2019年05月17日

4月27日/5月5日 春季交流戦2戦を終えて

 長らく上ヶ原通信を更新できておらず、大変申し訳ございません。
 2019FIGHTERSの春季交流戦はVarsity2試合、JV1試合を終えて、今週末は関東遠征を控えています。4月27日の法政大学戦、5月5日(日)の慶應義塾大学戦で若手で存在感を発揮した選手から報告させていただきます。

====================
 2年RBの齋藤陸です。
 慶應義塾大学戦ではブロックのおかげもあり、ビックリターンを2回することができました。また、Varsityの試合で初めてのタッチダウンができたことは素直に嬉しかったです。
 しかし現状は「学生圧倒」という目標をかかげているのにもかかわらず、法政大学戦ではオフェンスの目標を達成できておらず、慶應義塾大学戦ではオフェンスでのタッチダウンが2本という結果でした。私個人もRBとしてタッチダウンができていない、すべきところでゲインができてないなど、課題が多く出ています。
 次戦からはまずオフェンスが相手を圧倒し、勝負どころでタッチダウンをするというRBとしての役割をしっかりと果たせるようにしていきたいです。また、リターナーとしてもビックゲイン、タッチダウンを狙っていきます。
 春季の試合は続きますので応援よろしくお願いします。

RB #27 2年 齋藤 陸

20190517_01.jpg

posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 11:19| Comment(0) | 2019Season

2019年04月06日

4月2日 春季シーズン開始のお祈り

 1月から行われていた第3フィールドの人工芝張替え工事が3月末に完了し、4月から新しいフィールドで練習を開始しました。春季シーズンを始めるにあたってチーム全員でお祈りをする場を持ちました。

====================
 お祈りの際に、前島宗甫先生から「苦難は忍耐を、忍耐は練達を、練達は希望を生む。」という聖書の言葉を教えていただきました。
 私たちは「学生圧倒」を目標にして活動を開始しています。「勝つ」ことと「圧倒する」ことは同じ結果を目指すにしても、その為に取り組む姿勢や責任感は違ってきます。例年以上に、日々の練習やトレーニング、戦術理解、そして私生活まで「学生を圧倒できるか」「社会人と戦えるのか」との視点から見直す必要があります。言葉で言うのは簡単ですが、実行するには大変な「苦難」が待っていると思います。その先の「忍耐」「練達」を通して「学生を圧倒出来る」という強い信念、「希望」をチーム全員で共有できる様にしなければいけません。そこまでチームを引っ張っていくのが、今年の四年生の使命だと思っています。
 これから新入生も加わり、さらに大きな集団となります。一人一人がどれだけ強い信念を持ち日々の生活が送っていくかに今年の勝負内容はかかっています。去年社会人に負けた雪辱を果たすためにも、一試合一試合全員で敵である学生を圧倒します。そして、相手を「青」でのみ込みながら、社会人との決戦の場であるライスボウルに出場し、真の日本一を目指します。
 今月から春の試合が始まります。ご来場ご声援、よろしくお願いいたします。

DL #78 4年 藤本 潤

20190406_01.jpg

20190406_02.jpeg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 07:33| Comment(0) | 2019Season

2019年03月31日

3月24日 小中学生対象フットボール教室

 3月24日に小学生チーム、中学生チームを招待して「ファイターズフットボール教室」を開催しました。小・中学生合わせて170名に参加していただきました。

====================
 ファイターズフットボール教室では、バンタム、ピーウィー、Jrピーウィーの3クラスに、さらにポジションごとに分かれて練習を行いました。私はピーウィーのWRを担当し、小学生と一緒にパスキャッチの練習をしました。大学生との対決もあり楽しんでもらえたのではないかと思います。私自身も小学生の頃に参加し、大学生に勝負を挑む楽しさ、少しでも勝てた時の喜び、そして憧れを思い出しました。この教室でフットボールを好きになってくれて、そしてファイターズの試合にも応援に来てもらえるようになればうれしく思います。

WR #17 新4年 佐々木 虎之介

20190331_01.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 13:55| Comment(0) | 2019Season

