2017年05月25日

5月20日 JV戦・京都産業大学戦

 5月20日土曜日は第3フィールドにて今春最初のJV戦が行われました。Div.2の雄・京都産業大学を相手に77-0のスコアで勝利しました。今回の試合はこれまで出場機会の少なかった下級生が多く出場し、また今春入部した1年生の選手も出場した者がいました。アピールに成功した選手もいましたが、基本的な反則が目立つ場面もあり、各々に課題が出た試合でもあったと思います。今回のレポートはTDパスをキャッチした2年WRの山下喜史です。

====================
 慶應戦、日大戦、明治戦と、出場する機会がほとんどなく、私にとって今回が初めての試合で、不安や緊張もありましたが、この春やってきたファンダメンタルの部分をしっかり出して活躍して自分をアピールする、という気持ちで京都産業大学戦に挑みました。 
 今回の試合を振り返ってみると、タッチダウンを取ったという点は良かったと思います。ただ、試合全体を通してみると、基本的なキャッチミス、ブロックミスなど、練習で出てしまっているミスがそのまま試合に出てしまい、たくさん反省点がありました。この課題をしっかり潰して自分自身大きく成長していかなければ、これからの試合に出場し活躍することは難しいと思うので、日々の練習から細かい点にこだわり日々精進していきます。 
 関大戦やパナソニック戦に少しでも出場できるように練習を重ねていきたいと思いますので、これからもご声援のほどよろしくお願いいたします。

2年 WR 山下 喜史

20170525_01.JPG
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 12:26| Comment(0) | 2017Season
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。