2017年01月02日

1月2日 東京移動〜最終調整

 いよいよ明日に迫ったライスボウル。今日は午前のうちに東京へ移動しました。昼から都内のグラウンドで最終調整を行い、宿舎で最後のミーティングを行いました。1年間の集大成、それぞれの気持ちを胸に、「社会人を倒して日本一」へ。今回は副将・DLの安田がレポートします。

====================
 ライスボウルを直前に控えた今の正直な気持ちは、「やっと自分たちの居るべき場所に戻ってきた」という思いです。
 2016年度のファイターズは立命館大学に敗れたところからスタートしました。あの日から今日まで、自分たちには何が足りないのか、そして自分ちはどうやって勝ちたいのか、を主将の山岸を中心にお互いに問い続ける日々でした。
 情け無い4年生の姿を見せてしまうことも多くあり、チームが一つにまとまらないこともありました。しかしどんな時でも自分たちの目指すべき場所を再確認できたものは、監督の「どんな人間になんねん」という言葉でした。複雑なアサイメントに囚われるのではなく、根本にあるものはどんな人間になりたいのかという強い信念であるということを思い知らされました。
 もちろん気持ちがいくらあれども、技術が伴わなければ勝つことはできません。だからこそ我々のチームは一人一人がファンダメンタルに向き合う必要があるのです。そして今日まで向き合い続け、身につけてきたファンダメンタルを100%相手にぶつける試合がライスボウルです。1月3日、社会人王者の富士通を目の前にした時、我々の本当の意味での強さをもってぶつかり、真の日本一の称号を手に入れ、必ずやチーム全員で「一人前の人間」になってみせます。
 最後になりましたが、今日までチームが歩みを進めてくることができたのも多くの方々の支えのおかげであると感謝しております。その恩返しをするべく最後まで諦めることなく戦い抜きますので応援よろしくお願いします。

副将 DL♯92 安田 拓

20170102_11.jpg 20170102_12.jpg

20170102_13.jpg 20170102_14.jpg

20170102_15.jpg 20170102_16.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 22:06| Comment(0) | 2016Season

2017年01月01日

1月1日 新年初練習/上ヶ原最終練習

 新年あけましておめでとうございます。2017年の年明けを2016FIGHTERSとして迎えられることに感謝します。そして2016FIGHTERSとして上ヶ原の第3フィールドで全員がそろう最後の練習日となりました。副将・OLの松井和史がレポートします。

====================
 今日は4年生にとって上ヶ原での最後の練習となりました。ヘルメットのみの練習で、自分達のやるべきことを再確認しました。
 この1年間を振り返ると色々なことがありました。メキシコ遠征や夏合宿を経て秋シーズンに入りました。シーズンが始まった当初はうまくいかないことだらけでした。しかし、少しずつではありますがチームとして成長し、今日まで来ることができました。
 ライスボウルでは2年前敗れた富士通フロンティアーズとの対戦です。単純な力勝負をすれば圧倒的に相手が上です。しかし我々ファイターズは1年間ライスボウルに勝つことを目標にしてきました。チームのスローガンであるFight Hardを体現し、必ず勝利を掴みとります。応援よろしくお願い致します。

副将 OL #73 4年 松井 和史

20170101_01.jpg

20170101_02.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 22:46| Comment(0) | 2016Season

2016年12月31日

12月31日 年内最終練習

 ライスボウルまでのカウントダウン、それは4年生が本気で練習できる日数のカウントダウンでもあります。今日は年内最後の練習に臨みました。副将のDB岡本昂がレポートします。

====================
 今日で年内最後の練習となりました。現在は毎日の練習で原点であるこだわりを意識しつつ、1日1日課題を潰していっている状況です。
 私たちは社会人よりたくさんの面で劣っていると思います。しかしその差をどう埋めるか。それは私たちがシーズン初めに決めたこだわりをやり抜くことだと思います。このこだわりを試合で発揮し相手のしたいことをさせないこと、それこそが社会人に勝つ為の方法だと思っています。
 私が所属するディフェンスでは、今年一年、PursuitやPlay Voiceにこだわってやってきました。残り僅かな日数ではありますが、この「こだわり」を大切にし、1日1日取り組んでいきたいと思います。
 最後になりましたが、1月3日のライスボウルでは全員でFight Hardして必ず勝ちたいと思いますので、ご声援のほど宜しくお願い致します。

