2017年07月06日

6月26日〜7月2日 NEW ERA BOWL Week(3)

 今年が最後の大会となったNEW ERA BOWL。ゲームは7月2日に開催され、点の取り合いの末にFIGHTERSが所属するBLUE STARSが47-24でWHITE STARSを下しました。米国人選手も期待通りの好プレーで、最後のプレーはUNLV(ネバダ大学ラスベガス校)の選手によるインターセプトリターンタッチダウンで会場を沸かせました。NEW ERA BOWL Weekの最後のレポートは3年生DB横澤です。


====================
 今回のニューエラボウルは最後の大会ということもあり、最高のボウルゲームにしようという気持ちで練習から望んでいました。本場のアメリカの選手のレベルの高さを肌で感じながら、少しでも吸収して自分のものにしようと考えながら練習しました。今回の試合での目標はインターセプトを決めることでしたが、あまり良いプレーができず目標達成には至りませんでした。しかしチームは勝利することができたので良かったです。UNLVの選手たちや、同じ関西リーグのライバル達と同じフィールドで試合をすることができたことは貴重な経験でした。UNLVの選手たちは常に勝利に対して貪欲でした。練習中から負けることが大嫌いだ、試合は絶対に勝つ、と常に言っていたことが印象的です。私たちも彼らを見習って常に勝利を求める姿勢を前面に出していきたいです。
 この1週間の経験を今後の夏、秋へと繋げて、もっと強い集団に"Change"していきます。

DB #25 3年 横澤 良太

20170705_04.jpg

20170705_05.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 20:44| Comment(1) | 2017Season
この記事へのコメント
 ぼんやりとNEBを思い出していました。主に京滋地方の選手を配した相手に得るところはあったと思います。終わりの方で2本ほど取られてしまったけれども、大勢の決した、しかもお祭りボウルなので楽しくて良かったです。寧ろ、同じチームだった関大のQB8番RB43番やWR、それとKの活躍は結構気になりました。何より、外人選手の集中力には最後の最後まで感嘆させられました。
 さて、その後はトレーニング、と言いたいところですが、まずは定期試験。後々、より多くの時間を部活に充てられるよう、特に下級生の皆様はしっかり準備して下さい。嘗て最高のワイドユニットが培われたのは、学業が裏付けになった好例もあります。勿論、QB&WRに限ったことではありません。単位取得後は存分にフットボールに打ち込んで下さい。
 いつもどこからでも応援しています。

Posted by Blue Blood at 2017年07月09日 01:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。