2018年03月08日

2月18日〜24日 春季一次合宿

 報告が遅くなりましたが、2月18日〜24日までの6日間、主に関西学院千刈キャンプ場において春季一次合宿を行いました。いつもとは違う環境でそれぞれの課題と向き合いつつ、日中はトレーニング中心の練習に取り組み、夜はミーティングで自身の目標、それを達成するための方法や心構えについて話し合いました。
 今回はトレーナーでストレングスを担当している潮博史がレポートします。

 昨年の甲子園ボウルでの敗戦から2ヶ月以上経ちました。敗戦した瞬間の光景、目標としていた社会人と戦うこともできず、ライスボウルをただテレビで観戦することしかできなかった悔しさを私は忘れることはできません。
 今回の春季一次合宿のコンセプトは「覚悟」でした。覚悟を決めるというのは、ただ闇雲に頑張ることではなく、自分やチームの目標を達成するうえで、克服しなければならない課題と真摯に向き合い、主体的に行動することであると私は考えます。
 今回の合宿での取り組みは「社会人を倒して日本一」というチームの目標を達成するにはまだまだ足りないものであったと思います。しかし、リーダーシップを発揮する新3年生、自分の殻を破り、存在感を現し始めた新2年生が出てきたことはチームにとって大きな収穫となりました。
 初戦まで2ヶ月を切りました。選手、スタッフ全員が「覚悟」を決め、日々過ごしてまいります。応援よろしくお願いいたします。

トレーナー 新4年 潮 博史

20180308_01.JPG

20180308_02.JPG
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 17:54| Comment(1) | 2018Season
この記事へのコメント
甲子園ボウルの悔しさを胸に、秋まで怪我のないように、頑張ってください。応援しています。
Posted by 國重俊明 at 2018年03月09日 18:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。