2011年11月24日

11月24日立命館大学戦への決意

 こんにちは、主将の松岡正樹です。
 いよいよ今週末は立命館大学戦。このチームには3年前の1年次、そして昨年の3年次と悔しい思いをさせられてきました。何がなんでも日本一を掴み取ると決めてこのチームはスタートした以上、いくら相手が強大であろうと必ず倒してみせます。今思い返せば、ここまでくるのに本当に素晴らしい経験を積ませていただくことができました。この経験全てに感謝をし、立命館大学戦に臨みたいと思います。

ファンの皆様、OB/OGの皆様
 いつも本当に厚いご支援、熱いご声援ありがとうございます。毎日感謝の思いを噛み締めながらフットボールをさせていただいています。聖地・甲子園、ライスを必ず突破し日本一になるために全力で、自分の全てを、このチーム全てをかけて立命館大学に挑みます。僕らの生き様見ていてください。応援よろしくお願いいたします!

2011年度主将 #7 RB 松岡 正樹

20111124_1.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 23:50| Comment(2) | 2011Season
この記事へのコメント
君たちはもはや伝統という名の上に胡坐をかけるような王者ではなく、「挑戦者」です。
決して「負けられない」といった“受身”の気持ちで戦うのではなく、「勝ちたい」という貪欲な心持ちで、全員の力で「戦士=Fighter」として“挑んで”下さい。
その「生き様」を遠方より拝見させていただきます。
Posted by 遠くから Fight On! at 2011年11月26日 14:59
松岡君はじめFIGHTERSの皆さん、関西制覇おめでとうございます。
twitterを追っていただけでしたが、皆さん全員の気持ちが、これまでの努力が、ビシビシと伝わってくるような試合経過だったように思われます。
「これぞ FIGHTERS」といった勝ち方だったような気がします。
伝統という名の上に胡坐をかいていける時代はとうに過ぎてしまったかもしれませんが、“FIGHTERSらしさ”という伝統は引き継いでいくべきものだと改めて感じさせられました。
本当に皆さんは素晴らしい。
西日本、甲子園にも全く同じ気持ち―すなわちただひたすら「勝ちたい」という気持ち―で臨んで、FIGHTERSらしさを見せつけて下さい。
先ずは、関西リーグ優勝、本当におめでとうございます。
Posted by 遠くから Fight On ! at 2011年11月28日 01:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。