2016年09月13日

9月10日 リーグ第2節・甲南大学戦

 関西学生リーグ第2節、甲南大学戦を迎えました。結果は41-0での勝利でしたが、前節の同志社大学戦のように反則が目立つなど、満足のできる内容ではありませんでした。しかし、この試合では下級生が多く試合に出場し、経験を積むことができました。今回のレポートは3年生DL大岡友貴です。

==================
 前節の同志社大学戦では、オフェンス・ディフェンス・キッキングいずれも設定した目標を達成することができず、多くの課題が残りました。甲南大学戦までの2週間はそれらの課題を解消しようと取り組んできました。
 しかし試合を振り返って見ると、オフェンスは4-Turnoverを許し、ディフェンスもゴール前まで迫られ、キッキングでも危ない場面が多くありました。前節と同様にフォルススタートやホールディングの反則もあり、満足できるような結果には至りませんでした。DLパートとしても、1枚目と2,3枚目の差が大きく、立命や社会人のOLとまだまだ戦える状況ではありません。私自身もまだまだスキルの欠点を克服できなかったです。
 今後の試合は厳しい戦いになっていきます。もっと練習でレベルアップできるよう全力で取り組んでいきます。次節やこれから続く秋リーグに向けて、ステップや腕の使い方などの細かい点にこだわり、多くの試合に出れるよう努力します。
 最後になりましたが、これまからも応援の程よろしくお願いします。

DL #65 3年 大岡 友貴

20160913_01.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 22:40| Comment(0) | 2016Season
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。