2011年04月17日

4月5日、9日安全講習会

 今回は「安全への取り組み」の一環として行われた安全講習会についてとりあげます。
 安全講習会は、4月5日にスタッフ向けの講習会が、そして9日には選手に向けての講習会が開かれました。

====================
 こんにちは。2年アナライジングスタッフ(AS)の山田建治です。
 4月5日にファイターズのトレーナーにより救命講習会が行われました。アメリカンフットボールはどこのポジション、どんなシチュエーションでも命に関わる怪我をするか分からないので、必ずしもトレーナーいつもすぐそばにいるとは限りません。それゆえ、ASや中高のコーチを含めスタッフ全員を対象に行われました。
 講習を受けた後、自分が「1人のAS」である以前に「1人のスタッフ」であると強く感じました。1人のスタッフとして頼られる存在にならなければ、と思うと同時に、講習会で学んだことを生かす機会が来ないことを切実に願い、チーム全体で安全を意識していかなければならないと感じました。

20110417_2.jpg

2年 アナライジングスタッフ 山田建治

====================
 2年トレーナーの若命大貴です。
 4月9日に選手を対象にした安全講習会が行われました。
 小野コーチが講師をするこの会は、頭部、頸部の重篤事故を防ぐため行われています。そして「安全に、強く」を標語に掲げて日本一を目指すこと、選手の生命の安全を勝利よりも優先することの再確認をしました。
 具体的には頭部、頸部外傷が起こるメカニズムや実際に小野コーチの身の回りで起きた事例を挙げ、部員にこれらの危険性を伝えると共に、怪我を予防するために正しいヒット技術や首周りのトレーニングなどが伝えられました。
 トレーナーの私の役割として、選手に「安全に強く」というFIGHTERSの標語、そしてそれが持つ意味を選手に対して喚起し続け、日本一という目標を目指したいと思います。

20110417_1.jpg

2年 トレーナー(メディカル担当) 若命 大貴
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 23:26| Comment(0) | 2011Season
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。