとしてフィールドに立ったDB永井励に、昨年1年間を振り返ってもらいました。

====================
 春シーズンから試合に出場させてもらい、秋リーグ本番も継続して出場して、日本一を目標に戦い続けることができた2021年は、私にとって大きな経験となりました。
 身体の大きさ、フィジカル、スピードなど全ての面において高校時代とは全くレベルの違う選手たちと戦うために、そして試合や練習で出てくる自分の改善すべき点に、日々向き合ってきました。また、秋シーズンは一戦一戦がまさに日本一に直結する試合であることから、プレッシャーを大きく感じました。スターティングメンバーとしての責任や重圧を感じましたが、ファンの方々のスタンドからの熱い声援が力となり、思い切ってプレーをすることが出来ました。
 西日本代表決定戦、また私の夢の舞台であった甲子園ボウルでは、1プレー1プレーに興奮を覚えたと同時に、まだまだ私の日々の努力が甘いものだと痛感させられました。 それでも、チームとして甲子園ボウルに勝利し、目標としていた日本一を達成することができました。あのグラウンドからみえる「優勝」という文字は最高の景色でしたし、同時に「来年もここに立つのはFIGHTERSだ」と決意しました。
 ファンの皆様、いつも熱いご声援をありがとうございます。2022年度も関西学院大学FIGHTERSは選手一人一人が日本一を目標に、邁進します。これからも応援よろしくお願いします。

DB 新2年 永井 励

20220304_01.jpg

20220304_02.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 20:49| Comment(0) | 2022Season

2021年12月17日

12月19日 甲子園ボウルに向けて

 今週末は甲子園ボウル。東日本代表校・法政大学との決戦です。たくさんの方々の声援があったからこそ、立命館大学戦を勝ち抜くことができ、この舞台にたどり着くことができました。今年から、ライスボウルに学生代表が出場することが無くなり、甲子園ボウルが2021年度最後の戦いとなります。ここまで本当にたくさんの方からの力となるご支援を頂くことができました。学生日本一をかけた戦いに向けて主将の青木勇輝が意気込みを語ります。

====================
「I WILL」

 12月19日いよいよ甲子園ボウルです。2月のトレーニング期間から様々な制限が掛かっているなかで、今できることを徹底的にやり、例年とは違いグランド内だけではなくグランド外でも当たり前の基準を上げ続けられるチームを部員全員が目指してやってきました。
 次戦の法政大学戦は、この一年間こだわってやってきた集大成をグランドで発揮します。
 選手だけに限らず、部員全員がどれだけ自分の責任を全うして+αを狙えるのか。あともう一歩前へ、0.1秒でも速く、中に伝える声を少しでも大きく、些細なことでも+αを狙い続けられるアグレッシブなプレー、行動を19日の甲子園ボウルでチーム全員が体現し、勝つべくして勝つチームになります。
 最後に、今年は「I WILL」をスローガンにやってきました。フィールド、サイドラインに立っている一人一人が絶対おれがやる、俺が止める、俺が通すという攻めの姿勢を最後の最後までやりきって、甲子園ボウルで必ず優勝します。
 応援よろしくお願いいたします。

主将 DL #95 青木 勇輝

20211216_01.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 06:20| Comment(1) | 2021Season

2021年11月30日

12月5日 西日本代表校決定戦に向けて

 10月3日の初戦から4試合を経て、いよいよ今週末、西日本代表校決定戦・ウェスタンジャパンボウルに臨みます。2021年ファイターズの大一番。決戦を前に副将前田公昭が意気込みを語ります。

====================
 来たる12月5日、西日本代表決定戦にて再び立命館大学と相まみえます。
 私たちはリーグ戦をなんとか1位通過することができましたが、まだまだ自分たちの自力も完成度も目標である日本一にふさわしいとは到底言えないレベルにあります。
 だからこそ、1位通過できたことにより得たこの3週間という期間を、自分たちはまだまだ弱いということを自覚した上で、一人ひとりが挑戦者という気持ちを持って練習に取り組んでいます。 挑戦者であるという姿勢こそが、日頃の練習からファンダメンタルをしっかり固めた上でのAggressiveなプレーを生み、更に私たちを成長させます。さらにこれを繰り返し行うことで、 試合での大事な場面において全員に「自分がこのプレーを止める・通す」という強い気持ちが生まれ、今年のスローガンである「I WILL」を体現することができるようになると信じています。
 私たちは全員が日本一になるため取り組んできました。その目標をつかみ取るため、強い気持ちを持って全員が今週末の試合に臨めるよう、試合が始まる直前まで出来る準備をやり切り、自分たちの全てをぶつけます。応援よろしくお願いいたします。

副将 RB #26 4年 前田 公昭

20211130_01.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 20:26| Comment(3) | 2021Season

