2017年04月26日

4月22日 追手門学院大学との合同スクリメージ

 4月22日の土曜日、第3フィールドに追手門学院大学を迎えて合同練習が行われました。各校それぞれで練習を行ったあと、ポジションごとに勝負もののメニューをし、最後は試合形式のスクリメージが行われ、ファイターズは下級生中心の選手が出場しました。今回は3年生OL山科和也にレポートしてもらいます。

====================
 冬から春にかけて取り組んできたファンダメンタルを出し切り、思いきりぶつけて、OLのこだわりであるスタート・フィニッシュを徹底的にやろうと思って挑みました。
 しかし練習で出ているミスや自分の癖がそのまま出てしまいました。OLユニットとしても2回もフォルススタートがあり、スタートに一人一人がまだまだこだわれていない事が分かりました。オフェンスでは6本タッチダウンを取りましたが、Skillポジションの個人技でとれた部分が多かったように思います。OLとして自分の役割は果たし切れていません。
 これから春シーズンの試合が続きますが、今の自分の実力、OLユニットとしての実力では最終目標である立命大学や社会人チームにはまだまだ敵いません。今の時期に日々の練習で出ている反省を潰し、個人としてもユニットとしても成長して、夏、秋へと向かっていきます。そしてOLの上級生としてユニットを引っ張っていけるような存在になることが目標です。

OL #76 3年 山科 和也

20170426_01.jpg

20170426_02.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 22:53| Comment(0) | 2017Season

2017年04月22日

4月15日 KGボウル・慶應義塾大学戦

 新チームの初戦となったKGボウル・慶應義塾大学戦が王子スタジアムで行われました。前半は慶應ペースで試合が進み、14-17と慶應リードで折り返し。後半はよいフィールドポジションから始められたオフェンスで得点をあげ、31-17での勝利でした。しかし、オフェンス・ディフェンス・キッキングそれぞれにミスが目立ち、課題が残りました。今回のレポートはランでタッチダウンをあげた3年RB山口です。

====================
 今年のFIGHTERSを示す試合。スローガンである“Change”をフィールドで体現しようと、チーム全員で勝利を掴みにいきました。去年の4年生が卒業して、チームの主力選手の多くがいなくなり、大半が試合経験の少ない選手。私自身今回の試合は自分がチームを引っ張ってやると強い気持ちで試合に臨みました。しかし、結果として31対17で勝利することができましたが、細かいミスが目立ち、まだまだ反省点が多く出てきました。
 今年、社会人を倒し日本一を目指す上でチーム力の向上は必要不可欠です。今回の試合の内容を反省し、チーム全員互いに高いレベルで求め続け日々貪欲に練習に臨みます。また、常に練習一つ一つのプレーを立命、そして社会人を見据え全力でプレーしていきます。
 最後になりましたが、これからもご指導ご声援よろしくお願いします。

RB #34 3年 山口 祐介

20170421_01.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 11:49| Comment(0) | 2017Season

2017年04月14日

4月9日 FIGHTERS DAY

 FIGHTERS DAYは、ファイターズファミリー、ブルーナイツ、シニアファイターズ、ファンクラブ、そして地域の子供たちが上ヶ原の第3フィールドに集結して交流するイベントです。午前は年に一度の紅白戦、午後からはタッチフットボールとファイターズチャレンジ(フットボールを模した遊びコーナー)に分かれて交流を深めました。天候が心配されましたが無事晴れて、第3フィールドは年輩の方々から学生、生徒、そして子供たちが埋めつくし、元気な声が広がっていました。今回のレポートは、2年生キッカー安藤です。

===================
 連日降り続いていた雨が上がり、程よい気候の中、FIGHTERS DAYを開催することができました。多くのファイターズファミリーの皆様が参加され、大いに盛り上がったと思います。
 午前中は紅白戦が行われ、オフェンス、ディフェンス、キッキングで良いプレーはあったものの、それぞれ課題の残る試合となりました。
 午後からは小学生を対象としたFIGHTERSチャレンジと、中学生から大人が参加するフラッグフットボール大会が行われました。私はFIGHTERSチャレンジに携わり、小学生が純粋に、無邪気に楽しんでいる姿を見て、自分自身ももっとフットボールを楽しみ、精進していこうと感じました。
 いよいよ春シーズンを迎えます。冬のトレーニングで培ったものを活かし、またFIGHTERS DAYを通して感じた多くの方々に応援されているということを忘れずに、私自身はキッキングでチームに貢献し必ず勝利を掴めます。ご声援よろしくお願いします。

K #8 2年 安藤 亘祐

20170414_04.jpg 20170414_03.jpg

20170414_02.jpg 20170414_01.jpg

20170414_05.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 11:29| Comment(0) | 2017Season

2017年04月04日

4月1日 春季シーズン開始のお祈り

 いよいよ4月に入りました。毎年4月の練習初日には部員全員で祈りの場をもっています。QBパートリーダーである百田がレポートします。

====================
 「苦難は忍耐を、忍耐は練達を、練達は希望を生む」という聖書の言葉と、「祈りは強い想いである」という言葉を、前島先生から教えていただきました。前島先生は「しんどい時があればその先の希望を見なさい」とおっしゃいました。
 これまでの練習は、しんどいだけで終わってしまっていたのではないか、もっと高い基準で練習ができたのではないか、と気づかされました。また、日本一を目指す私たちにとって、日本一への強い想いが勝敗を分けるのであり、その想いが何よりも大切なものだと感じました。
 これから新入生が加わり、より大きな集団となりますが、一人一人がどれだけ日本一になるという強い想いを持つかに勝敗がかかっています。これから春シーズンが始まりますが、最終目標である「社会人を倒して日本一」に向けて全員で全力で勝ちに行きたいと思います。ご声援のほど、よろしくお願いします。

QB #12 4年 百田 海渡

20170404_01.jpg

20170404_02.jpg 20170404_03.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 20:22| Comment(0) | 2017Season

2017年04月01日

3月26日 安全講習会

 フットボール教室が行われた3月26日、高等部FIGHTERSと合同で安全講習会を行いました。脳震盪はアメリカンフットボールをプレーする中で発生してしまうものですが、その危険性を知り、少しでも予防する方法や発生した時の対応について理解を深めてもらうために開催されています。小野ディレクター、野原コーチ、学生トレーナーによる説明がありました。今回はその説明を行った学生トレーナーの吉田華にレポートしてもらいます。

====================
 安全講習会は毎年3月末に行っています。これは、アメリカンフットボールの中で特に危険な状況になる可能性のある頭部外傷の脅威について、選手に知ってもらう為の講習会です。私は学生トレーナーの中で脳震盪班という役職を担っています。2年生で選手の命に特に責任を持つことの役職に就くことに、初めは不安感や恐れがありました。しかし、この役職は自分しかいないということに対して強い責任感と共に誇りを感じ、脳震盪班を務めています。
 今年の脳震盪班には目標があります。それは選手に脳震盪の知識を身にさせること、事後報告の件数を減らすことです。今回の安全講習会で私からはこの2つの事を中心に話をしました。この安全講習会で目標を達成出来たとは思いません。これがスタートラインです。ファイターズは「安全に強く」ないと意味がないということを選手に本当の意味で理解させる為、これからも様々な形で発信していくべきだと考えています。

トレーナー 新2年 吉田 華

20170401_01.jpg

20170401_02.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 22:22| Comment(0) | 2017Season