2018年07月30日

7月下旬 暑熱順化

 7月後半は試験期間で特に学業に集中する時期ですが、時間を有効に活用してグラウンドでの「暑熱順化」を行っています。OL3年の森田からのレポートです。

====================
 7月16日より定期試験開始とともに暑熱順化が始まりました。文武両道を目標としているFIGHTERSでは試験期間はもちろん勉強最優先ですが、その合間を縫って週に2〜3回試験期間中に体がなまらないようにするためと夏の練習に向けての暑さ対策のための暑熱順化を行なっています。
 今年は例年より暑くなっていますが、選手たちは春シーズンを通して出た反省と課題に取り組んでいます。私のポジションでは、体の使い方の練習を重点的に取り組んでいるため、ラダーなど普段はあまり取り組みませんがこの時期にしかできないことに挑戦しています。練習の終わりには、暑さに体を慣らすためにサッカーや野球などアメリカンフットボール以外のスポーツにも取り組み、楽しみながらコンディションを整えています。全てが終わるとプールに浸かり、体を冷やして暑熱順化を終えます。
 試験期間も終わり、間もなく夏季の練習が始まります。よいスタートダッシュをかけれるよう、しっかりと準備して取り組んでいきたいと思います。

OL #73 3年 森田 陸斗

20180730_01.JPG

20180730_02.JPG

20180730_03.JPG
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 23:18| Comment(0) | 2018Season

2018年07月28日

7月14日〜22日 U19世界選手権大会(4)

 第5回IFAFアメリカンフットボールU-19世界選手権大会、日本代表は現地7月22日にオーストラリア代表との5位決定戦に臨み、51対14で勝利しました。大会は優勝・カナダ、準優勝・メキシコ、3位・アメリカという結果で幕を閉じ、日本代表は24日に無事帰国しました。U-19特集最後となる今回は、LBとして日本代表チームに参加した北川が振り返ります。

====================
 2連敗で迎えた最終戦。メキシコでこのメンバーで出来る最後の試合に、どんな結果を求められているかは全員わかっていました。相手はオーストラリア。決して勝てない相手ではないので内容にこだわろうと山嵜監督はおっしゃいました。
 試合当日、3度目の国家斉唱を聞きながら自身の事を振り返りました。高所、食べ物、文化の違い、歓声、日本では味わえないような環境でアメリカンフットボールが出来る事に感謝しながら、悔いの残らない大会にしようと決意しました。結果は51対14。タッチダウンを取られたものの大差で勝つことが出来ました。
 私は今大会が初の世界大会だったので学ぶ事ばかりでした。その中でも特に学んだのは感謝の大切さです。国を代表して戦う中で試合中では勝負にこだわるが、終わった途端に称え合い、励まし合いました。日本ではなかなか見られない選手やスタッフ全員との握手が印象に残っています。言語は違っても感謝をすることには違いがなかったことを嬉しく感じました。
 この「感謝」の気持ちを日本でも忘れずにしたいと思います。私は実家を離れ1人で生活しています。そんな時に支えてくれる仲間や、家族に様々な形で感謝をし、ファイターズの選手として自覚しながら日々取り組もうと思います。そしていつか、日本を背負い、世界一の選手、チームになりたいと思いました。

DB 1年 北川 太陽(佼成学園高校出身)

20180728_01.jpg

20180728_02.jpg

20180728_03.JPG

※写真提供:JAFA
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 08:51| Comment(0) | 2018Season

2018年07月21日

7月14日〜22日 U19世界選手権大会(3)

 第5回IFAFアメリカンフットボールU-19世界選手権大会、日本代表は第2戦目でランキング1位のカナダ代表と対戦しました。今回はWRとして日本代表に参加している鏡味からのレポートです。

====================
 初戦は残念な結果になってしまいましたが、下を向く暇もなく、2戦目のカナダ戦に向けて前向きに準備を始めました。カナダは前回王者でもあり、体がすごく大きく、非常にタフな試合になることは分かっていましたが、日本のフットボールをきっちりと遂行することができれば、勝機は十分にあると考えていました。
 しかし、残念ながらカナダ戦も惜しくも22-28のスコアで敗れてしまいました。相手の身長の高さや手足の長さに苦戦しましたが、最終的にはTD1本差にまで迫り、日本のフットボールを世界に証明できたとは思います。
 試合以外では、同じホテルにアメリカ、スウェーデン、オーストラリアの代表チームが宿泊しています。アメリカやスウェーデンの代表選手とウェアを交換したり、オーストラリア代表の選手とは一緒にレストランで軽食をとったりして、フィールド上では敵ですが、ホテルなどでは同じフットボールをする仲間でもあり、とても有意義な時間を過ごすことができ刺激を受けました。
 いよいよ残すところ1試合になりましたが、今までやって来たことを出し切って、勝利し、胸を張って日本に帰れるように頑張ります。応援よろしくお願いします。

