2019年08月11日

8月8日〜18日 夏季強化合宿(2)

 合宿も前半が終わろうとしています。上ケ原ほどではないですが、例年よりも暑く感じる中で練習を行っています。合宿ではVarsityチームとJunior Varsity(JV)チームに分かれて練習しています。今回はJVチームの練習についてのレポートです。

====================
 練習の舞台を上ケ原の第3フィールドから鉢伏のグラウンドに変えたことで環境が大きく変わりました。
 夏合宿では「今までの自分を変える」「成長する機会」と言われることがよくありますが、ここに来たからといってそれだけで変われるわけではありません。そんな簡単にできるならば、今までに既に変わることができているはずです。
 つまり私が言いたいことは、自分を変えることができるのは自分だけであり、夏合宿という環境ではないということです。それぞれが自分自身と向き合った時に自分の成長を楽しむことができると私は思っています。
 とは言うものの、普段の日常とは全く環境が違う夏合宿です。食事の時も寝る時もミーティングの時もそして練習の時も、24時間仲間と同じ時間を過ごします。その中で仲間から刺激を貰うこともあり、普段の自分を見つめ直しやすい環境だと思います。そのような意味で、夏合宿は自分を変え、成長させやすいチャンスだと思います。
 この成長のチャンスを生かすのか、無駄にしてしまうのか。全て自分の選択にかかっています。そのことを部員一人一人に問いかけていきたいと思っています。

DB 4年 久下 裕紀雄

20190811_01.jpg

20190811_02.jpg

20190811_03.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 18:18| Comment(1) | 2019Season
この記事へのコメント
High self-consciousness.実務的な面では、タフな日程に準備する必要があるかも知れません。が、昨季と同じ過程を経て聖地へ、と信じます。それでも先代エースRB#34がWJBで負傷退場したのも苦い経験。要は、2nd3rd stringsが鍵を握っています。妥協せずに邁進して下さい。
Posted by Blue Blood at 2019年08月12日 11:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。