2016年08月17日

8月10日〜18日 夏季強化合宿2016E

 夏合宿も午前午後フルに使っての練習は最後となりました。合宿前に掲げた目標にいかに取り組み、一人一人がどこまでスキル、ハートのレベルアップに繋げられたか。チームとして目指しているレベルまで成長できているのか。今回のレポートはDL3年の藤木秀介です。

====================
 今年の8泊9日の合宿では、部員一人一人が「自分がやる」という気持ちを持って、決して受け身になることなく自分から様々なことを掴みに行くということを、練習一つ一つはもちろんのこと、日常生活のモラルなども含めて高いレベルで求め、日本一のチームになることを掲げた合宿でした。
 練習において気持ちを出すことは当たり前であり、それはどんなチームでもできることです。その上で大事なことは自分の本当に勝ちたいという気持ちを出しながら、我々が大切にしているファンダメンタルや、練習までに積み重ねるミーティングにおいて戦術やプレーの意図をつめきることにあります。そして、日常生活のふとした気の抜けた行動もグランドにおいてのプレーにあらわれるということが分かりました。
 これらの事を全て踏まえて、成果も課題も上ヶ原へと持ち帰り、夏休み期間という一日中フットボールに取り組むことのできる期間をフルに使って、あと2週間をきった初戦、そしてその先の立命館、社会人への戦いに向けて、心身共にタフになり、すべての面で徹底的な準備をしていこうと思います。

DL #58 3年 藤木 秀介

20160817_04.JPG

20160817_01.JPG

20160817_02.JPG 20160817_03.JPG
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 23:29| Comment(0) | 2016Season

2016年08月15日

8月10日〜18日 夏季強化合宿D

 合宿は後半に入りました。今年は例年になく1年生が多いですが、彼らがどれだけ成長していくかで、チーム力が大きく変わってきます。今回はその1年生による合宿レポートをお届けします。

====================
 入部して4カ月以上が過ぎ、夏合宿で初めてチームで24時間過ごす機会が与えられました。チームメイトとはいえ、一日中一緒にいることはなかったので新鮮な事が多くありました。同じチームで戦う仲間の考えが知れることは自分にとっても刺激になりました。互いに意思を交わすことを考え、すり合わせていくことでチームとして1つの意思が生まれると実感しました。自分の身近なRB1年生でさえ考えている事が違ったり、勘違いしている事があります。多くの人数がいる中で全員がチームとして一つになることは、長い時間をかけなければなりません。残りの合宿の時間で意思をすり合わせていくことが大事だと思います。また高校の時の合宿と比べて人数が多い大学FIGHTERSでは、200人を超える人数になると1人1人の責任がより問われることになります。この合宿の経験を生かし、自ら行動してこの先も強くなっていきたいと思います。

RB 1年 八瀬 慶人(関西学院高等部出身)

20160815_01.JPG 20160815_02.JPG

20160815_03.JPG
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 23:42| Comment(0) | 2016Season

2016年08月14日

8月10日〜18日 夏季強化合宿C

 合宿も中日(なかび)を迎え、折り返し地点となりました。この日はオフェンスやディフェンスの練習は行わず、キッキングに集中して取り組みました。今回はSNP(スナッパー)の鈴木からレポートをお届けします。

====================
 今日はキッキングの練習を行いました。合宿も中日で疲れが溜まってきている中ではありましたが、集中して取り組むことが出来ました。
 去年の立命館大学戦では、キッキングでミスを連発してしまい、相手にモメンタムを渡してしまった結果、立命館大学に敗戦しました。そのようなミスを起こさないよう、そして逆に自分たちがモメンタムを引き寄せられるよう、今年はどのキッキングユニットもリーダーを中心として、危機感を持って練習に取り組んでいます。
 キッキングはプレー数が少ないため、目の前の1Playで結果を出すことが求められています。そのため、自分がやってやるという強い気持ちを持つ選手が出てくることが必要になります。本日の練習では、そのような選手にとって格好のアピールチャンスとなりました。
 今年こそ、キッキングで勝つために、これからも練習に取り組んでいきたいと思います。

SNP #67 2年 鈴木 邦友

20160814_01.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 22:09| Comment(0) | 2016Season