2021年11月29日

11月27日 体育会覇業交歓

 11月27日に関西学院大学体育会覇業交歓という式典が行われました。覇業交歓は昨年の11月から今年の10月までの各部、各選手の覇業を表彰し、互いの健闘を称えて、次年度に向けて思いを新たにするものです。

====================
 先日行われた体育会覇業交歓は、コロナウイルスの影響で2年ぶりの開催となりました。例年は体育会所属団体の全部員が参加して開催されていましたが、今年は受賞者のみが参加する形となりました。
 今年も多くの団体や選手が表彰を受け、その中でアメリカンフットボール部は昨年の甲子園ボウル優勝などが評価され、表彰されました。更に、最も栄誉のある賞である那須杯を受賞しました。那須杯とは戦前の運動部顧問である那須生平教授の多年の御功労を称えて設けられたもので、その年度に全国制覇を成し遂げた部の中から選考を経て、最高のチームに授与される賞です。
 コロナウイルスの影響を受け、例年通りに活動をすることができない状況ですが、たくさんの方々に支えられ活動することができていることに感謝をし、結果を出すことで期待に応えることができるよう更に精進していこうと改めて感じました。また、このような困難な状況を体育会の他のクラブとも協力して乗り切っていきたいと思います。
 いよいよ今週末は甲子園ボウル出場をかけたWESTERN JAPAN BOWLです。来る決戦までにできることを全てやり切り、あらゆることを想定して万全の状態で臨みたいと思います。スタンドから熱き応援よろしくお願い致します。

主務 マネージャー 4年 市川 直輝

20211129_01.jpg

20211129_02.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 20:02| Comment(0) | 2021Season

2021年11月10日

11月14日 立命館大学戦に向けて

 新型コロナウイルスの影響で、8チームを半分に分ける形でのリーグ戦として開催した今年の関西学生アメリカンフットボールリーグDiv.1。1戦目の同志社大学戦、2戦目の京都大学戦を勝ち進み、春に敗北した関西大学との3戦目も雪辱を果たして乗り越えてきました。そして今週末、永遠のライバル校である立命館大学とリーグ決勝という舞台で戦います。“I WILL”という目標を掲げ4月から積み重ねてきたものを全力で出し切りたいと思います。
 決勝を前に、2年QB鎌田陽大が意気込みを語ります。

====================
 いよいよ立命館大学戦です。日本一になるには必ず倒さなければならない相手です。
 今シーズンも昨シーズンと同様、自粛期間が長かったですが、限られた時間で最善の取り組みをしてきました。しかし、リーグ戦では、3試合とも勝利したものの、初歩的なミスが目立ち、勝つべくして勝ったとは言えない内容でした。
 これまで、スローガンの「I will」を掲げて「自分がやる」という気持ちを持ち練習に取り組んできました。しんどい時こそ仲間同士で声を掛け合い切磋琢磨してきました。その成果を見せる時がきました。全ての準備をやり切って試合を迎え、全てをぶつけます。
 有観客の試合ということで、私たちの1プレーにかける思いを見ていただきたいです。
 勝つべくして勝ったと胸を張って言えるような試合にすべく、全力で挑みますので応援よろしくお願いいたします。

#15 QB 2年 鎌田 陽大

20211110_01.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 20:38| Comment(1) | 2021Season

2021年09月30日

9月25日 後援会からの千羽鶴贈呈

 間もなく秋のシーズン開幕です。
 先週末の今月25日には、後援会からスローガンである「I WILL」のバナーがついた千羽鶴を贈呈して頂きました。
 今年もコロナウイルスの影響で開幕が延期されましたが、応援していただいている全ての方々の気持ちも背負い、部員一同精進してまいります。
 今回は副将の朝枝からの報告です。

===================
 秋学期が始まった9月下旬、後援会の方々から千羽鶴を贈呈していただきました。一つひとつに想いのこもった1111羽の折り鶴には「グループリーグ1位、関西リーグ1位、西日本1位、日本1」の4つの「1」の意味が込められているそうです。
 今年は去年に比べてシーズン中の試合数が増え、ハードな秋シーズンになると考えております。ライスボウルの敗戦から始まった今シーズンは冬のトレーニング期、春シーズン、夏の練習など多くの経験をして来ました。その中でも関関戦の敗戦は今でも忘れられません。必ずや「打倒関大」、「打倒立命」を実現し、4つの「1」を達成します。そのためにもまず、初戦の同志社大学を圧倒できるよう精進して参ります。
 今年は部分的ではありますが有観客で試合の実施が叶いそうです。サイドラインで私たちを見守ってくれる千羽鶴のように、スタンドからまた、画面から私たちを応援して頂けると幸いです。

副将 #66 OL 4年 朝枝 涼

20210929_01.jpg

20210929_02.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 05:47| Comment(0) | 2021Season