2018年12月31日

12月31日 2018年を振り返って

 2018年最後の上ヶ原通信です。2018年FIGHTERS最後の試合を前に、4年生にこの一年を振り返ってもらいました。

====================
 昨年の12月、甲子園ボウルで日本大学に負け、観客席から「2位は最下位と同じ」という声が聞こえました。とても悔しい思いを持って今年のチームが始まりました。
 春シーズンは日本体育大学戦の敗戦や主力メンバーの怪我などから心身共に弱いチームでした。1年を通して例年よりユニット形式の練習よりも基礎練習やパート単位での練習に多くの時間を割きました。
 リーグ戦が始まり、得点差だけ見れば順調に進んでいたが、下位校と比べても実力にたいした差はありませんでした。Varsity、JVチーム関係なく全員が上手くならなければ勝ち進んでいけないと感じました。リーグ後半戦は苦しい試合展開となりましがなんとかリーグ優勝を果たし、西日本代表決定戦での立命館大学戦は終始相手のペースで試合が進みましたが、チーム全員が諦めずに戦い、ラスト2秒で逆転することができました。
甲子園ボウルの早稲田大学戦は2年生の奥野、三宅、海崎、高木などの下級生の活躍があり、そこに光藤、中村、齋藤など4年生が意地を見せ、全員の力で学生日本一を達成することができました。
 ファイターズを応援してくださっている皆様のおかげで苦しい試合も乗り越えられたと感じています。本当にありがとうございます。
 次のライスボウルが2018年光藤FIGHTERSの本当に最後の試合になりました。東京ドームでもあの熱い応援をよろしくお願いいたします!

DL #90 4年 三笠 大輔

20181231_01.jpeg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 23:21| Comment(0) | 2018Season
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。