2017年04月22日

4月15日 KGボウル・慶應義塾大学戦

 新チームの初戦となったKGボウル・慶應義塾大学戦が王子スタジアムで行われました。前半は慶應ペースで試合が進み、14-17と慶應リードで折り返し。後半はよいフィールドポジションから始められたオフェンスで得点をあげ、31-17での勝利でした。しかし、オフェンス・ディフェンス・キッキングそれぞれにミスが目立ち、課題が残りました。今回のレポートはランでタッチダウンをあげた3年RB山口です。

====================
 今年のFIGHTERSを示す試合。スローガンである“Change”をフィールドで体現しようと、チーム全員で勝利を掴みにいきました。去年の4年生が卒業して、チームの主力選手の多くがいなくなり、大半が試合経験の少ない選手。私自身今回の試合は自分がチームを引っ張ってやると強い気持ちで試合に臨みました。しかし、結果として31対17で勝利することができましたが、細かいミスが目立ち、まだまだ反省点が多く出てきました。
 今年、社会人を倒し日本一を目指す上でチーム力の向上は必要不可欠です。今回の試合の内容を反省し、チーム全員互いに高いレベルで求め続け日々貪欲に練習に臨みます。また、常に練習一つ一つのプレーを立命、そして社会人を見据え全力でプレーしていきます。
 最後になりましたが、これからもご指導ご声援よろしくお願いします。

RB #34 3年 山口 祐介

20170421_01.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 11:49| Comment(0) | 2017Season