2016年08月13日

8月10〜18日 夏季強化合宿2016B

 合宿も中盤に入り、選手たちにも疲れが見え始め、ケガや体調不良などによってリタイアする人も出てきます。しかしトータルで成果を出すためには合宿のメニューをやりきって成長を遂げるメンバーをできる限り多くしなければなりません。そのためにトレーナーは選手たちの体調管理とケガの予防・対応を行って、選手たちをフィールドへ送り出しています。

====================
 合宿4日目を終え、選手の体に疲労が蓄積する中で、合宿後半にむけてさらにケガ、体調に気を配ることが必要になってきます。昨年は関西リーグで立命館大学に敗れましたが、その要因の一つとしてケガの多さがありました。そのためトレーナーとして、秋シーズンのビッグゲームをフルメンバーで試合に臨めるようにすることを目標とし、立命館、そして社会人を倒すために日々取り組んでいます。合宿では、練習量が増え選手の体に疲労が蓄積しやすいため、普段以上に入念にケアを行わせています。また練習中、選手に気持ちが入るため、行き過ぎたプレーや、サイドラインを守らず前に出る選手がいるなど、危険なシチュエーションが絶えません。これから合宿後半に入り、ますますヒートアップしていきますが、選手の体のケア、練習中の安全管理を上ヶ原での練習以上に徹底し、ケガ人を出さない環境を全力で作っていきます。

トレーナー 4年 足立 喬

20160813_02.jpg

20160813_01.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 22:30| Comment(0) | 2016Season

2016年08月12日

8月10〜18日 夏季強化合宿2016A

 合宿は3日目を終えました。西宮より涼しいとはいえ午前午後ともに暑い中、部員たちはこの夏合宿でそれぞれの課題を克服するべく練習を積み重ねています。夏合宿2回目のレポートはOL3年の井若からです。

====================
 合宿も3日間を終えましたが、これまでを振り返って、なんのために練習しているのか、本当に勝つための練習になっているか、何をしたら勝つことに近づくのか、という部分をチーム全体で共有できているのかが課題です。オフェンス、ディフェンス、キッキングが上手くいかない時に誰が流れを変えようとしていたか、まだまだ自責ではなく他責になっています。誰かがやるのではなく、自分がやる、自分が流れを作ってチームを助ける、という強い気持ちが必要だと思います。
 今チームに一番必要なのは自分で行動を起こすことです。下級生であってもVチームにいる以上、チームを背負う責任があります。上級生はチームを背負う責任はもちろん、下級生が思い切ってプレー出来るように準備をさせる責任があります。すべて立命館に勝つ基準で取り組まなけばなりません。昨日と今日で自分は変われたか、午前と午後で変われたか、練習を止めてでも流れを変えさせようとできるか、自分が勝たせると思って取り組んでいるか。4年生を中心に全員が同じ基準で求め続けなければならないと思います。これらを踏まえた上でチーム、オフェンス・ディフェンス・キッキングで残りの日数を向き合っていきたいと思います。

OL #70 3年 井若 大知

20160812_01.jpg

20160812_02.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 23:14| Comment(0) | 2016Season

2016年08月10日

8月10〜18日 夏季強化合宿2016@

 今年もFIGHTERSは8月10〜18日の8泊9日の日程で夏季強化合宿を兵庫県・東鉢伏高原のかねいちやで行います。今日は朝からバスに乗って出発し、昼ころに現地に到着。午後から早速練習がスタートしました。今年も合宿の様子をこのブログで数回にわたってレポートします。初回はOL・4年の清村からお届けします。

====================
 西宮から出発して無事かねいちやに到着し、そして初日の練習が終わりました。今日の練習で感じたことは、なんのためにわざわざ合宿に来たのか、1人1人が上ヶ原の練習とどう変わったのか、という部分がまだまだ突き詰められていないということです。今回の合宿では、部員全員が自分の殻を破るラストチャンスと認識し、立命館、そして社会人に勝つレベルを求め続け、必ず心も身体・技術も成長させる実のある合宿にする決意と思います。
 24時間フットボールのことだけを考えられる素晴らしい環境を用意してくださった多くの関係者の方に感謝し、精一杯頑張ります。応援よろしくお願いします。

