2019年11月28日

12月1日 西日本代表校決定戦に向けて

 リーグ最終節での敗戦から早くも2試合を経て、いよいよ今週末、西日本代表校決定戦・ウェスタンジャパンボウルに臨みます。2019年ファイターズの大一番。決戦を前に主将の寺岡芳樹が意気込みを語ります。

====================
 前回私達は立命館大学に7-18で敗れました。シーズンが始まる前から立命戦のために準備してきた私達にとってこの結果は1年の取り組みが否定される形になりました。
 敗戦の要因を考えると一番大きかったのは腹のくくり方の違いだったと感じます。過去3年間の負けを知っていて、かつ一度負けて後が無い立命は全力でぶつかってきました。それに対して私達は負けてはいけない、失敗してはいけないという感情の中で試合に臨んでしまいました。
 あの敗戦から2週間が過ぎ、これまでの行動を全て変える覚悟で毎日の練習に取り組んでいます。日程はタイトでしたが西南学院大学と神戸大学と戦う中で私達は2校からたくさん学ばせていただきました。この2試合、2週間の経験、そして2週間前に立命に負けた悔しさは私達にしかありません。12月1日に立命にリベンジを果たすために常に立命のこと考え、勝つためにできることを全てやり抜きます。
 最後になりましたが毎試合たくさんのご声援を送って下さり、ありがとうございます。次の試合は私達と一緒にスタジアムを今シーズン最大のBLUEOUTをしましょう。ご声援のほど、よろしくお願いいたします。

主将 DL #52 4年 寺岡 芳樹

20191128_01.jpg

20191129_02.jpg

20191129_03.jpg

20191129_04.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 14:25| Comment(1) | 2019Season
この記事へのコメント
西南学院大学と神戸大学からたくさん学ばせて頂いた。関学らしい言葉です。過度な謙虚さも横暴さも不要。同じ1敗、引け目や臆する気持ちも要りません。ありのままの姿で闘いましょう。ありのままとは、普段、鍛練しているままです。聖地が懸かっているので、普段通りは難しい点もあるでしょうが、1プレイに集中することで、或る域に達するゲームを幾度となく観てきました。段々1つになってきているのは、肌で感じます。
任せた、FIGHTERS!
Posted by Blue Blood at 2019年11月28日 18:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。