2013年12月16日

12月15日甲子園ボウル

 12月15日に阪神甲子園球場で行われた学生日本一を決める試合「甲子園ボウル」では、日本大学に23-9で勝利することができました。たくさんのファンの方たちの声援は私たちの大きな力となりました。26回目の優勝を飾るとともに、3年連続でライスボウルへと進むことができます。残りの3週間弱、日本一になるために精一杯準備をして挑みたいと思います。変わらぬご声援をお願いします。
 今回はレシーバーとして活躍を見せた2年WRの木下豪大にレポートしてもらいます。

====================
 リーグ最終節ではライバルである立命館大学に対して点数を取れなかったことは、オフェンスとして非常に悔やまれることであった。しかし、次へと進むことができる以上、全力をつくさなければならないと思い練習に取り組んだ。西日本代表決定戦の名城戦でも、思うようにオフェンスは通らず個人個人が不甲斐ない思いをしたはずだ。
 名城戦から甲子園までの二週間の練習は非常に濃度の濃い内容であったと思う。日本大学のディフェンスの選手のフィジカルの強さに驚きつつも、プレーを通す糸口を見つけ取り組み続けた。しかし結果としてオフェンスは目標である3タッチダウンを決めることが出来なかった。23点取ることが出来たが、要所でタッチダウンを取れなかったことがオフェンスの課題となってくると思う。
 個人的には今回の試合ではパスを6回キャッチをしたが、特別にすごいプレーをしたわけではなく無難にこなしただけというのが自分のプレーへの感想だ。能力の高い先輩方が多い中、無難なプレーをしていても前に出ることはできないし何より、次に当たる社会人には通用しないと思う。
 もう一度今回の試合の反省をしっかりと出して、ファンダメンタルなど、一から見直してライスボウルにのぞみたいと思います。

#85 WR 2年 木下 豪大

20131216_02.JPG
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 23:39| Comment(1) | 2013Season
この記事へのコメント
 この謙虚さ&貪欲さ!!今季FIGHTERSの強さは飽くなき成長力です。ライスボウルでもAll for One!
Posted by Blue Blood at 2013年12月17日 17:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。