OL #72 4年 清村 壱成

20160810_02.jpg

20160810_01.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 23:15| Comment(0) | 2016Season

2016年08月03日

8月1日 夏季練習スタート

 8月1日から夏季の練習がスタートし、1〜3日の第1クールが終わりました。これから練習のレベルを少しずつ上げていき、10日からの夏合宿に備えていきます。今回のレポートは副将の岡本昂大です。

====================
 8月1日、夏の初練習を迎えました。今年も練習前に前島先生にお祈りをしていただきました。前島先生からは「過去を見るな、やるのは今だけ。現在のことだけを見据えてやれ」という言葉があり、現在の4年生に通ずる部分があると感じました。
 春は4年生1人1人が「勝ちたい」という思いを表現することが少なく、そのことについて7月にミーティングを重ねてきました。けれども、数々のミーティングを重ねても実際に行動するのはグラウンドしかありません。この8月に4年生1人1人がどれだけ思いを表現し、立命館や社会人に勝つ基準で求め続けることができるかどうかが、今年のチームの勝敗を左右すると感じています。
 前島先生の言葉をしっかりと胸にとめ、これからの練習を一日一日大切にしていきたいと思います。
 今後とも引き続き変わらぬご支援と熱いご声援をよろしくお願い致します。

副将 DB #2 岡本 昂大

20160803_01.jpg

20160803_02.JPG
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 22:05| Comment(0) | 2016Season

2016年08月02日

7月31日 体育会入会式

7月31日、体育会の1年生が集まる体育会入会式が行われました。今後、体育会を背負っていく1年生たちが集まり、それぞれの意気込みを語りました。今回は1年生TE藤田統貴にレポートしてもらいます。

7月31日関西学院中央講堂にて、2016年関西学院大学体育会入会式が行われました。この会には体育会に入会式する全てのフレッシュマンたちが集まりました。私達フェレッシュマンもこの会に参加しました。体育会に入会するにしたがって、まず会長からの挨拶、そしてフレッシュマンの代表による宣言、主将である山岸先輩による激励、体育会本部長からのスライド、最後に注意事項のスライドという流れでこの会は行われました。
この会を踏まえて、私は体育会でアメリカンフットボール部は人数が多い、また影響力が大きい部活だということを再認識することができました。このことを日頃の生活の中でも覚え、日々必死に練習またトレーニングに励んでいきたいと思います。
最後になりましたが、これからも関西学院大学アメリカンフットボール部へのご指導ご支援をよろしくお願いします。
1年生 TE 藤田統貴(啓明学院高等学校)

20160802_01.JPG
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 22:45| Comment(0) | 2016Season

2016年08月01日

6月29日〜7月10日 U-19世界選手権

 順番が前後しますが、6月29日〜7月10日かけてU-19世界選手権大会が中国のハルビン市で開催されました。大会は世界7ヶ国が集まり、FIGHTERSからは5名が日本代表チームに参加しました。参加メンバーの中からメキシコ戦でMVPに選出された勝部樹がレポートします。

====================
 U-19の選考会に合格出来たときは素直に嬉しかったです。選ばれたからには学べることは学んで、普段は敵であったり試合をしないような選手達とチームを組んで挑むのでとにかく楽しんでプレーしようと思っていました。
 最初の4日間は立命館大学で強化合宿を行いました。そこでは基本プレーを合わせたりしました。そして立命館大学の選手と合同練習をすることが出来ました。
 中国では午前中は新しいプレーの合わせ、午後はグラウンドで練習をしました。
 そして試合の日を迎えました。チームとしては世界一を目標とし、個人としては絶対に自分がチームを勝たせるという思いで試合に挑みました。オーストラリアには勝ちましたが、アメリカとメキシコに負けて結果は4位となりました。個人的には3位決定戦でゲームMVPを取ることが出来ました。悔しい結果となりましたが、選手としても人としても成長を感じることのできた19日間だったと思います。
 ここで学んだ様々なことを大学での練習でも活かしながら、秋の試合に出場してチームに貢献出来るようになりたいと思います。
 最後になりましたが、これからもご指導ご声援よろしくお願い致します。

WR 1年 勝部 樹(関西学院高等部出身)

20160801_01.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 20:20| Comment(0) | 2016Season

