2015年10月15日

10月10日リーグ第4節・神戸大学戦

 リーグ第4節は10月10日(土)に神戸大学との一戦でした。リーグ戦としては最後になる王子スタジアムで、今までの試合で出た課題を克服して、一皮むけた姿を見せつけることは出来るのか、山場となる後半戦に向けて重要な試合でした。今回はタッチダウンパスをレシーブしたRBの市原にレポートしてもらいます。

====================
 秋シーズンが始まり3試合を終えて、なかなか課題を潰しきれずあまり良い雰囲気を作ることができなかったオフェンスは、前半に4本、後半に3本で合計7本のタッチダウンを取るという具体的な目標を定めて、この第4節・神戸大学戦に臨みました。
 結果として目標を達成できたことは一つの収穫となりましたが、これからシーズン終盤に入っていくにつれ、対戦相手が強くなっていく中で今のままでは通用しない点というのも明らかになり一層、個人のレベルアップが必要になってくるということを再認識することができました。個人的にもFB(フルバック)というポジションは出場機会が少ないので1プレイごとにしっかりアピールをして、如何にしてチームに貢献するのかということを頭に置きながら試合に臨みました。タッチダウンという目に見えてわかりやすい形でチームに貢献することができたのは嬉しかったですが、まだまだ課題も多く、しっかりと向き合っていかなければならないと感じました。
 今後の練習、試合で自分が入るプレーに対して自分がこのプレーを背負っていくという気持ちを忘れずに努力していきます。

#94 RB 3年 市原 佑樹

20151015_01.JPG
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 21:51| Comment(0) | 2015Season
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。