2013年10月29日

10月27日京都大学戦

 10月27日(日)は関京戦。長居・キンチョウスタジアムでの試合は2005年以来だったそうですが、台風も過ぎ去り良いコンディションの中で試合が出来ました。相手の秘策に揺さぶられそうになった場面もありましたが、インターセプトなどディフェンスが要所を締めて、勝利を手にしました。今回は活躍を見せたDB陣から4年・大森にレポートしてもらいます。

====================
 毎回あたたかいご声援ありがとうございます。14番DBの大森です。
 秋シーズン初めてのビッグゲーム。京都大学は選手一人一人が強い気持ちを持って戦ってくるチームで非常に手強い相手でした。
 結果は28−0。ディフェンスは毎回完封を課題として取り組んできたので、0点で抑えれたのは非常に良かったと思います。私自身も京大オフェンスのスペシャルプレー成功で流れが悪くなっているところで、インターセプトをして流れを断ち切れたのは非常に良かったです。しかし、タックルミスやアサイメントのずれなど、気迫で勝る京大に押されてしまうシーンもあり、課題も残りました。
 次節に対戦する関西大学は、アスリートぞろいで非常に強いチームです。関西大学戦に向けてしっかりと取り組みます。必ず勝ちますので、応援よろしくおねがいします。

DB No.14 4年 大森 優斗

20131029_01.JPG
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 22:21| Comment(0) | 2013Season
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。