2019年03月30日

3月21日 高校生対象フットボールクリニック

 3月21日に高校生を対象に「ファイターズフットボールクリニック」を開催しました。関西を中心に9校約130名が参加しました。午前中はポジション別に練習メニューなどの質問会、午後はフィールドにて実践的な練習を指導しました。
 クリニックに参加した選手とクリニックの準備、運営を担当したマネージャーからレポートします。

====================
 私は今回のフットボールクリニックを通して本気で上手くなるために、またチームに還元するために何か吸収しようという高校生の熱意、姿勢から、その重要性を改めて認識しました。
 我々の今年の目標である「学生圧倒」という、どこまで取り組めばいいのかわからない目標に対して、日頃の私たちは本当に限界を決めず向上心を持って取り組めているかと考えさせられました。それだけでなく、ファイターズというチームはOBや後援会の方々だけでなく、小学生から高校生まで幅広い多くの方に支えられ、応援していただいていると肌に感じました。
 春の初戦まで残り1カ月を切りました。自分自身のために勝利を目指すことは当然ですが、応援してくださる方々の期待に応えるためにも、「学生圧倒」という目標に向けて日々取り組んでいきたいと思います。

WR #9 新4年 前田 広人

====================
 この高校生対象のフットボールクリニックは、FIGHTERSの蓄積している知識や技術を伝えることで、高校生にフットボールをより深く理解してもらい、その魅力や楽しさを感じてもらうことを目的として行いました。
 午後のスキル練習の時間では、色々な高校の選手が混じり合っての練習となり、みんな真剣に取り組んでくれました。なかでも勝負物のメニューは白熱し、いつもとは違う相手と勝負することで高校生たちには良い刺激になったのではないかと思います。
 また、スタッフ部門では、FIGHTERSの学生トレーナーが講師となってテーピング講習会を開き、テーピングの巻き方を指導しました。
 大学生はいつも自分たちが練習していることを高校生に教えることで自分たちも勉強になったのではないでしょうか。私自身、クリニック終了後に高校生が書いてくれたアンケートに「参加してよかった」との声が多数あり、嬉しく思います。
 高校生の皆さんがこのクリニックの経験を活かし、春季大会で良い結果をおさめることを期待しております。

マネージャー 3年 井上 寛太

20190330_03.jpg

20190330_01.jpg

20190330_02.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 09:16| Comment(0) | 2019Season