副将 DB #2 4年 岡本 昂大

20161231_01.jpg

20161231_02.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 22:19| Comment(0) | 2016Season

2016年12月23日

12月18日 甲子園ボウル・早稲田大学戦

 2年ぶりに帰ってきた聖地「甲子園」。東日本代表の早稲田大学とは初顔合わせとなった甲子園ボウルは、31-14で勝利し、2年ぶり28回目の全国制覇を成し遂げました。去年の立命館に敗れて始まった今年の1年。沢山の人に支えられ見事に学生王者になることが出来ました。今回は甲子園ボウルでインターセプトをした4年生DB小池にレポートしてもらいます。

====================
 早稲田大学戦では、甲子園球場という舞台で自分たちが1年間やってきたことをぶつけ、去年の悔しさを思い返しもう一度挑戦者として勝とうと思って臨みました。また個人としても秋リーグ序盤に試合に出ることができずチームに迷惑をかけたので、自分がやってやるという気持ちを持って挑みました。
 試合はオフェンスがしっかり点を取ってくれ、キッキングでも良いフィールドポジションを作ってくれました。ディフェンスも失点は許してしまいましたが、全員で集まって止めるという事は出来ました。スペシャルプレーなどしんどい場面があり焦ってしまいましたが、そこで落ち込むのではなく声を掛け合い、次のプレーに切り替える大切さと、全員が最後の1プレーまで集中する事が出来たからこそ、学生日本一になることができたと思います。
 沢山の方に応援して頂き、支えて頂いたからこそ、ライスボウル出場を決めることができました。2年前のライスボウルで敗れた悔しさを思い出し、富士通フロンティアーズに挑みたいと思います。社会人相手に恐れず自信を持ってプレーするために、残された時間をしっかりと準備していきたいと思っています。
 応援よろしくお願いします。

DB #37 4年 小池 直崇

20161223_01.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 17:40| Comment(0) | 2016Season

2016年12月17日

12月17日 中・高・大ボウルゲーム出場激励会

 いよいよ甲子園ボウまであと1日。上ヶ原の第3フィールドで最終調整を行いました。
 そして練習後に、甲子園ボウルに出場する大学と中学部、23日のクリスマスボウルに出場する高等部の、それぞれの健闘を誓うべく、激励会を開催しました。今年は2年ぶりに中・高・大と揃ってボウルゲームに出場します。11月に試合中に倒れて亡くなった高等部3年生の武内彰吾君に黙祷を捧げた後、中学部・前島仁主将、高等部・菅野洋佑主将、そして大学主将の山岸明生が、ボウルゲームへの意気込みとそれぞれへの激励を語り、全員で「空の翼」と「FIGHT ON, KWANSEI」を歌いました。
 今回のレポートは高等部、中学部でコーチを務めている4年生に意気込みを語ってもらいます。

====================
 これまでを振り返ると、我々中学部タッチフットボール部の今秋シーズンは思うように行かないシーズンでした。チーム内で目指す方向がバラバラで、すれ違うことがありました。さらに怪我に悩まされ、リーグ戦敗退の危機に晒されました。しかしそんな苦しい状況でも3年生が率先して話し合いを重ね、部員一人一人がやるべき事をやった結果、甲子園ボウル出場を決めることができました。本日の激励会では、中・高・大の主将がそれぞれボウルゲームに対する意気込みを話し、校歌「空の翼」と部歌「FIGHT ON」を斉唱しました。我々は明日の甲子園ボウルでもこれまでやってきたように、どんな苦しい状況になってもそれぞれがやるべき事をやり、一喜一憂せずに堂々と闘って勝利を掴み取ります。
 最後になりましたが、保護者やOBの皆様には日頃からご指導ご声援を頂き、大変感謝しております。これからも、変わらぬご声援のほどよろしくお願い致します。

