2018年07月07日

7月2日 法学部スピーチ・コンテスト

 7月2日、上ヶ原キャンパス中央講堂にて行われた法学部スピーチ・コンテストに、1年生OLの朝枝諒がクラスの代表として登壇しました。このスピーチ・コンテストは法学部1年生必修のスタートアップ演習という授業における集大成で、14あるクラスごとの予選を通過した学生が約700名の1年生を前に2分間のスピーチを行うものです。今回は朝枝のスピーチ原稿を掲載するとともに、参加した感想を紹介します。

【スピーチ原稿】
 まず私の将来についてお話ししたいと思います。
 私がなぜ法学部を志望したかと言うと卒業後、警察官を志望しているからです。
 警察官の職務をこなす上で、法学部で学べる適切な法知識やリーガルマインドを持っていることは大きな武器となり、職務に活用できます。その為に法学部を志望しました。
 しかし、ただ講義に出て、学ぶだけで法知識やリーガルマインドが身につくと思いますか。その答えはNOです。
 ではどの様にすれば身につくか。
 学んだ知識を活用することです。つまりは、Inputだけでなく、Outputがとても大事なのです。大前提として日々の授業で蓄えた知識以上のことはOutput出来ない、練習で出来なかったことが試合では出来ないのと同じです。
 まずは、講義を受け、知識をため込む。ここまでは普通の学生と何ら変わりない。しかし、これだけでは先ほど述べたように法知識とリーガルマインドは身に付かない。学んだ知識を発揮し活用する。その繰り返しで知識を自分の物に出来ます。
 では発揮するにはどの様にすれば良いか。それは試験です。一番身近には2週間後のテストがあります。教育というのはよくできていて、必ずOutputが付き物です。なぜOutputがついてくるのか。それは知識を身につけるのに一番手っ取り早いからです。このテストでInputしたことをOutputする。そして秋学期、またInput、Output。これの繰り返しです。何も特別な事ではありません。当たり前のことをするだけで、知識は身につきます。
 このように私はInputよりもOutputに重点を置いた学びをしたいと思います。
 以上です。ありがとうございました。

【感想】
 今回のスピーチは「私は今後法学部でこのように学んでいく」というテーマでした。原稿を考えていく上で、様々な事を考えていましたが、主に2つの事について考えて私は原稿を書き上げました。
 一つ目が飽きさせない事です。ジョークなどを織り交ぜながら、いかに飽きさせず2分間自分のスピーチに耳を傾けてくれるかということを考えながら書きました。
 二つ目は話すだけにならないことです。ただ淡々と話すのではなく、身ぶり手ぶりなどを用いてわかりやすく伝えることです。原稿の内容にあわせてジェスチャーを用いて、スピーチを視覚的に見てもらう事を意識しました。
 残念ながら入賞することはできませんでしたが、この経験は勉学やフットボールに必ず役に立つと思います。

OL 1年 朝枝 諒(清教学園高校出身)

※関西学院大学法学部のページでスピーチ・コンテストの様子が紹介されています。
https://www.kwansei.ac.jp/news/2018/news_20180702_020144.html

20180707_01.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 14:22| Comment(0) | 2018Season

2018年07月06日

6月下旬〜7月中旬 トレーニング期間

 春の試合期が終了して、現在は春の試合で出た課題、反省をミーティングで見つめなおし、トレーニングやファンダメンタル練習などを中心に行っています。6月30日に行われた全体ミーティングでは、油谷ストレングスコーチから夏・秋に向けての体作りについて話がありました。一人ひとりに合った形でコンディションを作っていき、夏の練習に良い状態で臨めるよう取り組んでいます。

====================
 春シーズンの試合がすべて終わり、チームとして、個人としてたくさんの反省が出ました。また、先日行われた社会人のパールボウルの試合を見て、フットボールの技術、身体のサイズのレベルが高く、今までの自分たちの取り組みではまだまだ足りないと痛感しています。
 それらの反省を克服し、そして社会人チームとの差をなくしていくために、現在、筋力トレーニング、走りもの、ファンダメンタル、そしてミーティングを行っています。この時期にやった分だけ、秋シーズン、自分に、チームに返ってきます。常に「立命館大学、社会人チームの取り組みに負けていないか」「まだまだいけるのではないか、やれるのではないか」と自問自答し、そして仲間にも求めて取り組んでいます。すべては目標である社会人を倒して日本一」になるためです。
 最後になりましたが、いつも応援ありがとうございます。これからも変わらぬご声援よろしくお願いします。

