2011年06月29日

6月25日西南学院大学戦

 今回は、先週末の西南学院大学とのJV戦についてお届けします。
 短い梅雨が明け、夏を感じさせるような暑さでした。そんな天気の中でも西南学院大学は士気が高く、最後の最後まで関学はプレッシャーを与えてられていて、とても新鮮さを感じることのできるゲームとなったと思います。試合内容については、4年RBの林にレポートしてもらいます。

====================
 こんにちは。RBの林将大です。
 試合当日は炎天下の中での試合になりましたが、たくさんの方々に第3フィールドへ足を運んで頂きありがとうございました。
 試合としては勝ちましたが、オフェンスは勝負所での反則、1対1での負け、ディフェンス、キッキングでもタックルミス、ファンダメンタルのミスなどが出てしまいました。個人的にも試合の流れを変えるビックプレーをすることができず、悔しかったです。
 また、西南学院大学は、フィールドの中にいる選手はもちろん、サイドラインにいるメンバーも含めたチーム全体が一体となって我々に向かってきているのを感じました。対する我々のことを見つめなおすと、決して胸を張れる状態ではなく、1番の反省だと感じます。
 春シーズンも残すところあと一試合となりました。この試合で出た反省を全員でしっかり見つめ直し、秋シーズンに繋げられるよう取り組みます。次の試合、また秋シーズンもファイターズの応援よろしくお願いします。

20110629_01.jpg

4年 RB 林 将大
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 23:18| Comment(0) | 2011Season
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。