2021年04月30日

4月18日 春季シーズン開始の祈り

 4月18日に、春季シーズンを始めるにあたってのお祈りをする場をチーム全員で持ちました。副部長の打樋先生の聖書の言葉とお祈りに耳を傾け、春季シーズンに向けて気持ちを新たにしました。副将の竹原から報告します。

====================
 今回打樋先生から選んでいただいた聖書の言葉は「苦難は忍耐を、忍耐は練達を、練達は希望を生む」というものでした。
 私たちは、「日本一」という大きな目標を掲げて活動しています。今シーズンは「I WILL」というスローガンを掲げ、一人一人が「俺がやる」という強い気持ちをグラウンドで前面に出せるよう取り組んでいます。「I WILL」を体現するためには、大変な苦難が待っていると思います。この苦難を乗り越えて、日本一という希望に向かっていこうという強い気持ちが、今回の祈りを通してチーム全体に芽生えたのではないかと思います。
 そして、日本一という目標を達成するために4年生が一丸となり、チームを引っ張っていきます。4月になり、新入生が入ってさらに大きな集団となりました。学年関係なく、チーム全員が「俺がやる」という強い信念を持ち、日々の練習から取り組んでいきます。
 コロナウイルスの影響は続いていますが、今年も日本一に向かって邁進していきますので、ご声援よろしくお願いいたします。

副将 #25 DB 4年 竹原 虎ノ助

20210430_01.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 12:05| Comment(0) | 2021Season

2021年04月11日

2021年度スローガン「I WILL」

 長らく更新ができていませんでしたが、2021年度も上ヶ原通信をお届けしていきます。
 2021年度FIGHTERSのスローガンが決定しました。このスローガンを常に意識して、目標の日本一を成し遂げていきます。今年度の決意を主将の青木勇輝から報告します。

====================
 2021年ファイターズのスローガンは「I WILL」です。一人一人が日本一という目標を成し遂げるために「おれがやる」という強い気持ちを持ってチームの核であるアグレッシブを体現するためにしんどい時、チームが厳しい状況になったときに「おれがやる」と思える人間になります。勝つべくして勝つために自分がチームのために全力を尽くし、激しく、泥臭く、を体現することを誓います。
 「全員で日本一になる」のではなく「全員が日本一になる」を目指し、グランド内に限らずグランド外でも一人一人が日本一に相応しい人間になるべく、おれがやるという気持ちを持ってやり遂げます。

主将 DL #95 4年 青木 勇輝

20210411_01.jpg

20210411_02.jpg

20210411_03.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 18:00| Comment(0) | 2021Season

2020年12月30日

12月30日 日本選手権・ライスボウルに向けて

 甲子園ボウルでは多大なるご声援をありがとうございました。皆さまのご支援のおかげで3年連続の学生日本一になることができました。
 そして今週末、東京ドームにおいて日本選手権・ライスボウルが行われます。社会人王者との対戦に向けて、副将の高木慶太が意気込みを語ります。

====================
 先日行われた甲子園ボウルで勝つことができ、目標にしていた学生日本一を達成することができました。主将の鶴留が「こんなに応援してくれる人が入ってくれている」と終わりのハドルで言っていて、改めて観客席を見てみると応援してくださった方々の多さに驚きました。
 今年はコロナの影響もあり厳しいシーズンでした。甲子園ボウルが終わって、改めてファイターズはたくさんの方々に支えていただいているということを感じました。春に緊急事態宣言が出て活動が停止してから練習を再開するにあたってガイドラインを決めるにあたって動いてくださったチームドクター、マスクやフェイスシールドなどの感染予防対策のための物を提供してくださったOB会の皆様、そして有観客となった立命館大学戦や甲子園ボウルを見に来てくださったファンの皆様、たくさんの方の支えがあってここまで来られました。
 1月3日は2020年度ファイターズの最後の試合です。社会人王者であるオービックシーガルズは格上ではありますが、自分達が大事にしてきたファンダメンタル、プレーの精度にこだわって全力でぶつかって行きたいと思います。応援宜しくお願いいたします。

副将 OL #65 4年 高木 慶太

20201230_01.jpg

20201230_02.jpg

20201230_03.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 08:37| Comment(0) | 2020Season

2020年12月10日

12月10日 甲子園ボウルに向けて

 今週末は甲子園ボウル。長年のライバル・日本大学との決戦です。たくさんの方々の声援があったからこそ、立命館大学戦を勝ち抜くことができ、この舞台にたどり着くことができました。
 学生日本一をかけた戦いに向けて副将の繁治亮依が意気込みを語ります。