WR 1年 鏡味 巧磨(同志社国際高校出身)

20180721_01.jpg

20180721_02.JPG

※写真提供:IFAFおよびJAFA
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 23:11| Comment(0) | 2018Season

2018年07月16日

7月14日〜22日 U19世界選手権大会(2)

 今回は第5回IFAFアメリカンフットボールU-19世界選手権大会の特集第2回目です。日本代表は無事メキシコ入りし、現地時間の7月14日に開会式が行われた後、U-19メキシコ代表との初戦に臨みました。今回は初戦で先発QBを務めた平尾の現地からの声をお届けします。

====================
 約13時間の飛行機のフライトを終え、現地時間7月10日にメキシコに到着しました。
 メキシコシティは標高が高く酸素が薄いため、初日と2日目の練習は10分間走をし、コンディショニングを整えました。3日目の練習は防具を着けて、メキシコ戦に向けてのスクリメージやプレイの確認などをし、4日目は翌日の試合に向けてのミーティングをポジションごとに重点的に行いました。
 そして迎えた14日のメキシコ戦。Team Japanの大事な第1戦を何が何でも勝ちたかったのですが、前半6-3でリードしたものの後半にメキシコの底力で逆転され、14-31という結果になりました。
 この試合で、チームも含め個人的にも反省があったので、そこを修正して、次戦のカナダ戦に繋げていきたいと思います。

QB 1年 平尾 渉太(啓明学院高校出身)

20180716_11.JPG

20180716_12.JPG

20180716_13.JPG

※写真提供:IFAFおよびJAFA
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 22:38| Comment(0) | 2018Season

2018年07月14日

7月16日〜 春学期定期試験に向けて

 今はファンダメンタル、トレーニングに重点的に取り組んでいる期間ですが、もうすぐ大学の定期試験期間が始まります。7月10日(火)の全体ミーティングでは、野原アシスタントディレクターから試験の取り組み方などの話がありました。また、トレーナーからは試験期間中の体調管理に関するプレゼンテーションもありました。試験もコンディショニングも良い成果を出せるよう一人一人が時間の使い方を考えて勉強やトレーニングに励んでいます。
 今回の上ヶ原通信は、国際学部2年の木宏規が担当します。

====================
関西学院大学では7月16日から春学期の試験期間に入ります。今の時期は、学生の本分である学業により重点的に取り組んでいます。試験勉強をする上で、同じ学部の先輩後輩とのコミュニケーションが増えるので縦のつながりも深まります。一方で、各々が夏季練習に向けて身体作りと体力作りを中心としたトレーニングにも励んでいます。文武両道を掲げるFIGHTERSでは、規定数以上の単位を修得しなければ試合に出場できません。そのため、秋シーズンや自分が上級生になったときフットボールにより集中するためにも多くの単位を修得できるよう頑張っていきたいと思います。

WR 2年 木 宏規

20180714_01.JPG

20180714_02.JPG

20180714_03.JPG
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 16:04| Comment(0) | 2018Season

2018年07月10日

7月14日〜22日 U19世界選手権大会(1)

 来る7月14日〜22日にメキシコで行われる第5回 IFAF U-19世界選手権大会の日本代表チームに、FIGHTERSからOL牧野隼大、DB北川太陽、WR鏡味巧磨、QB平尾渉太の1年生4名が選出されています。日本代表一行は6月30日(土)、7月1日(日)に強化合宿を行い、7月10日に日本を出発して現地に向かいます。OL牧野に出国前の意気込みを語ってもらいます。

====================
 U-19日本代表チームは関西学院大学で2日間の強化合宿を行いました。午前中は主にキッキングやアジャストの仕方について、攻撃コーディネーターを務める大村コーチを中心にミーティングを行いました。午後からは少ない練習時間のなかでプレーの理解を深めることが求められていたため、パート別の練習はほぼ行わず試合形式の練習を中心に行いました。初日には雷の影響で練習が中断するというアクシデントもありましたが、無事に終了することができました。
 私はこれまでに3度の国際大会に出場した経験がありますが、今回のU-19世界選手権は独特の緊張感があり、アメリカだけでなくカナダやメキシコといった強豪国との試合を控えています。練習時間がとても短いなかで選手全員が世界一に向けて自分の責任を果たすことが大切だと思います。私は自分よりもはるかにサイズのある選手に対してファイターズでこだわってきたファンダメンタルで勝負したいと考えています。世界一に向けて一戦必勝で頑張りますので、応援よろしくお願いします。

OL 1年 牧野 隼大(啓明学院高校出身)

【U19日本代表のページはこちら】
http://japan.americanfootball.jp/u19%e6%97%a5%e6%9c%ac%e4%bb%a3%e8%a1%a8

