2010年05月13日

5月8日日大戦の裏では…

 5月8日、遠征組が日大と戦っている中、上ヶ原では居残りメンバーがそれに負けじと練習をしました。
=====================
 今回は主に、フレッシュマンメインの練習。練習が始まる前にみんなで元気よく、お互いに指摘し合い、そして集散をしっかりしようと心掛けて練習に励みました。フレッシュマン全員で行う練習は、初めてで覚えることも多く、戸惑ってしまった部分もあったと思いますが、なんとか練習を終えることが出来ました。彼らも、自分自身の課題がいつも以上に見え、上級生にたくさん教えてもらうことが出来、充実した練習が行えたのではないでしょうか。
 しかし、練習を終えて思うことは、まだまだ元気が出せるということ、フレッシュマン同士で指摘し合うこと、そして集散をしっかりしてより良い練習にして行かなくてはならないということです。上級生が少ない時にこそ、普段の練習でも人数が少ない時にこそ、一人一人が前に出てきてレベルアップし上手くなって行かなくてはいけません。これからフレッシュマンはほとんど上級生に混じり、勝負もののメニューやプレーを行っていくことになりますが、1つ1つのメニューやプレーをただこなすのでなく、本気でぶつかって行って欲しいと思います。これらは最近幹部が言っていること、1年のうちから、これを心掛けてくれたら毎日の練習に臨む気持ちが変わるのではないでしょうか。上級生に負けないぐらいの存在感を1年生が出してくれたら、必ずチームの底上げに繋がります。
4年 MGR 柴田 奈美
====================

 実際にフレッシュマン本人にも練習のことを聞いてみました。
====================
 こんにちは。関西大倉高校出身の野々垣です。
 今回のフレッシュマンメインの練習では、基礎を確実に吸収することを目標にグランドに向かいました。ヒットに関しては、体重の乗せ方や脳震盪を防ぐ為に首を固めるブルネックの大切さ、手をしっかり張ることなど、多くの事を教えてもらいました。RBに求められるディフェンスを交わすカットバックについても、高度な技術を上級生より指導していただき改めて大学のレベルの高さを実感しました。 
 これからは、DBやLBとの1対1の練習を通して、鋭いカットバックを身につけて行きたいと思います。また、パスプロテクション、LBの流し方、OLのブロックの仕方、そしてRBの走るコースを覚えることに多くの戸惑いがありますが、精進あるのみだと思います。今後はボディバランス、スピードに磨きをかけ、上級生の練習に進んで参加し、タイミングや周囲の変化を一瞬にして読み取る広い視野を身につけていきたいと思います。

1年 RB 野々垣 祐輝
====================
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 06:36| Comment(0) | 2010Season
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。