2021年11月10日

11月14日 立命館大学戦に向けて

 新型コロナウイルスの影響で、8チームを半分に分ける形でのリーグ戦として開催した今年の関西学生アメリカンフットボールリーグDiv.1。1戦目の同志社大学戦、2戦目の京都大学戦を勝ち進み、春に敗北した関西大学との3戦目も雪辱を果たして乗り越えてきました。そして今週末、永遠のライバル校である立命館大学とリーグ決勝という舞台で戦います。“I WILL”という目標を掲げ4月から積み重ねてきたものを全力で出し切りたいと思います。
 決勝を前に、2年QB鎌田陽大が意気込みを語ります。

====================
 いよいよ立命館大学戦です。日本一になるには必ず倒さなければならない相手です。
 今シーズンも昨シーズンと同様、自粛期間が長かったですが、限られた時間で最善の取り組みをしてきました。しかし、リーグ戦では、3試合とも勝利したものの、初歩的なミスが目立ち、勝つべくして勝ったとは言えない内容でした。
 これまで、スローガンの「I will」を掲げて「自分がやる」という気持ちを持ち練習に取り組んできました。しんどい時こそ仲間同士で声を掛け合い切磋琢磨してきました。その成果を見せる時がきました。全ての準備をやり切って試合を迎え、全てをぶつけます。
 有観客の試合ということで、私たちの1プレーにかける思いを見ていただきたいです。
 勝つべくして勝ったと胸を張って言えるような試合にすべく、全力で挑みますので応援よろしくお願いいたします。

#15 QB 2年 鎌田 陽大

20211110_01.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 20:38| Comment(1) | 2021Season
この記事へのコメント
先輩後輩、経歴、サラサラ関係なし。ずっと見てきて、ずっとそうである風通しのよさがKGの特長の1つです。奥野君級の判断力、決定力は未だ求めません。勝ちに導けば、それでよし。控えに回ったQBの分まで。
Posted by Blue Blood at 2021年11月11日 14:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。