2016年07月31日

7月16〜29日 定期試験期間(勉強会実施)

 7月16日から29日は春学期のテスト期間でした。FIGHTERSは文武両道をモットーしていますので、7月に入ると練習の回数を減らして、勉強により重点的に取り組んでいます。部員全員が単位をきっちり修得できるよう、部内で勉強会も実施しています。今回は今年から初めて大学の試験に臨んだ1年生DL藤本潤がレポートします。

====================
 定期試験に向けて、アメリカンフットボール部では、部員が1つの場所に集まって自習する環境を作っているので、人の多い図書館より集中して勉強することができます。家で勉強すると周りに誘惑がたくさんあるので、先輩マネージャーの監視の目もあったのはとてもありがたかったです。勉強会では同じ学部の先輩に分からないことを聞くこともでき、一人で勉強するよりも効率よく進めることが出来ました。フットボールだけに重きを置くのではなく、勉強に力を入れることの重要性を教えてくれるので、非常に助かりました。4年生になったときにフットボールに集中できる時間を増やしたいので、今のうちに少しでも多く単位を修得できるようにこれからも頑張ります。

DL 1年 藤本 潤(明治学院高校出身)

20160731_01.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 21:58| Comment(0) | 2016Season

2016年07月12日

6月21〜27日 メキシコ遠征記E 日墨交流戦 vsメキシコ国立自治大学

 部員によるメキシコ遠征記も今回が最後です。最終回はメキシコ国立自治大学(UNAM)とのゲームについてのレポートです。
 なお、8月末発行予定のイヤーブックでもメキシコ遠征の特集を組む予定ですので、是非ご購入のうえご覧になってください。

====================
 メキシコ戦は、私達がこの春の期間にどれだけの取り組みができ、成長することができたのかを知ることができる、春シーズンの集大成とも言える試合でした。また、私自身も仮想・社会人として臨んだ試合でした。
 そのような気持ちで臨んだ試合であり17-13でなんとか勝つことが出来ましたが、色々な課題を残す試合となりました。ディフェンスは要所要所ロングゲインを許してしまい、また、私自身も勝負場面で流れを持っていくプレイが出来ませんでした。春シーズンの取り組みがまだまだ甘かったことを痛感させられる試合となりました。
 秋シーズン開始まで残された時間は少ないですが、この試合で出た反省をしっかりと潰していきたいと思います。そして、1月3日にはメキシコ遠征があったから勝てたと言えるよう、これからの練習を取り組んでいきたいと思います。
 最後になりましたが、これからもご声援をよろしくお願いします。

DL 98 3年 柴田 啓汰

===================
 今回のUNAM戦は普段とは異なる環境での試合で、コンディションや試合中の体力など、不安なことが多かったと同時に、こんな大きなスタジアムでたくさんの人の前でプレーができるという興奮もありました。試合前の整列で、相手選手の体の大きさに少し恐怖を覚えましたが、いざ試合が始まると、気持ちも吹っ切れて集中することができました。
 試合内容としては、相手にリードされる時間が長く続きましたが、オフェンスの「絶対に逆転してやる」という気持ちと、ディフェンスとキッキングの踏ん張りのおかげで、なんとか勝利することができました。個人的には、QB伊豆さんがいいところにボールを投げてくれたのにで、あとはエンドゾーンに向かって必死に走るだけでした。これまで賞などをとったことがなかったので、今回MVPをとれて本当に嬉しく思います。
 この時期に体の大きな外国人と試合できたことは良い経験になったので、春、この試合を通じて見つかった課題を克服すべく、夏を乗り越え秋に臨みたいと思います。

WR 88 3年 亀山 暉


20160712_01.JPG

20160712_02.JPG
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 23:22| Comment(1) | 2016Season

