2016年11月23日

11月20日 リーグ最終節・立命館大学戦

 リーグ最終節、立命館大学との全勝対決の大一番。今年の舞台は関西学生リーグ26年ぶりの開催となった万博記念競技場。去年の悔しい思いを胸に、雪辱を果たすべく試合に臨みました。最初のシリーズで先制することができて流れをつかみつつ、一方で相手のミスにも助けられた結果、22-6で勝利して2年ぶり55回目の関西リーグ優勝。甲子園ボウルの西日本代表校トーナメントしては何とか関西1位の権利を勝ち取ることができました。今回はディフェンスでナイスタックルやサックなどの活躍で勝利に貢献した3年生LB松本和樹にレポートしてもらいます。

====================
 昨年立命館大学に敗れた試合は、オフェンス、ディフェンス、キッキング全ての部分で相手との差がはっきり出た試合でした。その悔しさを胸に今年こそ絶対に勝つという気持ちで試合に臨みました。
 ディフェンスの今年の目標は相手のエースRBをとめる事だったので、この試合ではそれが出来たことは嬉しかったです。しかし全てがうまくいったとは限らず課題も多く残った試合でした。一発のタックルでは仕留められず走られたり、インターセプト出来るボールを捕られなかったり、2枚目メンバーが出場すると相手オフェンスを止められずタッチダウンを奪われました。
 ミスはディフェンスだけではなくオフェンス、キッキングでも多くありました。たまたまミスが大きな綻びにならなかったのですが、2週間後に同じ展開になるほど甘くはありません。これからの2週間で再度それらのミスを克服してレベルアップしていかなければ、西日本決定戦でさらに強くなっている立命館大学に負けてしまいます。2週間後の決戦に勝つために、これまでの2週間よりも更に気を引き締めてこの2週間取り組んでいきたいと思います。

LB #44 3年 松本 和樹

20161123_01.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 18:12| Comment(1) | 2016Season
この記事へのコメント
 ジンクスなんかクソ食らえ、と言ってしまうと下品な表現になってしまいますが、過去たった二度のプレイオフの例を引き合いに出されてあまり心地良くはありませんでした(笑)個人的には。
 '90.以降偶数年は勝ち抜けない、長居では勝てない、雨天では勝てない、本当にもう、色々なことを言われました。関西学生リーグでの勝率が高いが故に色んな点に注目されてしまいます。
 下馬評の決して高くなかった'06.チームはそれらをほぼ覆してくれました。当時エースQBとしてO#を率いた#9三原君はゲーム後、「そんなこと全く知らなかった」と言っていたものです。勝つほどに注目度が高くなるFIGHTERSにはそんな鷹揚さも必要なのかも知れません。
 伊豆君には肝が据わったQBingを観せてもらいました。次もお願いします。
Posted by Blue Blood at 2016年12月08日 23:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。