2017年05月16日

5月14日 関東遠征・明治大学戦

 5月14日は関東へ遠征し、東京・アミノバイタルフィールドで明治大学との定期戦を行いました。オフェンスはなかなかリズムが作れず、ディフェンスも何度かドライブを許す場面がありました。結果的には22-7と勝利しましたが、まだまだ課題が残っています。今回の試合は多くの下級生が出場しましたが、その中から2年DBの畑中がレポートします。

===================
 今回の明治大学戦でディフェンスはタッチダウン0で6点以内、課題であるショートヤードを止めるという目標を掲げて試合に臨みました。ですが結果としてタッチダウン1本を奪われ、相手の力強いランでショートヤードを取られ何回も1st.Downを更新されました。また、個人としてはインターセプトを出来たことは良かったのですが、タックルミスや判断ミスが多々あり、改善すべき反省点がたくさん出た試合になりました。まだまだ自分は練習での取り組みが足りないという実感がありました。
 秋に立命、社会人に勝つ為には今回のような試合内容では絶対に勝てません。この試合の反省を活かし、まずは2週間後の関西大学戦に最善の準備をして臨みたいと思います。

DB #45 2年 畑中 皓貴

20170516_01.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 23:08| Comment(1) | 2017Season
この記事へのコメント
D#.
 2Q終了間際にギャンブルを3つ続けて決められTDを取られたのは悔しく、インターセプト3本&SF1本を奪ったことは嬉しく。
 出力がどんどん高まっていきますよう、その為には日々たゆまず心技体の鍛練に精進されますよう。

 関関戦を楽しみにしています。
Posted by Blue Blood at 2017年05月17日 11:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。