2019年03月30日

3月21日 高校生対象フットボールクリニック

 3月21日に高校生を対象に「ファイターズフットボールクリニック」を開催しました。関西を中心に9校約130名が参加しました。午前中はポジション別に練習メニューなどの質問会、午後はフィールドにて実践的な練習を指導しました。
 クリニックに参加した選手とクリニックの準備、運営を担当したマネージャーからレポートします。

====================
 私は今回のフットボールクリニックを通して本気で上手くなるために、またチームに還元するために何か吸収しようという高校生の熱意、姿勢から、その重要性を改めて認識しました。
 我々の今年の目標である「学生圧倒」という、どこまで取り組めばいいのかわからない目標に対して、日頃の私たちは本当に限界を決めず向上心を持って取り組めているかと考えさせられました。それだけでなく、ファイターズというチームはOBや後援会の方々だけでなく、小学生から高校生まで幅広い多くの方に支えられ、応援していただいていると肌に感じました。
 春の初戦まで残り1カ月を切りました。自分自身のために勝利を目指すことは当然ですが、応援してくださる方々の期待に応えるためにも、「学生圧倒」という目標に向けて日々取り組んでいきたいと思います。

WR #9 新4年 前田 広人

====================
 この高校生対象のフットボールクリニックは、FIGHTERSの蓄積している知識や技術を伝えることで、高校生にフットボールをより深く理解してもらい、その魅力や楽しさを感じてもらうことを目的として行いました。
 午後のスキル練習の時間では、色々な高校の選手が混じり合っての練習となり、みんな真剣に取り組んでくれました。なかでも勝負物のメニューは白熱し、いつもとは違う相手と勝負することで高校生たちには良い刺激になったのではないかと思います。
 また、スタッフ部門では、FIGHTERSの学生トレーナーが講師となってテーピング講習会を開き、テーピングの巻き方を指導しました。
 大学生はいつも自分たちが練習していることを高校生に教えることで自分たちも勉強になったのではないでしょうか。私自身、クリニック終了後に高校生が書いてくれたアンケートに「参加してよかった」との声が多数あり、嬉しく思います。
 高校生の皆さんがこのクリニックの経験を活かし、春季大会で良い結果をおさめることを期待しております。

マネージャー 3年 井上 寛太

20190330_03.jpg

20190330_01.jpg

20190330_02.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 09:16| Comment(0) | 2019Season

2019年03月29日

3月18日 体育会功労賞授与式(2)

 体育会功労賞を受賞した前主将の光藤航哉のスピーチ原稿を掲載します。

====================
 アメリカンフットボール部・前主将の光藤航哉です。このような賞をいただくことができ本当に嬉しく思います。
 この4年間、振り返るといろいろなことがありました。日本一になるという夢を叶えるために関西学院大学に入り、苦しいことやしんどいこと、そして嬉しいこと、いろいろなことを経験しました。そしていろいろな人と出会い、繋がることができました。関西学院大学の誰かが活躍することで大きな刺激を受けました。
 特にこの一年間では繋がりにたくさん助けられました。この関西学院大学で、かけがえのない経験をし、かけがえのない仲間を得ました。
 昨年度私たちファイターズは、「社会に出ても戦える人間になる」ことを目的に掲げて来ました。ここで得たことを社会に出ても活かしていきたいと思います。
 最後になりましたが私に関わってくださった全ての方々に感謝の言葉を述べたいと思います。
 ありがとうございました。
 そしてこれからもよろしくお願いいたします。

20190329_02.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 09:10| Comment(0) | 2019Season

3月18日 体育会功労賞授与式(1)

 3月18日に関西学院大学の卒業式が行われました。卒業式の終了後には体育会の功労賞授与式が行われ、全体育会員が一堂に集まり、体育会の卒業生を送り出しました。FIGHTERSからは光藤航哉・前主将が体育会功労賞を受賞しました。

