2011年05月27日

5月22日瀬戸大橋ドリームボウル 京都大学戦

 今回は5月22日(日)に岡山県のカンコ―スタジアムで行われました「第25回記念瀬戸大橋ドリームボウル」関京戦 in 岡山の内容をリポートさせてもらいます。このボウルゲームは岡山で例年この時期に行われていますが、今回第25回の記念大会ということで、京都大学と関西学院大学が招待されました。
 当日の天気は雨予報だったのですが、昼からは晴れて試合をするには恵まれた天候でした。スタジアムも素晴らしく、このような場所でフットボールをさせて頂いたことを、岡山アメリカンフットボール連盟の方々、岡山大学をはじめとした地元チームの皆様に感謝しています。ありがとうございました。
 この日は、最優秀選手賞に#18の畑、ファイティングスピリッツアワードに#90の梶原が受賞しました。その内容もYou Tubeにも掲載させてもらいますのでぜひ見てください。
 さて、今回リポートしてくれるのは、初のビッグゲームで76ヤードのロングパスTDを決めたWRの梅本です。

====================
 はじめまして。2年生でWRの梅本です。
 この試合は自分にとって初の関京戦でした。京都大学の低く鋭いタックルは、脅威を覚えました。先輩達でさえ苦戦している姿が見え、京大魂を肌で感じました。練習からずっと「相手を意識して練習しろ」と言われていますが、それができていなかった結果が今回の試合に出てしまったと思います。秋にはさらに激しい試合になると思いますが、自分も含め皆が当り負けしないよう日頃から意識していきたいと思います。

20110527_1.jpg

2年生 WR 梅本 裕之
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 22:33| Comment(0) | 2011Season
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。