2018年07月21日

7月14日〜22日 U19世界選手権大会(3)

 第5回IFAFアメリカンフットボールU-19世界選手権大会、日本代表は第2戦目でランキング1位のカナダ代表と対戦しました。今回はWRとして日本代表に参加している鏡味からのレポートです。

====================
 初戦は残念な結果になってしまいましたが、下を向く暇もなく、2戦目のカナダ戦に向けて前向きに準備を始めました。カナダは前回王者でもあり、体がすごく大きく、非常にタフな試合になることは分かっていましたが、日本のフットボールをきっちりと遂行することができれば、勝機は十分にあると考えていました。
 しかし、残念ながらカナダ戦も惜しくも22-28のスコアで敗れてしまいました。相手の身長の高さや手足の長さに苦戦しましたが、最終的にはTD1本差にまで迫り、日本のフットボールを世界に証明できたとは思います。
 試合以外では、同じホテルにアメリカ、スウェーデン、オーストラリアの代表チームが宿泊しています。アメリカやスウェーデンの代表選手とウェアを交換したり、オーストラリア代表の選手とは一緒にレストランで軽食をとったりして、フィールド上では敵ですが、ホテルなどでは同じフットボールをする仲間でもあり、とても有意義な時間を過ごすことができ刺激を受けました。
 いよいよ残すところ1試合になりましたが、今までやって来たことを出し切って、勝利し、胸を張って日本に帰れるように頑張ります。応援よろしくお願いします。

WR 1年 鏡味 巧磨(同志社国際高校出身)

20180721_01.jpg

20180721_02.JPG

※写真提供:IFAFおよびJAFA
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 23:11| Comment(0) | 2018Season
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。