====================
 新2年の平尾渉太です。
 私はこの体育会功労賞授与式に参加して、卒業するの先輩方の晴れ晴れとした姿が印象に残りました。
 中でも印象に残ったのが、日本一になりたいという強い思いで関西学院大学FIGHTERSに入部し、主将としてチームを率いることを決意した光藤主将のスピーチです。「全員で勝つ」ということ常に思い、誰一人として欠けさせることなく日本一を成し遂げた話を聞き、改めて、4年生の偉大さを感じました。同じQBパートで練習し、技術的なアドバイスだけでなく、QBのあり方など、精神的な部分でも学ぶことが多くあり、一緒に練習したこの一年間を通して、自分自身を成長させてもらえたことに、心から感謝しています。
 また、ラクロス部女子の前主将・長村由紀乃さんのスピーチも印象深かったです。ミーティングにたくさん時間を費やし、下級生にも発言できる環境を作ることで信頼関係を作ってきたという内容は、フットボール部でも大切にしていることであり、同じ、学生日本一を目指す強いチームを作るために、最も大切なことなのだと再確認しました。
 春の初戦まで1カ月。試合に向けて日々練習し、今年度の目標である「学生圧倒」を体現できるよう、チーム一丸となって精進していきます。応援よろしくお願いします。

QB 新2年 平尾 渉太

20190329_01.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 09:01| Comment(0) | 2019Season

2019年03月28日

1月31日〜3月8日 フラッグフットボール出前授業

 例年1月下旬から3月上旬にかけて、私たちは上ケ原キャンパス近隣の小学校にフラッグフットボールの出前授業に行っています。今年は西宮市立上ケ原小学校、広田小学校、大社小学校の授業支援を実施しました。
 今回の上ヶ原通信は、フラッグフットボール経験者である選手と、今回の出前授業の窓口を担当したマネージャーからの報告です。

====================
 ファイターズでは毎年この時期に近隣の小学校に部員たちが訪問してフラッグフットボールの授業を行っています。ファイターズが大切にしている社会貢献活動の一つであり、フラッグフットボールを通じてアメリカンフットボールに興味を持ってもらう事を目的としています。
 私自身は小学校にフラッグフットボールのチームに入っており身近なスポーツでした。今の小学生は昨年の一連の騒動もあって、アメリカンフットボールに対して怖いイメージを持たれていると思います。しかし授業の中で初めて触るボールに目を輝かせながら純粋にフットボールを楽しむ小学生の姿を見る事ができました。
 今回の活動を通して1人でも多くの小学生がフットボールに興味を持ち、共に日本のフットボール界を盛り上げていけたらと思いました。

RB #6 新4年 渡邊 大

====================
 フラッグフットボールの授業支援をするにあたり、私たちは12月にフラッグフットボール指導講習会に参加しました。ここで学んだことをもとに、授業内容や計画を考え、小学校の先生と打ち合わせをし、進めていきました。
 いざ小学生にフラッグフットボールを教えるとなると、とても難しく戸惑うことばかりでした。フットボール自体が小学生にとってなじみのないスポーツであるため、基本のルールを教えることさえも苦労しました。ルール説明に長い時間を必要とするためつまらない時間になってしまわないように選手とプレーの見本を面白く見せるなどの努力をしました。
 1回目の授業でラン、2回目の授業でパス、3回目の授業でゲームという流れで授業を進めました。各チームに1人以上のファイターズ部員が付き、選手と生徒で協力しながら作戦を考え、プレーをしました。一回一回の授業を終えるごとに小学生がフラッグフットボールをそしてFIGHTERSの選手を好きになっていってくれていることを実感しました。
 この授業を通して、小学生にとってフットボールは縁のないスポーツであることを改めて実感しました。これからもフラッグフットボールの授業だけでなく、FIGHTERSの試合のキッズコイントスなども使って、小学生にとって身近なスポーツに感じてもらうための努力をしていきたいと思います。

マネージャー 新2年 萩原 楓

20190327_01.jpg

20190327_02.jpg

20190327_03.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 09:59| Comment(0) | 2019Season

2019年03月25日

3月11日〜16日 春季二次合宿

 3月11日から3月16日にかけて春季二次合宿を行いました。例年は上ケ原のスポーツセンターで行いますが、第3フィールドの練習場が人工芝張替工事のために使用できないこともあり、一次合宿に続いて千刈キャンプ場で実施しました。今回の合宿はキャンプ場の近隣の施設のグラウンドでフットボールの練習も行いました。
 今回の上ケ原通信は新4年生WR光山真也からの報告です。