中学部コーチ 4年 辰巳 智啓

====================
 壮行会以来、およそ10カ月ぶりに中・高・大が一同に会して今回の激励会が行われましたが、ここに至るまでの道のりは3チーム共に決してなだらかではなかったはずです。我々高等部も様々な試練と悲しみを乗り越えて今日を迎えることが出来ました。
 激励会は3チームがフィールドの三日月を囲み、11月13日の試合中の事故で亡くなった武内彰吾君に黙祷を捧げてから始められ、すべてのチームの主将がボウルゲームへの意気込みを話しました。「次に勝って日本一」。当たり前のことですが、あの場所に集まったすべてのチーム、すべての部員が現在の目標を明確にし、FIGHTERSとして戦う誇りを再確認しました。
 高等部は12月23日に行われるクリスマスボウル、大学は1月3日のライスボウル、中学部は12月25日のチェスナットリーグ王者の大阪ベンガルズ戦に向けて、3チーム揃って月曜日から練習を再開できるように、明日の勝利をただ祈ります。また我々も身を引き締めて取り組みます。
 これからも変わらぬご指導とご声援の程、宜しくお願い致します。

高等部コーチ 4年 真砂 陣


20161217_05.jpg

20161217_06.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 23:12| Comment(0) | 2016Season

12月17日 甲子園ボウル直前情報

 いよいよ甲子園ボウル本番が明日に迫ってきました。
 今回の甲子園ボウルも特別グッズを揃えてファンの皆様をお待ちしております。少しだけ紹介させていただきます。
 1つ目の写真は、は恒例の記念Tシャツ、記念キャップ、記念ワッペン。Tシャツとキャップはアンダーアーマー製です。
 2つ目と3つ目の写真は限定復活のトートバッグ、そして2年前も好評だったミニチュアベア。
 そしてグッズではありませんが、今回も関学スポーツによる甲子園ボウル特集号が発行されました。試合当日に配布されますので、是非ご覧になってください。
 3塁側・レフト側スタンドをKGブルーに染めて、圧倒的なご声援で青き戦士たちを後押ししてください!

20161217_01.jpg 20161217_02.jpg

20161217_03.jpg 20161217_04.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 20:28| Comment(0) | 2016Season

2016年12月16日

12月15日 甲子園球場練習

 2年ぶりの甲子園ボウルまであと3日となった12月15日。甲子園球場で練習を行いました。内野にも芝生が敷かれたフィールドで、選手たちは芝の感触などを確かめながら調整しました。来る大舞台に全力で挑みたいと思います。今回は副将の松井にレポートしてもらいます。

====================
 12月15日に甲子園球場で練習を行いました。2年ぶりの甲子園ボウルでとても緊張しています。
 対戦校の早稲田大学はとても強いチームです。また初顔合わせということで対策を立てる際に的をしぼりづらいところがあります。オフェンスは個人能力の高いバックス陣と完成度の高いOL。ディフェンスはとても複雑で、集まりもとても速いです。
 この日の練習を終えて、まだまだ準備不足だということを感じました。ファンダメンタル、アサイメント、そして気持ちの準備。どんなに良い練習が出来ても、どんなに悪い練習をしてしまっても、日曜日に試合はやって来ます。1人1人が残りの2日間を全力で過ごします。
 今までやってきたことを本番でぶつけます。最大の準備をして早稲田大学戦に臨みます。 応援してくださっている人たちに応えるためにも必ず勝ちます。応援よろしくお願いいたします。

副将 OL #73 4年 松井 和史

20161216_01.jpg

20161216_02.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 15:29| Comment(0) | 2016Season

2016年12月08日

12月4日 西日本代表校決定戦・立命館大学戦

 目標の日本一に向けて、たとえ厳しい大会方式だとしても勝ち進まなければならない西日本代表校決定戦。FIGHTERSと立命館大学が優勝を争うようになって以降、立命とのプレーオフは勝つことができていないというジンクスもある中、それでも打ち破っていくために強い気持ちで決戦に臨みました。攻守ともに好調の前半戦でしたが、後半に一転。一時は3点差まで追いあげられましたが。第4Qに突き放すTDを決め、26-17のスコアで勝利し、2年ぶりの甲子園ボウル出場権を獲得しました。今回はオフェンスを牽引した4年生QB伊豆充浩からのレポートです。

