2017年05月24日

5月19日 古武術の指導

 先週金曜日の5月19日、古武術の甲野善紀先生に第3フィールドにお越しいただき、練習前に古武術の指導をしていただきました。古武術におけるフットボールのブロックにつながる動きや、身体・筋力の使い方など細かく指導していただきました。

====================
 先日、古武術の達人である甲野先生が第3フィールドに来られ、身体の使い方や力の発揮を教えていただきました。
 先生によるレクチャーは圧巻のものばかりでした。例えばボクシングの長谷川穂積選手に「最も気配のないパンチ」と言わせたパンチは、止めようといくら思っていても全く防ぎようがありませんでした。さらには力自慢のライン陣が57kgの先生に押される姿は、計り知れない技術だと痛感させられました。
 先生の本当にすごいところは今もなお技術を追い求めているところです。68歳になられた先生が、「4日前に習得したばかりの技でまだ完璧ではない」と、武術を追い求めている姿が印象的でした。
 実際に動きながらのレクチャーがはじまると、部員はフットボールに応用しようと先生に積極的に聞きに行き、自分の技術にしようと必死でした。
 今回学んだ技術をフットボールの様々な場面で活かし、個人的にはタイトエンドのスターターというポジションを掴み取ります。そしてチームとしては社会人を倒して日本一という目標を達成できるよう尽力していきます。
 これからも春シーズン、秋シーズンと応援よろしくお願いします。

TE #96 3年 荒木 将太

20170524_01.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 22:45| Comment(0) | 2017Season
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。