2013年06月21日

6月9日パナソニック戦

更新が大変遅くなってしまいました。申し訳ございません。神戸ボウルはVarsity Teamの最後のゲーム、社会人チームのパナソニックインパルスに挑みましたが、8-24で敗れる結果となりました。副将のOL友國に試合とともに春シーズン全般を振り返ってもらいます。

====================
 副将の友國です。
 春の集大成としてパナソニック戦を迎えましたが、結果としては8対24で負けました。
 敗因としては、攻め切れなさ、それに尽きると思います。前半ではオフェンスは一度しかファーストダウンを更新出来ず、常にディフェンスに苦しい立場を与えてしまいました。キッキングでも同じようにブロックされてしまい春の反省を生かしきれていませんでした。ディフェンスもFGで抑えられるシチュエーションをタックル出来ずにタッチダウンまでもっていかれてしまいました。
 春の集大成として望んでいましたが、結局はどの試合でも同じような反省をしていました。練習の時から試合の反省を生かそうとしていたのか、試合と同じようなプレーができているのか、またやらせてあげられているのか。チームとしてそういった姿勢がまだまだ足りていないと思います。
 この試合でVのメンバーでやる試合は終わりました。このトレーニング期、そして夏の間に劇的な変化を起こさないと、秋リーグでも勝つことはできません。学生三連覇、そして社会人を倒して日本一という目標をもう一度考え直し、個人の中で落とし込まなければなりません。
 またスローガンである「ALL for ONE」を全員が本当に体現できるのか、しようとしているか、そこにも勝負はかかってきます。真に日本一だけを貪欲に目指す集団に変わります。
 これからも応援よろしくお願いします。

副将 OL #79 4年 友國 詢

20130622_01.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 22:40| Comment(0) | 2013Season
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。