2016年07月11日

6月21〜27日 メキシコ遠征記D リセオ日本メキシコ学院訪問

 メキシコ遠征の3日目は、UNAMでの練習の後、リセオ日本メキシコ学院を訪問し、日本人やメキシコ人の小学生・中学生と交流を行いました。
 学校に到着するとすぐにセレモニーが始まり、子供達や先生方からハカの儀式やチアリーディングなどを披露してもらい、温かく迎えていただきました。
 交流会では、フラッグフットボール、綱引き、鬼ごっこなどさまざまな遊びで子供達と触れ合いました。また、アメリカンフットボールを知らない子供達のために、攻守ラインによる1対1のぶつかり合いを見せたり、パスプレーを体験してもらうなど、フットボールの面白さを伝えていきました。
 楽しい時間を過ごしていく中で、メキシコにいる多くの子供達に応援してもらっていることを嬉しく思いました。今回の交流は我々にとっていい経験になり、人の温かさを感じることができました。子供達にとってもフットボールを好きになるきっかけになっていれば嬉しいです。

LB 54 4年 岩田 陸

20160711_01.JPG
20160711_02.JPG
20160711_03.JPG
20160711_04.JPG
20160711_05.JPG
20160711_06.JPG
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 22:35| Comment(0) | 2016Season

2016年07月10日

6月21〜27日 メキシコ遠征記C テオティワカン他観光

 今回のメキシコ遠征では個人ではできない様々な経験をさせてもらった。私は観光について振り返ってみる。
 到着して2日目にテオティワカンを訪れた。テオティワカンは宗教都市遺跡で世界遺産に登録されており、登ることのできる世界最大のピラミッドがある。私はいくつかあるピラミッドの中の一番大きな「太陽のピラミッド」に登った。高さ65メートルあったのと、高地であるということもあり登るのはとてもしんどかった。フラフラになりながら頂上に着くと、風が吹き抜け気持ちがよかった。360度山々と緑の中に点在する遺跡が見えて素晴らしかった。
 4日目にはオリンピックスタジアム、メキシコ国立自治大学見学ツアー、買い物に行った。オリンピックスタジアムでは、スタジアムの歴史や世界遺産の壁画の説明をしてもらった。収容人数は約6万3000人である。大学見学では、世界遺産のメインキャンパスを散策した。とにかく広く壁画が沢山あり普通の大学とは違った雰囲気であった。
 キャンパス街の一角に大学のショップがあり、PUMASのグッズもたくさん置かれていて、地元に愛されているチームであると感じた。
 コオヨアカンの買い物では、メキシコらしい民芸品やお酒などいろいろなものがあり面白かった。
 メキシコ滞在中は天気に恵まれて観光でき、日常を忘れてリフレッシュできてとてもよかった。

OL 2年 岡田 勇人

20160710_01.JPG

20160710_02.JPG

20160710_03.JPG
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 21:56| Comment(0) | 2016Season

2016年07月09日

6月21〜27日 メキシコ遠征記B UNAMのキャンパスとフットボール施設

 メキシコに到着して2日目と3日目は、UNAMのグラウンドで練習を行いました。天然芝のグランドが何面もあり、そのうちの1つで、2日目は高地順応のためのランニングメニュー、3日目は防具を着けての練習でした。
 グラウンドのすぐそばには小さな食堂のような建物があり、3日目の練習の後はそこで昼食を摂りました。練習後すぐに食事を摂れる場所があるのはとても良いことだと思いました。実際にUNAMの選手はどのポジションでも私たちよりひと回り大きく、改めてフィジカル面の大切さを実感しました。
 4日目はUNAMのキャンパスを見学しました。この日は試合の前日で、試合を行うスタジアムで練習した後、ガイドさんに連れられてすぐ隣にあるキャンパスの構内に入りました。まず驚いたのは、キャンパスの規模の大きさです。キャンパス全体が世界遺産となっていて、学生だけでなく様々な人たちが訪れている様子でした。ガイドの方も「この大学はメキシコ国民のためにつくられた施設です。」とおっしゃっていて、カラフルな絵が描かれた建物を見に来るだけでも、十分面白い場所だと思いました。

WR 2年 尾崎 祐真

20160709_01.JPG
20160709_02.JPG20160709_03.JPG
20160709_04.JPG20160709_05.JPG
20160709_06.JPG20160709_07.JPG
20160709_08.JPG
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 22:24| Comment(0) | 2016Season