20180710_01.JPG

20180710_02.JPG
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 07:56| Comment(0) | 2018Season

2018年07月07日

7月2日 法学部スピーチ・コンテスト

 7月2日、上ヶ原キャンパス中央講堂にて行われた法学部スピーチ・コンテストに、1年生OLの朝枝諒がクラスの代表として登壇しました。このスピーチ・コンテストは法学部1年生必修のスタートアップ演習という授業における集大成で、14あるクラスごとの予選を通過した学生が約700名の1年生を前に2分間のスピーチを行うものです。今回は朝枝のスピーチ原稿を掲載するとともに、参加した感想を紹介します。

【スピーチ原稿】
 まず私の将来についてお話ししたいと思います。
 私がなぜ法学部を志望したかと言うと卒業後、警察官を志望しているからです。
 警察官の職務をこなす上で、法学部で学べる適切な法知識やリーガルマインドを持っていることは大きな武器となり、職務に活用できます。その為に法学部を志望しました。
 しかし、ただ講義に出て、学ぶだけで法知識やリーガルマインドが身につくと思いますか。その答えはNOです。
 ではどの様にすれば身につくか。
 学んだ知識を活用することです。つまりは、Inputだけでなく、Outputがとても大事なのです。大前提として日々の授業で蓄えた知識以上のことはOutput出来ない、練習で出来なかったことが試合では出来ないのと同じです。
 まずは、講義を受け、知識をため込む。ここまでは普通の学生と何ら変わりない。しかし、これだけでは先ほど述べたように法知識とリーガルマインドは身に付かない。学んだ知識を発揮し活用する。その繰り返しで知識を自分の物に出来ます。
 では発揮するにはどの様にすれば良いか。それは試験です。一番身近には2週間後のテストがあります。教育というのはよくできていて、必ずOutputが付き物です。なぜOutputがついてくるのか。それは知識を身につけるのに一番手っ取り早いからです。このテストでInputしたことをOutputする。そして秋学期、またInput、Output。これの繰り返しです。何も特別な事ではありません。当たり前のことをするだけで、知識は身につきます。
 このように私はInputよりもOutputに重点を置いた学びをしたいと思います。
 以上です。ありがとうございました。

【感想】
 今回のスピーチは「私は今後法学部でこのように学んでいく」というテーマでした。原稿を考えていく上で、様々な事を考えていましたが、主に2つの事について考えて私は原稿を書き上げました。
 一つ目が飽きさせない事です。ジョークなどを織り交ぜながら、いかに飽きさせず2分間自分のスピーチに耳を傾けてくれるかということを考えながら書きました。
 二つ目は話すだけにならないことです。ただ淡々と話すのではなく、身ぶり手ぶりなどを用いてわかりやすく伝えることです。原稿の内容にあわせてジェスチャーを用いて、スピーチを視覚的に見てもらう事を意識しました。
 残念ながら入賞することはできませんでしたが、この経験は勉学やフットボールに必ず役に立つと思います。

OL 1年 朝枝 諒(清教学園高校出身)

※関西学院大学法学部のページでスピーチ・コンテストの様子が紹介されています。
https://www.kwansei.ac.jp/news/2018/news_20180702_020144.html

20180707_01.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 14:22| Comment(0) | 2018Season

2018年07月06日

6月下旬〜7月中旬 トレーニング期間

 春の試合期が終了して、現在は春の試合で出た課題、反省をミーティングで見つめなおし、トレーニングやファンダメンタル練習などを中心に行っています。6月30日に行われた全体ミーティングでは、油谷ストレングスコーチから夏・秋に向けての体作りについて話がありました。一人ひとりに合った形でコンディションを作っていき、夏の練習に良い状態で臨めるよう取り組んでいます。

====================
 春シーズンの試合がすべて終わり、チームとして、個人としてたくさんの反省が出ました。また、先日行われた社会人のパールボウルの試合を見て、フットボールの技術、身体のサイズのレベルが高く、今までの自分たちの取り組みではまだまだ足りないと痛感しています。
 それらの反省を克服し、そして社会人チームとの差をなくしていくために、現在、筋力トレーニング、走りもの、ファンダメンタル、そしてミーティングを行っています。この時期にやった分だけ、秋シーズン、自分に、チームに返ってきます。常に「立命館大学、社会人チームの取り組みに負けていないか」「まだまだいけるのではないか、やれるのではないか」と自問自答し、そして仲間にも求めて取り組んでいます。すべては目標である社会人を倒して日本一」になるためです。
 最後になりましたが、いつも応援ありがとうございます。これからも変わらぬご声援よろしくお願いします。

DB #36 4年 荒川 陸


20180706_01.jpg

20180706_02.jpg

20180706_03.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 06:43| Comment(0) | 2018Season