2017年10月04日

10月1日 大森優斗OBの特集番組を見て

 10月1日日曜日のNHKニュースおはよう日本で、「がんと闘うアスリート」としてOBの大森優斗さんの特集が放送されました。
 2014年卒の大森さんは、大学時代DBとして下級生時から活躍し学生日本一3回に貢献。社会人・Xリーグでは選手としてアサヒビールシルバースターに所属し、2015年にはリーグベストイレブンに選出されていました。そのシーズン終了直後、右膝に骨肉腫が見つかり選手引退を余儀なくされ、2回の手術と12回に及ぶ抗がん剤治療を行ってがんと闘ってこられました。現在は仕事にも復帰され、フットボールではコーチとして活躍されています。
 今回この番組では、大森さんが闘病生活中にTwitterで出会われた元Jリーガーで同じ骨肉腫になり現役を引退された塚本泰史さんと共に富士山に挑戦する姿が紹介されていました。
 私は昨年の春、イヤーブックの制作の過程で、Xリーグで活躍する卒業生の活躍の特集記事のため、大森さんにお会いして取材させていただきました。取材時には病気のことは一切知らず、大森さんも何もないかのように取材に応じていただきました。その時の大森さんの「出来ないことをするのではなく、今、出来ること、1日出来ることを考えて、それに対して全力でやってほしい」という言葉が印象に残っております。私が大森さんのご病気のことを知ったのはイヤーブックの完成が近づいた夏ごろでしたが、その時に私は大森さんの言葉を思い返し、1日1日大事にし後悔しないために考えて過ごさないといけないと改めて強く思いました。
 今回の番組の中の、大森さんが7合目で大塚さんに「前向きな姿勢がなくなってしまい、うつ病になるという時もあります」と相談し、大塚さんが「目標があるから前向きになれる」と返された会話のシーンが、私の中で印象に残りました。富士山登頂後、大森さんの1つずつ目標に対して前向きに取り組んでいる姿を見て、私自身も1日1日小さいことでも前向きに考えて何事にも全力で取り組んで生きていきたいと思いました。そして今のFIGHTERSは、日本一という目標に対して部員一人ひとりが1日1日出来ること考えて、それに対して全力で取り組み、日々成長していく集団になって、日本一を勝ち取りたいと思います。

マネージャー 4年 山本 大樹

◆NHK NEWS WEB 特集ページ
http://www3.nhk.or.jp/news/web_tokushu/2017_1006_2.html?utm_int=news_contents_news-closeup_003

◆NHKニュース・報道番組特集ダイジェスト
http://www.nhk.or.jp/ohayou/digest/2017/10/1001.html

20171004_01.jpg
※写真は大森優斗OBのFacebookの投稿より借用
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 22:17| Comment(0) | 2017Season
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。