2022年04月20日

4月12日 春季シーズン開始に当たっての祈り

 4月12日、春季シーズンを始めるにあたりお祈りをする場をチーム全員で持ちました。副部長の打樋先生の聖書の言葉とお祈りに耳を傾け、今練習ができていることに感謝し、気持ちを新たにしました。副将の山本昌弥から報告します。

====================
 今回打樋先生が選んで読まれたルカによる福音書16章10節の言葉から学んだことは、細部に至るまでこだわれる者は、大きな物事に対してもこだわることができることです。 2022年度のファイターズは日本一を目指し活動しています。先の見えない大きな目標を達成するには、日々の練習をこだわることが必要です。チーム全体として「DRIVE」を掲げ、自分の決意・覚悟を最後まで徹底して貫くことを目指しています。自分で決めたことを、細部までこだわり続け、全員で日本一を成し遂げます。
 1年の約4分の1が過ぎ、各個人の目標設定が明確になってきました。4月からの春シーズンは、各々が立てた目標に向けていかにフットボールの専門的なスキルの向上に繋げられるかが鍵になってきます。そして、9月から始まる秋シーズンは、個人の目標達成ができるかどうかで勝敗の行方が変わってきます。
 今年日本一になるためにチーム全員が一丸となり、「DRIVE」を体現します。学年関係なく、自分の決意を貫き続けることで、小さなことから、大きなことまでこだわれる組織を目指します。
 コロナウイルスの影響は続いていますが、今年も日本一に向けて邁進していきますので、応援よろしくお願い致します。

副将 DB #24 4年 山本 昌弥

20220420_01.jpg

20220420_02.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 20:39| Comment(0) | 2022Season
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。