2013年12月03日

12月1日名城大学戦

 12月1日は王子スタジアムで全日本大学選手権・西日本代表校決定戦が行われました。昨年と同じ東海代表の名城大学との試合は34−14で勝利し、3年連続48回目の甲子園ボウル出場が決まりました。
 今回は3年WRの木戸にレポートしてもらいます。

====================
 今回は名城大学との試合でした。名城大学のコーチが僕の叔父であるということもあり、試合を楽しみにしていましたが、一方で立命館大学戦から1週間と言う準備期間が短い状況でもありました。
 結果としては勝つことができましたが、反則やミスが目立ち、内容としては良くなかったです。序盤はオフェンス、ディフェンス共に自分たちのプレーをすることができていませんでした。僕自身もタッチダウンをとることができたのは良かった点ではありましたが、最低限の仕事しかできていなかったように思います。立命戦ではオフェンスの得点力不足が課題として残りましたが、今回の試合も同様になかなか得点をとることができませんでした。
 しかし僕たちは幸いにも次の試合に進むことができました。甲子園ボウルではこの2試合分の悔しさもすべてぶつけたいと思います。そして、僕自身もボールセキュリティはしっかりしつつ思い切ってプレーをし、ビッグプレーを起こせるよう練習に励みます。

3年 WR #88 木戸 崇斗

20131203_01.JPG
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 08:41| Comment(0) | 2013Season
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。