====================
 私は合宿中に行うトレーニングをいかにフットボールの動きに活かすか、そして下級生たちにどうやって意識してもらえるかを常に考えて行動しました。また、トレーニング中だけでなく生活の部分でもコミュニケーションをとり、ミーティングの時間では、今日は何が出来ていなくて、何が出来ていたのか、明日はどうするかを考え、それを実行に移していきました。
 私自身、今まで前に出てなにかを発信するということを出来ていませんでした。この合宿で、自分がリーダーシップを取ってやると、責任を持って行動することを意識し、また勝負ごとにこだわったつもりです。その部分では少しは成長できたのではないかと思います。
 春の初戦まで約1ヶ月となり、試合に出るためのチーム内での直接的な勝負が始まります。そこで負けないように、そして今年の目標である「学生圧倒」に私自身もチームも向かっていきます。

WR #86 新4年 光山 真也

20190324_01.jpg

20190324_02.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 06:51| Comment(0) | 2019Season

2019年03月10日

3月3日 2018年度リーグ表彰選手表彰式

 3月3日に、2018年度の関西学生アメリカンフットボールリーグ表彰選手の表彰式が行われ、各校から表彰者が集いました。今回の上ヶ原通信はベスト11に選出された、LB海崎からの報告です。

====================
 ベストイレブンに選ばれ、改めて周囲の人々に感謝しなければいけないなと思いました。
 チームメイト、コーチや家族などは勿論ですが、試合前に髪を切ってもらう美容師さんにベストイレブンに入ったことを報告すると喜んでくれました。いつも髪を切ってもらっていることも当たり前の事ではなく、美容師さんにも応援していただいていることを再認識し、この様な繋がりも大切だと感じました。
 表彰式に出席して他大学の選手とお話しさせて頂く機会がありました。フィールド場の表情とは違い、面白く、優しい先輩が多く、この様な人になりたいと思える先輩ばかりでした。
 この賞を受賞した事をとても光栄に思います。今後も今ある環境を当たり前と思わず感謝し励んでいきます。新チームとなり、まだまだ手探り状態ではありますが、目の前の事に集中して進んで行きます。応援よろしくお願いします。

LB #44 新3年 海崎 悠

20190310_01.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 10:53| Comment(0) | 2019Season

2019年02月28日

2月18日〜24日 春季一次合宿(3)

 7日間の春季一次合宿を終え、千刈キャンプ場から上ヶ原に帰ってきました。合宿を終えてのレポートをお届けします。

====================
 今年のチームは「学生を圧倒する」ことを目標に掲げています。この目標に少しでも近づくための合宿にしようと意気込んでいましたが、初日はチームの雰囲気が上がりきらないまま終わってしまいました。
 これをきっかけに、目標を達成するために自分ができることは何かを改めて考え、今までの自分から大きく変わらなければならないと思い、残りの期間を過ごしてきました。4年生を中心に目の前ことに対して全力で取り組んでいった結果、選手、スタッフそれぞれ、少しずつ意識が変わってきたことを感じることができました。
 この合宿はゴールではなくあくまでも通過点であり、ここで得られたことを糧に更に成長して、タフなシーズンを乗り越えられる土台を作っていきます。

DB #2 新4年 出光 浩太朗


20190225_01.jpg

20190225_02.jpg

20190225_03.jpeg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 11:04| Comment(0) | 2019Season

2019年02月23日

2月18日〜24日 春季一次合宿(2)

 春季一次合宿は、日中はキャンプ場内でトレーニング、夜はグループに分かれてミーティングをしています。日程を進めていくにつれて、変化が表れてきたメンバーが出てきました。

====================
 合宿も後半に入り、私自身のこの合宿での目標である「しんどい時でも足を止めず走り続ける」ということを今一度考え直しました。考え直すにあたって、「学生を圧倒する」というチームの目標と比べて本当に今の基準でよいのかを考えました。
 ミーティングで先輩から、圧倒という目標は抽象的なのでどこまでやれば良いかという基準が分かりにくいから、選手は自分で限界を作らず練習をすることが大切だ、という話を聞きました。そこで私は勝負で相手に勝つことはもちろん自分に勝つことが大切だと思いました。しんどい時の後一歩の積み重ねが目標達成につながるとおもいます。
 残された合宿の練習を、自分の目標を高く持って秋シーズンにつなげていきます。

RB #39 3年 鶴留 輝斗

20190223_01.jpg

20190223_02.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 22:24| Comment(0) | 2019Season