====================
 西日本代表校決定戦には、去年立命館に負けてから1年間やってきた事を全てぶつけるという挑戦者の気持ちで挑みました。
 前半はオフェンスもディフェンスもキッキングもいいように歯車が合い自分たちのテンポでゲームを進められました。しかし、後半は立命館が本来の力を発揮して一時は3点差まで追い上げられました。私はこんな状況をいつも想定していたもののやはり、実際にその状況になると焦ってしまいました。そんな時も周りの仲間たちがプレーでも言葉でも必死に何かを変えようとしてくれました。そして苦しい試合ではありましたが勝利することができ、あの強い立命館に1シーズンに2回勝つという目標を達成することができました。
 多くの方々の支えによって甲子園ボウル出場を決めることができました。その方々に恩返しとなるよう甲子園のフィールドで堂々とプレーし勝利を掴みたいと思います。そのために2週間しっかり準備したいと思います。
 応援よろしくお願いいたします。

QB #6 4年 伊豆 充浩

20161207_01.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 22:40| Comment(2) | 2016Season

2016年11月23日

11月20日 リーグ最終節・立命館大学戦

 リーグ最終節、立命館大学との全勝対決の大一番。今年の舞台は関西学生リーグ26年ぶりの開催となった万博記念競技場。去年の悔しい思いを胸に、雪辱を果たすべく試合に臨みました。最初のシリーズで先制することができて流れをつかみつつ、一方で相手のミスにも助けられた結果、22-6で勝利して2年ぶり55回目の関西リーグ優勝。甲子園ボウルの西日本代表校トーナメントしては何とか関西1位の権利を勝ち取ることができました。今回はディフェンスでナイスタックルやサックなどの活躍で勝利に貢献した3年生LB松本和樹にレポートしてもらいます。

====================
 昨年立命館大学に敗れた試合は、オフェンス、ディフェンス、キッキング全ての部分で相手との差がはっきり出た試合でした。その悔しさを胸に今年こそ絶対に勝つという気持ちで試合に臨みました。
 ディフェンスの今年の目標は相手のエースRBをとめる事だったので、この試合ではそれが出来たことは嬉しかったです。しかし全てがうまくいったとは限らず課題も多く残った試合でした。一発のタックルでは仕留められず走られたり、インターセプト出来るボールを捕られなかったり、2枚目メンバーが出場すると相手オフェンスを止められずタッチダウンを奪われました。
 ミスはディフェンスだけではなくオフェンス、キッキングでも多くありました。たまたまミスが大きな綻びにならなかったのですが、2週間後に同じ展開になるほど甘くはありません。これからの2週間で再度それらのミスを克服してレベルアップしていかなければ、西日本決定戦でさらに強くなっている立命館大学に負けてしまいます。2週間後の決戦に勝つために、これまでの2週間よりも更に気を引き締めてこの2週間取り組んでいきたいと思います。

LB #44 3年 松本 和樹

20161123_01.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 18:12| Comment(1) | 2016Season

2016年11月11日

11月6日 リーグ第6節・京都大学戦

 今年は第6節での対戦となった京都大学との伝統の一戦。試合開始早々、最初のシリーズで京大に先制タッチダウンを許しましたが、その後は徐々にペースを取り戻し、最終的には34-7のスコアで勝利しました。この結果、次の最終節で王者・立命館大学と全勝同士で対戦することになりました。今回は大きくロスを強いるQBサックを決めてディフェンスで貢献した2年生DL三笠大輔にレポートしてもらいます。

====================
 1970年代から最大のライバルであった京都大学、近年の対決ではファイターズが勝利しているものの、毎年危ない試合が続いています。
 チームとしてはオフェンス、ディフェンス、キッキングの全てで圧倒して勝つ、と言う思いで臨みました。個人的には、高校時代のコーチが京大が全盛期の時代の監督であった水野彌一先生であり、フットボールを1から教えてくださった恩師です。そのために京都大学との試合は複雑で特別な思いもありましたが、絶対に倒したい相手でした。
 ディフェンスは立ち上がりに京大オフェンスにズルズルと進められ、タッチダウンを取られてしまいました。京大オフェンスの流れを止めるようなプレーができませんでした。しかしそこからは冷静に切り替えることができ、ターンオーバーやQBサックなどのビッグプレーからファイターズ全体に良い流れを作ることができたように思います。
 最終節の立命館大学戦は一つの反則や一つのミスが勝敗につながります。完璧な準備と強い気持ちが必要です。立ち上がりから良い流れを掴んで、絶対に勝利します。

DL 2年 三笠 大輔

20161110_01.JPG
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 16:04| Comment(0) | 2016Season