====================
 私たちFIGHTERSはDiv.1トーナメント決勝でなんとか立命館大学を倒し、甲子園ボウルに駒を進め、学生日本一になるチャンスを掴み取ることができました。
 しかし、立命戦の内容はどれも練習で起こっていたミスばかりで、とても自分たちが勝つべくして勝ったゲームとは言えない内容だったと思っています。今年はコロナ禍の影響で試合数も少なく、自分たちが成し遂げたい試合内容はできていません。だからこそ、甲子園ボウルはこれまで成し遂げられなかった試合内容を体現できる最後のチャンスだと考えています。
 甲子園ボウルでは、挑戦者の気持ちで挑みます。プレーの精度に磨きをかけ、1球、1ブロックの細部に至るまで泥くさく戦い抜きます。そして、最後までやり抜いて今年のチームスローガン「BLUE GRIT」を体現したいと思います。
 最後になりましたが、立命館大学戦では多大なるご声援をいただきありがとうございました。甲子園という聖地は全国の学生が目指す場所でもあります。このような状況の中でも試合ができることに感謝し、決戦に臨みたいと思います。甲子園ボウルでも変わらぬご声援をよろしくお願いいたします。

副将 LB #40 4年 繁治 亮依

20201210_01.jpg

20201210_02.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 21:23| Comment(0) | 2020Season

2020年11月24日

11月24日 2020トーナメント決勝・立命館大学戦に向けて

 コロナ禍の影響でトーナメントでの開催となった今年の関西学生アメリカンフットボールリーグDiv.1。1戦目の同志社大学戦、2戦目を神戸大学戦を勝ち進み、決勝戦にたどり着きました。そしてついに今週末、ライバル・立命館大学と対戦します。今年度初の有観客での試合です。
 決戦を前に主将の鶴留輝斗が意気込みを語ります。

====================
 いよいよ立命館大学戦ということで大きな山場を迎えました。
 今シーズンは例年とは大きく違うシーズンでした。春の試合は全てなくなり、夏合宿もありませんでした。そのような中で自分達なりに出来ることを考えてやってきました。
 そうして取り組んできて迎えたトーナメント戦。一戦目、二戦目ともに勝利することができたものの、反省の多く残る試合でした。試合を重ねることでチームに必要なものがなにかを知ることができたように思います。
 今週末の土曜日、今年の全てが試されます。試合で後悔することがないよう、全ての準備をやり切って試合を迎え、今までの思いをぶつけます。
 そして、このような状況でも試合が行えることに感謝します。特に今回の試合は有観客の試合ということで、私たちの気持ちをこめたプレーを直接見ていただけることを嬉しく思います。
 私たちは日本一になるために今までやってきました。この1年の全てをぶつけて全員で戦い抜きます。応援よろしくお願いいたします。

主将 RB #39 4年 鶴留 輝斗

20201124_01.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 21:32| Comment(1) | 2020Season

2020年10月03日

9月26日 後援会からの千羽鶴贈呈

秋シーズンの開幕が近づいてきました。先月の9月26日には後援会の方々から千羽鶴を贈呈して頂きました。今年度のスローガンである「BLUE GRIT」のバナーがつけられています。
 新型コロナウイルスの影響でシーズンの開幕が例年より遅くなっておりますが、部員一同開幕に向けて、さらに精進していきます。
 今回の上ヶ原通信は4年生LB 副将の海ア悠がレポートします。

====================
 先日、後援会の方々から千羽鶴を贈呈して頂きました。保護者の方々の思いが詰まった千羽鶴と共に今シーズンを戦います。
 また、これまでにもOB会の方々からは少しでも安全に活動できるようにとマスクやゴーグル、フェイスシールドなどたくさんの物資を支援していただきました。
 私は多くの方々の支えの中でフットボールができていることに改めて気づきました。今年の試合は無観客での開催なので、直接試合会場で私たちのプレーを見てもらうことができず残念ですが、いい結果を報告できるように、目の前のことに全力で取り組みます。
 部員一人ひとりが勝ちに貢献する、自分がこのチームを勝たせるという思いを持つことで、個人として成長することができると思います。それは、チームの進歩にも繋がるはずです。
 例年と違う形にはなりましたが、今ある環境が当たり前ではないこと、リーグ戦を戦えることなど、感謝しなければいけないことがたくさんあります。これから本格的にシーズンが始まります。一戦必勝で頑張りますので、応援宜しくお願い致します。

副将 LB #44 4年 海ア 悠

20201003_01.JPG
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 21:03| Comment(0) | 2020Season

2020年08月21日

練習再開について

 春合宿から上ヶ原通信を更新できておらず、ファンの皆様へ活動報告ができておりませんでした。新型コロナウィルス感染症の影響で、4月から課外活動が自粛となり、キャンパスへの登校もできない期間が続きました。6月後半から部としてガイドラインを定めて、グラウンドで少人数での活動を始めています。例年にはない「ウィルスとの闘い」をしながらの状況ではありますが、フットボールができることに感謝し、全力で取り組んでいます。今回の上ヶ原通信は練習再開についての思いを4年生がレポートします。