2016年07月08日

6月21〜27日 メキシコ遠征記A コンディショニング

 今回は私たちにとって初めての海外遠征でした。遠征先であるメキシコシティは、気温や湿度はもちろんですが、時差が日本とは14時間もあり、その対策も考えなければいけませんでした。加えて標高2000mを超える高地であり低酸素での状況での試合となる為、選手のコンディショニングに関しては様々な対策を行いました。
 日本ではマスクを付けて走りこみを行うなど、できるだけ現地に近い状況を作り出して練習をしました。またメキシコでは、選手に毎朝コンディショニングシートを記入させ、体重、体調の管理を行いました。衛生の面でも生ものを控えるなどの対策を行いました。
 しかし実際には管理が十分に行き届いておらず、万全なコンディションで試合に望めなかった選手を出してしまいました。選手一人ひとりに徹底させることの難しさを感じ、トレーナーの力不足を痛感させられる遠征となりました。
 これから迎える夏や秋シーズンに向けて、今回の経験を必ず活かし、トレーナーパートのレベルアップに努めていきたいと思います。

トレーナー 3年 鳩谷 さき

20160708_01.JPG

20160708_02.JPG
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 21:00| Comment(1) | 2016Season

2016年07月07日

6月21〜27日 メキシコ遠征記@ 海外遠征について

 少し遅くなりましたが、これから部員によるメキシコ遠征記を数回にわたってお伝えしていきます。是非ご覧ください。

====================
 今年は30年ぶりにチームでの海外遠征が行われました。今回の遠征は大まかな予定は決められていたものの、現地で予定が変更になったり、予定通りに進まないことが多々ありました。それに対応するため、スタッフの真価が問われる場面が数々あり、改めて想定と徹底の大切さについて考えさせられた遠征となりました。幸い、遠征全体を通じて大きなミスはありませんでしたが、部員たちの日常生活でのモラルや行動など、日頃からもっと徹底して伝えていれば起きなかったことがたくさんあったと思います。このような取り組みの「雑さ」が積み重なって、最後の勝負の時に形になって表れるのではないか。個人的にはそう思わせられた遠征になりました。
 この遠征を経て私たちが気づかされた課題を、この7月から一つずつ潰して秋シーズンが始まるまでに「勝つべくして勝つチーム」を作りたいと思います。
 最後になりましたが、サイドラインを手伝ってくださったリセオ日本メキシコ学院の方々、期間の大半を帯同していただいた岡田拓朗さんをはじめとするたくさんのOBの方々のサポート、そしてこの遠征を行うにあたりご尽力いただいた全ての方々に、感謝の気持ちを伝えたいと思います。本当にありがとうございました。

4年生 MGR 小桜 資広

20160707_01.JPG

20160707_02.JPG
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 22:37| Comment(0) | 2016Season

2016年07月04日

6月1〜11日 第2回大学世界選手権

 メキシコ遠征よりも前にさかのぼりますが、今年はアメリカンフットボールの大学世界選手権が6月1〜11日にメキシコのモンテレイ市で開催されました。日本代表チームに参加したトレーナーの油谷脩からのレポートを遅ればせながらお届けします。

====================
 私は6月初めに行われた大学世界選手権の学生日本代表チームに、トレーナーとして選抜していただき、参加してきました。
 今大会は全5カ国の総当たりで行われ、最初の山場であった2戦目のアメリカ戦にピークを持っていくとチームで決まっていました。それに伴い、トレーナーも異国の地での順応を含め選手のコンディションをそこに合わせていくと話していました。しかし実際は、時差、食事面、体調管理など様々な面で自分達が体験したことのないことばかりで、結果としてアメリカ戦にピークを持っていくことができませんでした。試合の結果は14−22という接戦。トレーナーが負けの要因になったことは間違いありません。
 それに加え、自分のトレーナーとしての未熟さにも気づかされた大会でもありました。知識量のなさ、選手への影響力、技量のなさ。様々なことを他大学の学生トレーナーと話し、生活していく中でひしひしと感じました。今回の貴重な反省を今後に活かせるよう、FIGHTERSに帰ってからこれまで以上に貢献できるように頑張ります。
 最後に今大会に参加させていただきありがとうございました。

TR 2年 油谷 脩

※世界大学選手権については「こちら」。

20160704_01.jpg

20160704_02.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 22:04| Comment(0) | 2016Season