DB #36 4年 荒川 陸


20180706_01.jpg

20180706_02.jpg

20180706_03.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 06:43| Comment(0) | 2018Season

2018年06月27日

6月23日 Div.3 フレッシュマンクリニック

 6月23日(土)は、春シーズン最後の試合となる金沢大学とのJV戦が関西学院第3フィールドで行われました。春の試合期は終了し、今後はトレーニング中心の活動に移るとともに7月後半には定期試験もあります。本番の秋リーグ戦に向けて一日一日大切に取り組んでいきます。
 さて今回の上ヶ原通信は、金沢大学戦当日の午前中に開催されました、Div.3所属大学の1年生を対象としたフレッシュマンクリニックについてです。このクリニックは関西学生連盟の主催で4回シリーズで行われており、最後の4回目をFIGHTERSが担当させていただきました。14大学から120人ほどの選手が参加されました。

====================
 23日に行われたDiv.3所属大学のフレッシュマンを対象としたクリニックでは、FIGHTERSが大切にしているファンダメンタルを中心に100分間質疑応答を交えながら教えさせていただきました。未経験者の選手も多くいたため、フットボールを教えることに難しさを感じましたが、彼らにとってプラスとなる1日になったことを願っています。
 指導する中で、彼らのフットボールを少しでも上手くなろうという気持ちが練習への姿勢や質問から強く感じました。私たちも彼らに負けないくらい強い気持ちを持って社会人をたおすために日々努力していかなければならないと感じました。これからトレーニング期、定期試験を経て夏に向かっていきますが、リーグ戦に向けて更に成長できるよう頑張っていきます。
 最後になりましたが、いつも応援ありがとうございます。これからも変わらぬご声援をよろしくお願いします。

RB #26 4年 中村 行佑

20180627_01.JPG

20180627_02.JPG

20180627_03.JPG
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 08:34| Comment(0) | 2018Season

2018年06月22日

6月23日 JV戦・金沢大学戦に向けて

 約3か月もの間、上ケ原通信を更新できておらず、大変申し訳ございません。これからはできるだけタイムリーに私たちの活動をお伝えしていきたいと思います。
 早いもので明日6月23日(土)の金沢大学戦が2018年度春シーズン最後の試合となります。今回はその試合に向けたレポートを、4年LBの齋藤圭吾からお届けします。

====================
 気持ちを前面に押し出す。これは今のファイターズに一番足りていない部分です。最後までやりきるフィニッシュやパシュートなど、気持ちを出しやすい気迫のあるプレーがなかったと思います。
 次の金沢大学戦は春シーズンを通して最後の試合です。練習では、自分達に足りていない部分は何か、逆に強みはどこか、を常に考えながら気持ちを前面に押し出して練習しています。ミーティングでもその姿勢は変わらず、貪欲に知識を吸収し積極的に話し合っています。
 秋に向けて最後のアピールとなる金沢大学戦。試合に出る者一人一人が、絶対に自分が秋に主役になる。という熱い気持ちを持ってプレーします。是非、第三フィールドまで足を運んで頂けたらと思います。
 ご声援よろしくお願いします。

LB #99 4年 齋藤 圭吾

20180622_011.jpg

20180622_022.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 21:28| Comment(0) | 2018Season

2018年04月07日

3月26〜28日/3月30日〜4月1日 春季二次・三次合宿

 3月26日〜3月28日に春季二次合宿、3月30日〜4月1日に三次合宿を関西学院大学スポーツセンターで行いました。今回の合宿レポートは2年LBの繁治亮依です。

====================
 今回の合宿では春シーズンのスタートの意味も兼ねて、初日に「お祈り」を前島先生のもとに行ってスタートしました。グラウンドで防具をつけての練習を行い、パートごとの練習だけではなく、1対1の勝ち負けがはっきりする練習が多く組まれ、これまで浮き彫りになっていなかった自身の未熟な部分が多く見つかりました。合宿という環境では、ウエイトトレーニング、フットボールの動作に結びつくように考えられたグラウンドトレーニング、練習の反省のミーティングなど、朝から晩までフットボールを考える時間を持つことができ、合宿を終えてオフェンス・ディフェンス・キッキング共に課題が多く見つかました。
 間もなく春学期の授業が始まり、学業との両立を行っていく生活に戻ることになりますが、時間を有効に使いながら1つ1つ課題を潰し成長していき、秋シーズンが始まるまでに完成しているよう練習に励みたいと思います。

