2019年11月08日

11月10日 リーグ最終節・立命館大学戦に向けて

 いよいよリーグ最終節・立命館大学戦まであと2日です。1年間チームが見据え続けてきた試合です。決戦を前に副将の畑中皓貴が意気込みを語ります。

====================
 遂に11月10日に立命館大学戦を迎えます。
 立命館大学は我々FIGHTERSに立ちはだかる最大のライバルであり、必ず勝利しなければならない相手です。
 今年のチームは「学生圧倒」を目標に掲げています。しかし、今シーズンの試合を振り返ると、とても圧倒とは言えないような、課題がどんどん浮き彫りになるような試合が続いてしまいました。監督からも4年生の半分以上がまだ本気じゃないと指摘され、幹部を中心に何度もミーティングを重ねました。
 私は、どんな試合内容であろうが1試合1試合を糧にして成長しなければならないと思っています。今までの試合の反省を糧にして、全てをぶつける集大成が立命館大学戦だと私は思っています。
 私は副将としてこの試合に今までの全てをぶつけます。そして、絶対に勝利して1位でリーグ戦を終えます。
 いつも応援有難うございます。明後日はBlueoutしたスタンドからの大声援を最大の武器にして戦います。

副将 DB #45 4年 畑中 皓貴

20191108_01.jpg

20191108_02.jpg

20191108_03.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 08:28| Comment(1) | 2019Season

2019年11月06日

11月3日 体育会覇業交歓

 11月1日から11月3日までは上ヶ原キャンパスで大学祭が行われ、その期間中の11月3日に関西学院大学体育会覇業交歓という式典が行われました。覇業交歓は体育会全42部が集まり、昨年の11月から今年の10月までの各部、各選手の覇業を表彰し、互いの健闘を称えて、次年度に向けて思いを新たにするものです。
 今年も様々な部や選手が表彰を受け、その中でアメリカンフットボール部は昨年の甲子園ボウル優勝などが表彰されました。それに加え、最も栄誉のある賞である那須杯を受賞しました。那須杯とは戦前の運動部顧問である那須生平教授の多年の御攻労を称え、設けられたもので、その年度に全国制覇を成し遂げた部の中から選考を経て、最高のチームに授与される賞です。
 式典の中で冨田副学長からいただいたメッセージの中に、関西学院大学創立150年である2039年に関西学院のあるべき姿として掲げている一つに「強さと品位を持った人間を育てる」というものがありました。これは体育会のモットーである「NOBLE STUBBORNNESS」に通じており、体育会に属している生徒が全生徒の模範となれるようにと話しておられました。冨田先生のお話を聞いて自分たちの行動一つ一つに自覚を持つこと、日本一を目指すにふさわしい人間になる努力をしていくことを改めて強く意識しました。
 いよいよ今週末はリーグ最終節である立命館大学戦です。来る決戦までできることを全てやり、あらゆる想定をして万全の状態で臨みたいと思います。スタンドから熱きご声援の程よろしくお願い致します。

マネージャー 2年 市川 直輝

20191106_01.jpg

20191106_02.jpg

20191106_03.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 22:11| Comment(0) | 2019Season

2019年11月04日

10月27日 フラッグキッズコイントス

 10月27日(日)のリーグ第6節・関西大学戦ではフラッグキッズコイントスが行われました。フラッグフットボールの支援をしているチームの子供達に、試合前のコイントスに選手とともに参加してもらうイベントです。今回の上ヶ原通信はコイントスキッズに参加してくれた関西学院初等部キッズファイターズの樽本凌真くんのご家族からのメッセージをご紹介させて頂きます。

====================
 念願だったコイントスキッズ!6年生最後のチャンスに「絶対に参加したい!」と熱望し、参加させて頂きました。
 「今日はこんなにいいお天気だから、関学が勝つ!」と言い切り、スタジアムへ向かいました。大好きなファイターズの一員として、選手と手を繋いでフィールドに立てたこと、歩きながら心の中でずっと「勝ちます!」と神様にお願いしていたこと、鳥内監督に笑顔で話しかけて頂き写真を撮ったこと、選手の皆様が優しく笑顔で話しかけて下さったこと、欲しいと思っていたBLUEOUTのタオルをプレゼントして頂けたこと、選手と一緒にテレビに映れたこと、何より試合に勝てたこと!「嬉しいことばかりで、幸せでいっぱいな1日だった!」と笑顔で話してくれました。
 息子は初等部でフラッグフットボールをしています。彼にとって選手の皆さんは憧れの存在であり、いつか自分もファイターズの選手になりたい!と目標にして頑張っています。
 試合での最後まで諦めない、かっこよく強い姿はもちろんのこと、試合後や大学でお会いした時に皆さんが気持ちのいい挨拶をして下さること、手を振って声をかけて下さる選手や、帽子のサイン(宝物でお守りです)を書きながら「ポジションどこなの?頑張ってね!」と言葉をかけて下さる選手も、優しくて大好きだと話していました。いつも、子供達に素敵な対応して頂きありがとうございます。
 今回、このような素敵なセレモニーに参加させて頂けて、とてもよい思い出になりました。これからも家族で応援しています。
 「頑張れ!日本一!」

初等部 キッズファイターズ 6年 樽本凌真 ・母
====================

 温かいメッセージをありがとうございます。FIGHTERSはこれからも皆様の応援を励みに一戦一戦戦っていきます。これからも引き続き応援よろしくお願いいたします。


20191104_01.jpg

20191104_02.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 22:45| Comment(0) | 2019Season