2019年02月21日

2月18日〜24日 春季一次合宿(1)

 2019FIGHTERSの練習は定期試験を終えた1月末からスタートしました。そして2月18日からは春季一次合宿に入っています。今年も関西学院千刈キャンプ場で、山の中という環境に身を置いてトレーニングを行っています。最初のレポートは初参加となる新2年生からです。

====================
 今回の合宿には「なんでもいいので声を出し、存在感を出す」という目標を持ってやってきました。合宿は人が変われる大きなチャンス、私自身がこの合宿で変わり、その変わった姿を上ケ原に持ち帰ろうと思っています。
 1日目を終えて私はある程度存在感を出せていたと考えています。スタッフの人からも評価する言葉をもらいました。しかし最初だけやっても意味がありません。この合宿期間中ずっと自分の存在感というのは出し続けていきます。
 そして、ライバルとして設定している同じポジションのWR山下さん、大村さん、そして立命館大学の選手たちを越していきたいです。自分はまだまだですが、もっと上を目指し、存在感を出し、周りに求め、ライバルを意識してやっていけるよう、日々を過ごしていきたいとおもいます。チームの目標である「学生圧倒」を常に心の中に持ち続けてやっていきます。

WR 新2年 戸田 龍太

20190221_01.jpg

20190221_02.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 07:07| Comment(0) | 2019Season

2019年02月16日

2月11日 甲子園ボウル優勝祝賀会/新チームスタート

 2月11日(日)は大阪梅田のホテル阪急インターナショナルにて甲子園ボウル優勝祝賀会が行われました。多くの来賓の方、OB会、後援会、ファンクラブの方々など、部員関係者も含めて約400人の出席のもとに開かれ、たくさんの方からお祝いの言葉をいただきました。改めて感謝申し上げます。
 この日をもって正式に2018FIGHTERSは終わり、2019FIGHTERSの新幹部も発表され、新たな出発の日ともなりました。新主将に就任したDL寺岡芳樹から今回は報告させていただきます。

====================
 こんにちは。2019年度のFIGHTERS主将を務めます寺岡芳樹です。
 甲子園ボウル優勝祝賀会は納会として4年生を送り出しました。それと同時に最上級生として周りから見られる立場になったことを自覚しました。
 今年の目標は学生を圧倒することです。社会人というとてつもなく高い壁を超えるためには学生相手に偶然的な勝利でなく必然的に勝てるチームになる必要があります。そのレベルに至るまでは社会人に勝って日本一という言葉は使いません。4年生が抜けて戦力が低下した今、私達一人ひとりが一番謙虚になって学生を圧倒できるだけのチームをつくっていきます。そのためにも、日々のひとつの行動から学生圧倒の基準に向いているかを問い続けながら1年間やっていきたいと思います。
 今年度もFIGHTERSにご支援ご声援よろしくお願いいたします。

新主将 DL #52 新4年 寺岡 芳樹

20190216_01.jpg

20190216_02.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 15:17| Comment(1) | 2019Season

2019年02月04日

1月30〜31日 体育会フレッシュマンキャンプ

 1月30日〜31日に淡路島で関西学院大学の体育会員の1年生が集まるフレッシュマンキャンプが行われました。様々な部活動の部員が集まった班に分かれ、討議を行いました。フレッシュマンキャンプに参加した、1年生永嶋からの報告です。

====================
 私はフレッシュマンキャンプで様々なことを考えて学びました。
 討議では、人間的に成長するにはどうしたらいいのか、1年生としての可能性、コンプライアンスについてなど、一人ではなかなか考えないことを他のクラブの人たちと共有することが出来ました。他のクラブの人たちと話すことで、自分にはなかった考えや発見があり、収穫する部分が多かったです。
 人として自分を高めることで自分自身を成長させることができ、組織としても一人一人がそうすることでチームレベルも上がると思います。主語を自分にして自分がどうなりたいのかを明確にし、それがチームにどのような影響があるのかを考えて行動していきたいと思います。
 そして、関西学院大学の体育会の一員であることを自覚し、帰属意識を持つことが大切であると感じました。

DB 1年 永嶋 大聖

20180204_01.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 11:28| Comment(0) | 2019Season