LB #40 2年 繁治 亮依

20180407_01.JPG

20180407_02.JPG

20180407_03.JPG
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 13:25| Comment(0) | 2018Season

2018年04月01日

3月25日 小中学生対象フットボール教室

 3月25日の日曜日、第3フィールドで小・中学生を対象にしたフットボール教室を開催しました。ファイターズでは毎年チェスナットリーグに所属する小学生・中学生チーム、関西中学校連盟に加盟する中学校を招待してクリニックを行っています。クラス、パートごとに分かれ、ポジションの基礎的な練習を約1時間行い、その後、スペシャリストによるキッキング練習も行いました。今年は天候にも恵まれ、春の暖かな日差しのもとでの練習でした。今後も、アメリカンフットボールを通して、小中学生と交流できる機会を楽しみにしております。

====================
 3月25日に行われたフットボール教室では、バンタム(中学生)、ピーウィ(小学校5,6年生)、ジュニアピーウィ(小学校1〜4年生)の3クラスに分かれて、さらにそれぞれのポジションごとに細かく分かれて練習を行いました。私が担当した中学生OLでは、フットボールの基礎的な練習からDLとの勝負物まで行いました。大学生が一緒に練習をすることで大事なポイントを細かく伝えることができ、中学生にとって貴重な経験をしてもらえたのではないかと思います。私自身も小中学生の真剣な表情や笑顔と接することで、小学生の時の純粋にフットボールを楽しんでいたことを再確認できました。
 さて、4月21日には明治大学と今シーズンの初戦が王子スタジアムに行われます。冬シーズン中取り組んできたことを全て出しきり、私自身の今年の目標「OLを引っ張って、OLで日本一になる」と言う目標のためにも、必ず初戦はOLで勝利を飾りたいと思います。応援よろしくお願いします。

OL #71 4年 光岡 昌典

20180401_01.JPG

20180401_03.JPG 20180401_04.JPG

20180401_02.JPG
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 22:19| Comment(0) | 2018Season

2018年03月21日

1月30日〜3月12日 フラッグフットボール出前授業

 ファイターズでは毎年オフシーズンの1月末から3月にかけて、近隣の小学校へ選手・スタッフが訪問し、フラッグフットボールの出前授業を行っています。今年は、西宮市立上ヶ原小学校、広田小学校、大社小学校を訪問し、子供たちと一緒に楽しくフットボールに取り組みました。

====================
 ファイターズでは毎年2月3月に周辺の小学校に訪問してフラッグフットボール教室を行なっています。フラッグフットボールを通じて小学生達にアメリカンフットボールを知る機会になることを目的としています。
 私自身は小学校からアメリカンフットボールに関わり、小学校の時から身近なスポーツではありました。普段アメリカンフットボールというスポーツを知る機会がほとんどない小学生にとっては、初めて触る楕円形のボールに驚きを持ったかも知れません。しかしチームの中で作戦を考えて真剣に取り組み、楽しそうにフラッグフットボールをしていた小学生を見ることができました。
 今回行かせていただいた小学校の子供達がアメリカンフットボールに興味を持ち、今後関わることになればとても嬉しいです。そして、アメリカンフットボールをもっと沢山の人に知ってほしいと感じました。

新3年 OL 藤田 統貴

20180318_01.JPG

20180318_02.JPG
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 05:52| Comment(0) | 2018Season

2018年03月08日

2月18日〜24日 春季一次合宿

 報告が遅くなりましたが、2月18日〜24日までの6日間、主に関西学院千刈キャンプ場において春季一次合宿を行いました。いつもとは違う環境でそれぞれの課題と向き合いつつ、日中はトレーニング中心の練習に取り組み、夜はミーティングで自身の目標、それを達成するための方法や心構えについて話し合いました。
 今回はトレーナーでストレングスを担当している潮博史がレポートします。

