2015年11月13日

11月7日リーグ第6節・関西大学戦

 11月7日ヤンマースタジアム長居で迎えた関西大学とのビッグゲーム。たくさんのファンの方の熱い声援の中で、白熱した試合となりました。前半は13-7と僅差で折り返したものの、後半は何とか得点を重ねて33-7で勝利することができました。今回は副将の木下にレポートしてもらいます。

===================
 関西大学戦に向けて、オフェンスは5タッチダウン、ディフェンスは完封という目標を掲げ、日々練習に取り組んでいました。インターセプトや、アサイメントのミスなどが多く、結果として目標は達成出来ませんでした。防げるミスが起きてしまっているのは、準備不足と練習の段階で試合の緊張感を持てていない為です。ただ、幸いにも勝利することができ次に進むことが出来ました。
 全勝決戦となった相手の立命館大学は、タレント揃いで非常に強力です。部員全員が普段の行動から立命館に勝つ為に力を注ぎ込む必要があります。ワイドユニットとしては、1年の松井や2年の亀山、前田らが実力を付けはじめ戦力となってきています。しかし、ビッグゲームに出場した経験がない者が殆どなので、これまで立命館の強さを体感してきた私が伝えていきます。
 上級生をが引っ張ってチーム一丸となって立命館大学戦までの期間を全力で過ごし、勝利します。

WR #85 木下 豪大

20151113_01.JPG
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 21:54| Comment(1) | 2015Season
この記事へのコメント
厳しい闘いになるでしょうが日本一の練習を重ねてきた皆が平常心で最期まで戦い抜けば良い結果はついてくる。あと8日一分一秒を大事に過ごしてください。
Posted by Anonymous at 2015年11月15日 12:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。