2016年06月09日

6月5日 JV戦・サイドワインダーズ戦

 6月5日、今春の国内の最後の試合は社会人チーム「サイドワインダーズ」と対戦しました。結果は24-0と完封しましたが、反則が多く課題が残りました。この試合では下級生の選手が多く出場しました。今回のレポートは1年生WR阿部拓郎です。

====================
 春最後のJV戦でアピールできる最後の場なので、必ずタッチダウンをとって結果を残すという気持ちで挑んだ試合でした。
 試合の内容としては、勝つことはできたものの、オフェンスは反則が多かったり、チャンスの場面で進むことができなかったりで、テンポの悪いオフェンスが続きました。個人的には何度もチャンスを与えてもらったのですが、そのチャンスをものにできずチームに迷惑をかけました。1プレー1プレーの大切さを思ってプレーできていなかったところもあり、前回出場した近畿大学戦の反省を活かすことができなかったのも反省です。
 試合という緊張感のある場でのアピールする機会はなくなってしまいましたが、自分の目標としている先輩方が近くにいるので、できるだけ吸収し上達することでアピールしていきたいと思います。そして、春の試合で見つかった課題を克服することで秋の試合に出場し、チームに貢献できるようになりたいと思います。
 最後になりましたが、これからもご指導ご声援よろしくお願い致します。

WR 1年 阿部 拓郎(大阪府立池田高校出身)

20160609_01.JPG
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 06:43| Comment(0) | 2016Season

2016年05月31日

5月29日 定期戦(関東遠征)・明治大学戦

 今年の関東遠征は東京アミノバイタルフィールドで行われた明治大学との定期戦でした。27-25というスコアでしたが、終盤に逆転を許す厳しい展開で、相手のミスにより何とか再逆転することができた試合でした。今回のレポートは最後のフィールドゴール(FG)を決めたKの西岡です。

====================
 メキシコ遠征前の最後のVarsityメンバーでの試合ということで、内容が問われる試合でした。キッカーとして、逆転のキックを決められたことは精神面での成長を感じるものでした。しかし、試合全体としてみると、パントで敵陣深くに蹴り込むことができず、春からの課題を修正することができませんでした。また、パントリターンでのビックゲインもありましたが、相手のキックオフリターンでゲインを許すなど、キッキングチーム全体として課題が残る結果となりました。
 春からの課題を詰め切れていない現状で、能力が上回るメキシコの選手や、立命、そして社会人を相手に闘うことはできません。遠征までの残り少ない時間で、自分たちの甘さ、課題を再認識し練習に取り組んでいきたいと思います。
 最後になりましたが、これからも変わらぬご指導ご声援のほどよろしくお願いします。

K/P #1 4年 西岡 慎太朗

20160531_01.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 23:28| Comment(0) | 2016Season

2016年05月24日

5月22日 関西学生大会・関西大学戦

 5月22日は春季の関西学生大会として、関西大学戦が行われました。この試合は今年で39回目となる総合関関戦(体育会全体の関西学院大学と関西大学の対抗戦)の前哨戦でもあり、春とはいえ負けられない一戦でしたが、17-13で何とか勝利を収めました。また、この日はオープニングセレモニーとハーフタイムに、米国・カルフォニア大学バークレー校のマーチングバンドが登場し、本場の演奏には会場の皆さんも魅了されたことと思います。今回のレポートは4年LBの山本祐輝です。

====================
 目標である社会人、立命を倒すためには絶対に倒さないといけない相手との試合。その中でも勝つことは当然で、内容が問われる試合でした。試合の内容として17-13で勝つことはできたのですが、ディフェンスとしてはズルズルいかれるシーンが多く、パス一本でタッチダウンを許す場面もありました。さらに、キッキングに関しては練習でやってきたことを出すことができていなかった。今までやってきた練習が本当に試合を想定していたのか、もっと上の基準でやらなければいけないのかを痛感させられた試合でした。
 次週には明治戦があります。この春の国内での学生との試合は最後です。この春にやってきたことを出しきって、試合内容も圧倒するように、さらに上の基準を想定して練習をしていきます。
 最後になりましたがこれからもご指導ご声援よろしくお願いします。

#45 LB 4年 山本 祐輝

20160525_01.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 22:06| Comment(0) | 2016Season