 昨年の甲子園ボウルでの敗戦から2ヶ月以上経ちました。敗戦した瞬間の光景、目標としていた社会人と戦うこともできず、ライスボウルをただテレビで観戦することしかできなかった悔しさを私は忘れることはできません。
 今回の春季一次合宿のコンセプトは「覚悟」でした。覚悟を決めるというのは、ただ闇雲に頑張ることではなく、自分やチームの目標を達成するうえで、克服しなければならない課題と真摯に向き合い、主体的に行動することであると私は考えます。
 今回の合宿での取り組みは「社会人を倒して日本一」というチームの目標を達成するにはまだまだ足りないものであったと思います。しかし、リーダーシップを発揮する新3年生、自分の殻を破り、存在感を現し始めた新2年生が出てきたことはチームにとって大きな収穫となりました。
 初戦まで2ヶ月を切りました。選手、スタッフ全員が「覚悟」を決め、日々過ごしてまいります。応援よろしくお願いいたします。

トレーナー 新4年 潮 博史

20180308_01.JPG

20180308_02.JPG
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 17:54| Comment(1) | 2018Season

2018年02月17日

1月29日 新チームスタート

 皆さまご無沙汰いたしております。
 ファイターズファミリー壮行会と納会を1月28日に行い、秋学期の定期試験期間が終了した1月29日より2018年度新チームがスタートしました。昨年の悔しさを胸に刻み、今年こそ真の日本一を掴むために練習や筋力トレーニングに取り組んでいます。
 2018年度初回の上ヶ原通信は主将に就任したQB光藤航哉です。

====================
 昨年は一度立命館大学戦で敗れ関西リーグ2位となってしまいましたが、2週間を経たのち二度目の立命館大学戦で勝利することができました。しかし何とか出場権を獲得できた甲子園ボウルでは日本大学に17-23で敗れ、目標の舞台にたどり着けないままシーズンを終えました。
 私たちの目標は「社会人に勝って日本一」です。これはただライスボウルで社会人に勝つことが目標ではなく、その過程を大事にしていきます。ライスボウルで勝つためには甲子園で勝つ、甲子園に行くためにはリーグ戦を勝つ、結果すべての試合に意味があります。また目標を成し遂げるために、ただ勝つだけでなく一つ一つの試合でチームが成長する必要があります。「自分はどうなりたいのか」を常に考えながら、技術的・人間的に成長するためにも細かいところにこだわってチーム全員で取り組んでいきます。
 最後になりましたが、今後ともみなさまのご指導ご鞭撻よろしくお願いいたします。

主将 新4年 QB #10 光藤 航哉

20180217_02.JPG 20180217_01.JPG
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 10:32| Comment(1) | 2018Season

2017年12月15日

12月14日 甲子園球場練習

 更新がご無沙汰となってしまいました。申し訳ございません。
 ご存知の通り、リーグ戦では立命館大学に敗れるも、西日本代表校決定戦では雪辱を果たし、2年連続の甲子園ボウル出場を決めることができました。改めてこれまでの応援本当にありがとうございます。
 12月14日は甲子園球場で練習を行いました。選手たちは芝の感触を確かめながら調整しました。今年の相手は伝統の一戦でもある日本大学戦。甲子園という大舞台で全力で試合に挑みます。今回は副将の藤木にレポートしてもらいます。

====================
 12月14日に甲子園球場で練習を行いました。今年もこの芝生の上で試合ができることに感謝しています。甲子園球場の独特の雰囲気を確かめながら調整を行いました。
 学生日本一を決める大一番を週末に控え、日に日に緊張が高まっています。対戦校である日本大学はオフェンス、ディフェンス共に個々の身体能力が非常に高い選手が多く、笛が鳴り終わるまで激しくプレーをしてくる手強い相手です。
 この日を練習を終えて、まだまだ自分達の準備の甘さが浮き彫りになりました。絶対してはいけないミスを防ぎつつ、1プレー1プレーを何が何でも「全員で通す」「全員で止める」という意識が何よりも重要です。ファンダメンタル、アサイメントや戦術面はもちろん、勝てば学生日本一、負ければ今年のチームが終わるという本当の意味での覚悟を決めた上での精神面を、残りの試合までの時間で詰め切る必要があります。
 200人全員の力を結集させなければ、あの強い日本大学に勝てないことは明確です。なんとしても最後に勝つのは自分達であるという覚悟を全員が決め、残された時間をフルに使って最大の準備をした上で試合に臨もうと思います。応援してくださっている全ての人の期待に応えるためにも必ず勝ちます。応援の程よろしくお願いします。

副将 DL #58 4年 藤木 秀介

20171215_01.jpg

20171215_02.jpg 20171215_03.jpg
posted by K.G.FIGHTERS「上ヶ原通信」 at 21:49| Comment(0) | 2017Season