====================
 新型コロナウイルスの影響により4月から長く続いていた活動自粛期間が解け、6月後半から部分的にではありますが練習が再開できるようになりました。7月後半には感染が再び拡大傾向に入ったことを受けてガイドラインの見直しを行い、8月から気持ちも新たに再びチームとして前に踏み出しています。
 4月初めに緊急事態宣言が発令されたことにより、部の活動が自粛となって学校の施設も使用不可となり、かなりの行動を制限されてきました。その中で、家でできる自重トレーニングのメニューを油谷コーチから設定していただき、そのメニューを中心にトレーニングを行っていました。
 そして、ようやく感染対策に細心の注意を払いながら、パートごとの少人数で練習を再開しました。春の期間で行うことが出来なかった、スキル要素を含んだトレーニングを中心に練習を行なっています。
 秋シーズンが従来の方式から変更され、試合数も少なくなってしまいましたが、10月のシーズン開幕を万全の状態で迎えられるようパート、チーム一丸となって励んでいきたいと思います。今シーズンは試合会場で皆様にお会いできるかわかりませんが、真摯にフットボールと向き合い、全力で戦い抜きますので、ご声援のほどよろしくお願いいたします。
 新型コロナウイルスに加え、猛暑が続き、大変な時期ですが、皆様も体調にお気をつけて一緒に乗り越えていきましょう。

OL 4年 阿部 光葵

20200820_01.JPG

20200820_02.JPG

20200820_03.JPG

20200820_04.JPG
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 21:49| Comment(2) | 2020Season

2020年03月04日

2月17〜21日/25〜29日 春季合宿(3)

 千刈での合宿は2月25日から29日にかけて2次合宿を行いました。1次合宿ではトレーニングがメインでしたが、2次合宿ではそれに加えて防具をつけたパート別の練習にも取り組みました。その2次合宿のレポートを新副将の高木慶太が行います。

===================
 新チームになり2回の合宿を経てチームもまとまってきていると思います。4年生の一人一人が自分自身を変えるべくに取り組んでいます。
 合宿序盤はまとまりに欠けていましたが、4年生が中心となって目の前のトレーニングに全力に取り組んでいった結果、選手、スタッフがそれぞれ少しずつ意識が変わってきたように思います。選手は自分の限界を決めずにチャレンジし続け、スタッフは選手がもうひとつ上のレベルにチャレンジできるように求めて、選手を追い込まんでいます。
 また、この合宿からフットボールのスキルの練習にも取り組んでいます。トレーニングで得た成果をいかにフットボールに取り込んでいけるかが重要です。
 この合宿はゴールではなくあくまで通過点です。現状に満足することなく成長し続けていかなければなりません。この合宿で得たことを糧にして上ケ原でも取り組んでいきたいと思います。

副将 OL #65 新4年 高木 慶太

20200303_01.jpg

20200303_02.jpg

20200303_03.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 22:50| Comment(0) | 2020Season

2020年02月23日

2月17〜21日/25〜29日 春季合宿(2)

 春季1次合宿は、日中は学年、ポジション混ざって班ごとにトレーニングを行なっています。そして、夜はスタッフも含めた部員全員でまた別のグループを組み、ミーティングを行なっています。その中で気づいたことをレポートします。

====================
 千刈合宿も第一次が後半になり、合宿開始当初と比べるとチームにまとまりが出てき始めています。
 この合宿では自分たちの限界を決めずに挑戦し続けることを特に意識しています。昨年は下級生という立場に甘えて自分のことだけを考えていました。しかし今年は3年生になるので、周りを見ることも意識しなければいけないと感じながら取り組んでいます。その日の100%の練習は明日には80%で常に100%のレベルを上げていくことが大切だという先輩の話を聞き、現状に満足していた自分の甘さを感じました。
 普段の練習環境とは全く違う環境に身を置き、人として大きく変わるチャンスがこの合宿にはあります。ただ、乗り切るための合宿にするのではなく、一人一人が大きくステップアップして上ヶ原に帰れるようにこれからの合宿に取り組んでいきたいと思います。

DB #25 新3年 竹原 虎ノ助

20200223_01.jpg

20200223_02.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 08:30| Comment(0) | 2020Season

2020年02月21日

2月17〜21日/25〜29日 春季合宿(1)

 2020FIGHTERSの練習は定期試験を終えた1月末からスタートしました。トレーニングとファンダメンタルの練習を中心に取り組んでいます。
 そして2月17日からは春季合宿で関西学院千刈キャンプ場に来ています。今年も環境を変えて昼はフィールドやクロスカントリーでのトレーニング、夜はミーティングを行っています。今年も上ケ原通信で合宿のレポートをしていきます。

====================
 私はこの千刈合宿で「弱い自分から変わる」という目標を決めて臨みました。
 今まではここぞというときに声が出ず、先輩方の後ろについて行くばかりでした。そんな自分から脱却しようと決めて初日を迎えたものの、初日はトレーニングの辛さに負け、なかなか周りを見ることが出来ませんでした。このままではこの合宿に来た意味が無いと反省し、もっと周りに声をかけて行こうと思いました。2日目以降は、トレーニングの時間も内容も初日に比べ厳しかった中で、前日の反省を生かし周りに声をかけるようにしました。自分から声をかけると、それに相手も答えてくれ、チームも活気付きました。この合宿で改めて周りを見て声をかけることの大切さを気付かされました。
 残りの期間も、「弱い自分から変わる」という目標を達成すべく、日々全力で取り組んでいきたいと思います。

WR 新2年 林 篤志

20200221_01.jpg

20200221_02.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 16:26| Comment(0) | 2020Season