2019年03月28日

1月31日〜3月8日 フラッグフットボール出前授業

 例年1月下旬から3月上旬にかけて、私たちは上ケ原キャンパス近隣の小学校にフラッグフットボールの出前授業に行っています。今年は西宮市立上ケ原小学校、広田小学校、大社小学校の授業支援を実施しました。
 今回の上ヶ原通信は、フラッグフットボール経験者である選手と、今回の出前授業の窓口を担当したマネージャーからの報告です。

====================
 ファイターズでは毎年この時期に近隣の小学校に部員たちが訪問してフラッグフットボールの授業を行っています。ファイターズが大切にしている社会貢献活動の一つであり、フラッグフットボールを通じてアメリカンフットボールに興味を持ってもらう事を目的としています。
 私自身は小学校にフラッグフットボールのチームに入っており身近なスポーツでした。今の小学生は昨年の一連の騒動もあって、アメリカンフットボールに対して怖いイメージを持たれていると思います。しかし授業の中で初めて触るボールに目を輝かせながら純粋にフットボールを楽しむ小学生の姿を見る事ができました。
 今回の活動を通して1人でも多くの小学生がフットボールに興味を持ち、共に日本のフットボール界を盛り上げていけたらと思いました。

RB #6 新4年 渡邊 大

====================
 フラッグフットボールの授業支援をするにあたり、私たちは12月にフラッグフットボール指導講習会に参加しました。ここで学んだことをもとに、授業内容や計画を考え、小学校の先生と打ち合わせをし、進めていきました。
 いざ小学生にフラッグフットボールを教えるとなると、とても難しく戸惑うことばかりでした。フットボール自体が小学生にとってなじみのないスポーツであるため、基本のルールを教えることさえも苦労しました。ルール説明に長い時間を必要とするためつまらない時間になってしまわないように選手とプレーの見本を面白く見せるなどの努力をしました。
 1回目の授業でラン、2回目の授業でパス、3回目の授業でゲームという流れで授業を進めました。各チームに1人以上のファイターズ部員が付き、選手と生徒で協力しながら作戦を考え、プレーをしました。一回一回の授業を終えるごとに小学生がフラッグフットボールをそしてFIGHTERSの選手を好きになっていってくれていることを実感しました。
 この授業を通して、小学生にとってフットボールは縁のないスポーツであることを改めて実感しました。これからもフラッグフットボールの授業だけでなく、FIGHTERSの試合のキッズコイントスなども使って、小学生にとって身近なスポーツに感じてもらうための努力をしていきたいと思います。

マネージャー 新2年 萩原 楓

20190327_01.jpg

20190327_02.jpg

20190327_03.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 09:59| Comment(0) | 2019Season